ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます

2代目ガンちゃん先生です

本日は
当院で頑張って下さっている
肝臓癌の患者さんの
ご紹介

関東地方で
癌治療の中心となる
病院から来られた
肝臓癌の患者さんです

今年の5月に
肝臓癌を指摘され、
治療内容の検討をされていた
そうなのですが、

結局、手術をすると
決まるまでに
3か月
かかり、

手術直前のCTで
手術ができないと言われ、
内服の抗癌剤(血管新生阻害剤)
ネクサバールを渡されて、

ご本人が、
岩本内科医院を探されて、
受診して下さいました


8月に受診され、
腹部造影CTを行いますと、

syosinnji

浸潤型の肝細胞癌が
右葉に広がり

そこから
右の門脈へ入り込み、
門脈本幹と呼ばれる場所まで
到達している状態
でした

来院時の腫瘍マーカーも
PIVKA-II
30000mAU/ml
非常に高値

ここまで門脈内に
入り込んでいると、
門脈動脈同時塞栓療法は
行いにくいので、

肝動注化学療法を選択し、
2本の動注用カテーテルを
留置しました

riza-ba-


治療内容は
New-FP療法です

初診から、治療開始まで
1週間ちょっとでしたが、

治療開始時のPIVKA-IIは
50000mAU/mlを超えており、
腫瘍の進行も非常に
早い状態でした


治療を開始し、
2週間目で
腫瘍マーカーは
減少し始め、

これまでに、
計5回の
動注化学療法を
行う事で、


なんと、
PIVKA-IIが
300mAU/ml
まで
低下しました

腫瘍マーカーの推移を
グラフにすると・・・
keiji

画像的にも、
門脈内に充満した
腫瘍も退縮傾向にあり


tiryougo

薬剤の貯留もしっかりと認めており、
更なる効果が期待できます

うまく動注化学療法だけで
退縮すればよいですが、

必要であれば、
門脈動脈同時塞栓療法
併用していきます

質の高い治療の
集学的治療

とても大切だと
言えます

まだまだ、
治療は続きますが、
しっかりと希望を持って、
治療が続けられそうです

この様な進行した
肝臓癌の状態では、
1分でも1秒でも
早く治療を開始する事が
大切なのですが・・・


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック