ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます!
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介します患者様は・・・

最近、任天堂の社長が死去されたという
報道がありましたが・・

その癌です

“胆管癌”

土曜日の超多忙な外来の最中、
近くの医院からご紹介頂きました

体や目、尿などが黄色くなる体の状態である
黄疸と呼ばれる症状が出現して
来院されました

採血でも
黄疸の原因であるビリルビン値がを超えていました
(正常値は1くらいです)


CTを撮りますと、
肝臓の中の胆管と呼ばれる部位が
拡張しており、
肝臓の外の胆管の壁が厚くなっておりました

また、肝内に腫瘍の存在も疑われます

1
2


このような状態ですと、
緊急に入院をしてもらい、
黄疸を解除する必要があります

そして、胆管癌の手術が可能な場合は
手術、
難しい場合は、抗がん剤治療になります

胆管癌の原因は
膵管胆道合流異常や原発性硬化性胆管炎など
比較的特殊な状態以外は
はっきりとは分かっておりません。


膵管胆道合流異常もきっちりと精査していないと
分からないことですので、
胆管癌になりやすい人を見つけることは
非常に難しいのです


ですので、
黄疸などの症状がでてから
見つかることが多く、

癌の病状が進行している
こともよくあります

定期的な
採血
腹部超音波検査、
CTで

早期のうちに
見つけるしかありませんが、
それもなかなか難しいのです


岩本内科で外来を
していますと、
様々な病状の方が来られ、
毎日が勉強になります

しっかりと経験を
積んで、ガンばってまいります


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック