fc2ブログ
こんばんは。

患者のAさんは、昭和63年、腹痛、黄疸で私のところにきました。
肝右葉の、大きな肝癌胆管に浸潤していました。

ただちに、肝動脈塞栓術(TACE)をしますと
治療後、TACE後、CT

黄疸がとれ、状態が良くなり、外科切除をしてもらいました。
切除標本

ガンは約10cmあり、横隔膜に浸潤し、総胆管に浸潤し
胆管腫瘍栓をつくっていましたが
私の治療ですべて壊死していました。
23年間無再発中、ダイナミックCT

それ以後、23年間ガンは再発することなく
Aさんは、今年無事、某有名通信会社を定年しました。

肝癌は、治療できても再発することが多いのですが
B型で、ウイルスが消えた後に、発癌したため
再発しなかったと思います。

でも、ひとつ間違えれば、3カ月で死亡していたのですから
Aさんは、とても運の良い人です。

しかし、日本の会社は厳しく
Aさんは、再雇用されたのですが、給料が7~8万しかなく
Aさんは、いつも嘆いています。

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  




テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/12/01(Wed) 20:02 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック