ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。山口です。


昨日の外来に“背部痛、嘔吐”の主訴で60代の女性が初診でやって来られました。

精査してみると
大きな胆石があり
すぐに紹介状を書き、腹腔鏡下でとってもらうことになりました。
大きな胆石

胆石自体は成人の10%にはあると言われており、
その半数以上が無症状なのです。

胆嚢内に石があったとしても
無症状の場合は治療無しで経過観察として良いのですが、
今回のように
症状(背部痛、右肩の放散痛、発熱、黄疸等)がある場合には
腹腔鏡で摘出したり、
胆石溶解薬を飲んだり、
ESWL(体外衝撃波結石粉砕法)で砕いて治療を行います。
しかし最近はほとんどを摘出する手術をします。
その手術が進歩し、へその穴からだけ腹腔鏡をいれる「単孔式」とよばれる方法が出現し
患者さんの負担が少なくなりました。
単孔式

成人の10%にあるなんて
かなりの高確率なのですが、
その中でも
5Fと言われる人達は胆石ができる確率が高いのです。

5Fとは・・・、

Female(女性)男性に比べ1.5倍
Forty (40才以上)
Fatty(肥満型)
Fertile (多産)
Fair(白人)

あとは何より食事です、
胆石の7割コレステロール系の結石ですので
油の多い食べ物を多く食べる人は要注意なのです。

玄米、大豆製品、野菜、果実に多い食物繊維は
コレステロールを下げるため、お薦めです。

僕もこの年になったら食事も気を付けないといけないなあ・・・
と思いつつ・・・

どうしても外食や研究会で出された軽食などを食べる機会が多く、
今週も家でご飯が食べれるのは今日??(無理かもですが・・・)くらいですし・・・、
なかなか実践するのが難しいのが現状です・・・

そんなこんなで言い訳してますが・・・笑

お腹の贅肉も大いに気になりますので、
健康に気を付けた食事と運動に励みたいと思います・・・・!!!

ガンばります!笑





ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック