fc2ブログ
こんばんは。

先週、「早期肝ガンについて-2」の中で
患者様より大事なご質問を頂きましたので
今日は「肝ガンの原因について」お話をします。

【ご質問内容】--------------------------------------------
姉が、30年前に事故で、輸血をして、C型肝炎に感染しました。
C型肝炎は肝硬変・肝癌に移行するとききましたけど、
本当ですか?
以前インターフェロンは、適応外の肝炎でした。
---------------------------------------------------------

肝がんは、日本人のがん死の第3位を占めるほど
多い「がん」ですが、
約70%はC型、約10~15%はB型の
慢性肝炎、肝硬変から出てきます。

残りはB、C以外の慢性疾患(アルコール等)や
最近では糖尿病等との関連もあると言われています。

C型は針刺しや輸血でうつります。
うつりますと自然には治りにくく、ゆっくりと進行し、
20年~30年の期間を経て「肝ガン」を発症します。

C型は大きく分けて、
ⅠグループとⅡグループの2つに分かれますが、
治療は週に1回のIFN(インターフェロン)と
リバビリン製剤の服用で行います。

Ⅱグループは、約半年の治療で80~90%は治ります。
Ⅰグループは、約1~1.5年の治療で60%は治ります。

C型は、日常生活ではうつりにくい肝炎ですので
はずかしがらずにご相談に来られて下さい。

ガンちゃん先生の医院では、
既に430人以上のC型の患者さんに
IFN(インターフェロン治療をしてきています。

ご質問の回答ですが
C型肝炎は肝硬変、肝がんに移行していきますので
インターフェロン治療は一度は試した方が
よい治療と思っておりますが、いろんな副作用もあります。

お姉さんが本当にインターフェロンが出来ないのか、
必要でないのかは実際に診させて頂かないと
わかりませんので、出来れば一度診察させて頂ければ
幸いです。』

ガンちゃん先生より

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、クリックをお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ     →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                       人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
おはようございます。ガンちゃん先生!
姉のC型肝炎についての、解答ありがとうございます。姉は、今福間の方にすんでいて、看護婦として働いています。去年から、バセドウ氏も発症し、現在チラージンを内服してます。
先生に診てもらいたいと思いますけど、仕事もあるので、なかなかこちらの方に出てくるのは、難しいみたいです!私としては、診てもらいたいのですが・・・・
2010/02/09(Tue) 06:03 | URL | 浜口あけみ | 【編集
Re: タイトルなし
浜口様

インターフェロンは、いろんな副作用があります。
発熱、脱毛、血球減少、うつ病などです。

お姉さんはチラージンを服用されているということなので
バゼドー氏病よりは甲状腺機能低下症だと思われます。
いづれにせよ、精神状態が不安定になりやすい病気です。

状態が落ち着いている時に、一度診察させて下さい。
インターフェロンの適否について考えてみます。

ガンちゃん先生より
2010/02/10(Wed) 06:30 | URL | ガンちゃん先生より | 【編集
おはようございます!ガンちゃん先生。
昨日は、アドバイス有難うございました。
早速連絡を取り、「ごめんなさい。」をいいました。後は時間が、解決してくれると思っています。なるようになるで、自然にまかせたいと思います。ガンちゃん先生に、勇気を与えてもらいました、有難うございました。
姉の件ですが、チラージンではなくて、メルカゾールでした。勘違いしました。ごめんなさい。
ガンちゃん先生の専門外の質問なんですが、アドバイスもらえたら、幸いです。友達がピロリ菌で、抗生剤をのみ、その後の検査で、80%菌が死滅したそうです。20%を死滅させるために、前回と違う抗生剤を服用するそうなんですが、それで菌が、死滅するかはわからないそうです。20%の菌を死滅させることが、できるかわからないのに、体に負担をかける抗生剤を服用したほうがいいのでしょうか?
2010/02/10(Wed) 07:28 | URL | ななみ | 【編集
Re: タイトルなし
ななみさん

ピロリ菌のご質問ですが
私、ガンちゃん先生は、胃カメラを2万5千人以上
して来ておりますので、専門家の一人としてお答えします。

ピロリ菌は、胃がんや潰瘍の原因として注目されていますが
私は早期胃がんの内視鏡切除の後は
積極的に除菌をしますが、それ以外のときは
年に一度、胃カメラをのみなさい、と言うことに
重きを置いております。
何故ならピロリ菌は、あくまでも胃がんの原因のひとつにしか
過ぎませんし、ガンちゃん先生はミリメートル大の
胃がんを診つけることが出来るからです。

年に一度は、検査をしましょう!!

ガンちゃん先生より

2010/02/11(Thu) 16:20 | URL | ガンちゃん先生より | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/26(Mon) 17:11 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック