ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

留学から帰国して
約9ヶ月、
2代目ガンちゃん先生として、
岩本内科医院で
肝臓癌、転移性肝臓癌の
治療をしている訳
ですが・・・


来られる患者さんを
診させて頂いて

大変驚く事があります・・・

それは・・・
他の病院
“もう治療ができません、治療しても意味がありません”
言われて
岩本内科医院に来られる患者さんの
多さです


そんな風に言われて来られた患者さんでも
実際に血管造影をしてみると
治療が行えるケースが
ほとんどです

ほぼ全例治療が行えています

ちゃんと治療効果も出ます


自分の病院で治療が出来ないのであれば、
そう患者さんにお伝えして、


患者さんが望むのであれば、
より治療に積極的な病院、
技術が高い病院に紹介すればいいと思うのです


まだ治療意欲のある患者さんからすると、
治療ができない、無駄と言われるだけで・・
希望を失ってしまいます

癌と闘病している患者さんは
希望を失った途端に、
心まで癌に侵されてしまいがちです


それだけは、
避けなければ
なりません
大切な Quality of Lifeが
損なわれしまうからです



・・・・
昨日も
結局、3件の治療で
7時間・・・

・・・・
疲れのピークで、ブログの記事も
切れがないですね・・・涙・・・

リフレッシュして、
ガンばらねば!!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
本当にそう思います!
毎日ブログを更新していただきありがたく頭が下がる思いですが、あまり無理はなさらないで下さいね。先生の時間が許す時だけで他の読者の皆さんも十分だと思ってみえると思います。またコメントしてしまい時間のない先生に申し訳ないですがどうしてもコメントしたくなってしまいました。返信コメントはスルーして下さいね。先生の今日のブログの内容ですが僕も実感していました。僕の父も地元の病院の先生から『もう、長くないです。』『そのうち肝臓中が癌の塊になります』『今年の12月位にはもう治療しないほうがましになります』と言われていました。しかし、先生に『本人には伝えないで下さい』と言われていたのでこれらの先生からの言葉は父に伝える事はしませんでした。数回の肝動脈塞栓術を受け、治療効果があまり出ていない現状に父も不信感の塊になり、日常生活もいつもイライラしていました。当然、先生への不信感も日に日に増していたと思います。本人は『なんとか肝炎のレッテルをとりたい』『癌の治療をしたい』という気持ちは常に持っていました。そんな父の気持ちも分かっていましたし、先生からの絶望的な言葉も聞かされていましたので『なんとかしてあげたい』という気持ちでいろいろと検索しているうちに『ガンちゃん先生奮闘記』というブログを見つける事が出来ました。福岡での一回目の治療を終えたとき父が言ったのが『出来んなら出来んて言ってほしいわ』と地元の病院の先生に対しての憤りの言葉でした。僕はその時、本当に患者の事を考えてくれているなら『この病院のほうが治療実績が高いから』とか『この病院ならもう少しいい治療が受けられます』などと紹介してくれてもいいのになぁと思いました。でも父の場合、愛知県内の他の病院を紹介されなくてかえって良かったですが(笑) 地元の病院はそこそこ大きな病院でたくさんの肝臓癌の患者さんも通院されています。その患者さん達にそのような診断が下されていると思うと複雑です。残念ながら親身になって患者の事を考えてくれる先生は少ないと思います。僕の妻も別の病気で大学病院に通っていますが・・・・。
ちなみに父は『ガンちゃん先生のところで仮に自分になにかあっても俺はしょうがないと思える』って言ってます。信頼できる先生方に出会えて喜んでます。日々、本当にお忙しいと思いますがご自愛下さい。あきらめない精神で治療をして下さる『アンギオ侍』は愛知には居なさそうです・・長文失礼しました。
2015/11/18(Wed) 23:59 | URL | 山本 | 【編集
本当にそう思います2
忙しい毎日の中、ブログの更新まで本当に本当にありがとうございます。くれぐれもご無理はされませんように。

山本さまのコメントを読ませていただいて、横からすみません。
『ガンちゃん先生のところで仮に自分になにかあっても俺はしょうがないと思える』とお父様がおっしゃたとのことですが、私の父もそう申していました。そして、それは患者本人だけではなく、その家族もそう思えます。そう思えるお医者さまがいるということはどんなに心強いことでしょうか。
先生を信頼でき、食事もおいしいし病院のみなさんも親切で、入院することが苦じゃない病院があるなんてなんと幸せなことでしょう。ありがとうございます。
2015/11/19(Thu) 08:03 | URL | 山茶花 | 【編集
山本さんへのコメント
コメント、ありがとうございます。このようなコメントを頂けるだけで、ガンばってブログを書いている甲斐があります。私自身の考えとしては、基本的に癌の告知において本人に伝えないで・・というのはあり得ないと思っています。もちろん、個々の事情によって対応する必要はあると思いますが・・しっかりと告知していない状態で治療を続けてうまくいく訳がありません。この点についても、またブログで書かせて頂きたいとおもっていたのです。・・・ありがとうございます。
どの病院でも正しい医療が提供される時代が来ると良いと心から思います・・・
2015/11/24(Tue) 08:44 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
Re: 本当にそう思います2
山茶花さん、コメントありがとうございます。そういって頂けて、心からありがたいです。父が・・初代ガンちゃん先生が・・命を賭して作り上げた医院が、皆様にそういって頂ける医院である事・・そして、うまく引き継げたかは分かりませんが、山口院長先生と私とで、継続できていることに感謝しかありません。
ますます、ガンばっていかねばと思います。まだまだやらなければならないことがたくさんあります!ので・・
2015/11/24(Tue) 08:47 | URL | 2代目ガンちゃん先生 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック