ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日の記事で
忙しい忙しい と書いてしまいましたが・・・

結局、
忙しい忙しいと感じる時は、
自分が周りに対する感謝の気持ちが足りない場合が
多いのです


こういう時は
一度立ち返って、
今ある現状、
一緒にガンばってくれてる方々、
支えて下さってる方々に
感謝すべきです


・・・・と自分に向けて言っています


本日は、
岩本内科医院で治療させて頂いている
進行肝臓癌の患者さんです


2年前に肝臓癌が発症し、
手術を受け、
その後再発したため、
他院で肝動脈塞栓術
繰り返し受けていた方です


当院に来られた際には、

肝臓の右葉は
ほぼ全て癌に置換
され、

tiryoumae kekkannzouei
tiryoumae CT



右の門脈内に腫瘍が浸潤

肝静脈内にも腫瘍が浸潤し、
下大静脈から一部心臓の右房内へ
腫瘍栓が入り込んでいる状態
でした

それに加えて、
肺転移が出現しており

かなり進行した状態でと言えます



血管造影をしてみますと、

これまで他院で
治療を受けていた影響で、
右肝動脈がほぼ閉塞状態
胃十二指腸動脈からも
一部
癌に血流が入る状態
でした


肝臓の脈管への浸潤がある場合は、

動注化学療法(New-FP療法)
第一選択としているのですが、

動脈が閉塞状態でしたので、
動注用のカテーテルを留置する事は
ひとまず断念せざるを得ませんでした



ですので、
マイクロカテーテルを用いて、
一本ずつ選択的に挿入し、
門脈動脈同時塞栓療法
行っていく事としました


門脈腫瘍栓、肝静脈腫瘍栓が
あるので、
非常に注意しながら行う必要がありました


下大静脈腫瘍栓の部位は、
横隔膜をもともと栄養する
右下横隔動脈より
血流が入っていました


IPA



下大静脈腫瘍栓、
右房内腫瘍栓と呼ばれるような
大きな静脈内に腫瘍が入り込んでいる状態では、
その腫瘍が肺に飛び、
肺転移を起こします


また、大きな腫瘍の塊が飛んだ場合は、
肺塞栓となり、
呼吸が出来なくなる突然死のリスクもあります


様々なリスクがありますので、
今回、右下横隔動脈は
一時的なカテーテル挿入による
肝動注化学療法を行いました


今回の治療で、
腫瘍栓を含めて肝臓内の癌に関しては、
かなりしっかりと薬剤が貯留しました

tiryougo CT


この後、
腫瘍栓には放射線を当ててもらう方針としています



かなり進行した状態ですが、
肝臓の予備能力は高く、
肝臓の左側には癌はほぼありませんので、
まだまだ戦えると
思います



治療後の、
肝障害等の合併症も起こり得るので、
慎重に、丁寧に経過を
診させて頂きます


今日は、
学会の為に名古屋に行って参ります。


こうして、
学会に行かせて頂けるのも
山口院長先生、スタッフのおかげです

感謝の気持ちを忘れずに・・
為になる発表をしてきます!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック