fc2ブログ
こんばんは。

昨日は、大変な日でした。
午後からも、患者さんが多く、てんてこまいでした。

診察中、患者さんが造影CT後、倒れましたと報告があり
駆けつけますと、肝癌非代償期肝硬変のAさんが
ショックを起こしていました。

ただちに、処置をし、なんとか救命しました。
造影剤のショックは,死に至ることもあります。

その後、外来をこなしながら
Aさんの経過を見ていますと、なかなか血圧も
安定しませんし、急に右の胸の激痛を訴えました。

肋骨骨折のようです。
血圧の安定を待ってCTを撮ってみますと
やはり右の肋骨が、数本折れています。
弾性包帯固定で、落ち着きましたので話を聞きました。

1週間前,歯医者さんに行く途中、転倒し外科に行きましたが
骨はだいじょうぶ、打ち身なので湿布と痛み止めでOK
と言われましたが、1週間ひどい痛みで、身動きできませんでした。

Aさんは、まじめな方なので、痛みを我慢しながら
なんとか定期検査にやってきたとのことでした。

痛みを堪えながら、造影CTを受け
終わったとたんショックになったのです。
ショックは、外傷性ショックだったようです。

今は、Aさんはけろりとされていますが
「我慢するのも、ほどほどにしなさい。」と叱りました。

あのままAさんが死んでいたら、今頃私の医院は訴えられていたのですから!!

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  






テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック