ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。

最近、我が家に
新しい家具
届きました♪

ダイニングは
家族が集まる一番大切な
場所です


・・・と考えて(笑)、

・・・
こんなテーブルにしてみました

ダイニングテーブルとっても、気に入ってます♪

福岡県の家具の街
大川市
・・・

関家具と呼ばれる会社があって、
その中のMokubaと呼ばれる
シリーズです

なんかこのテーブルを見つけ
木の温もりを感じて
一目ぼれして
買ってしまいました


さて・・・本日、ご紹介させていただく
患者様は

肝細胞癌の患者様です

この方も
去年の始めに
他県から来院して下さった方
です

2~3年前に肝細胞癌を発症されて、
近くの病院で治療をされたそうです

エタノール注入療法と呼ばれる
一昔前は行われていましたが、
今はほとんどされていない治療を
受けており・・

多発、再発を来たし
当院を受診されました

これまで、当院で
数回の門脈動脈同時塞栓療法
ビーズを用いた肝動脈塞栓術を
行っております

今回も経過を見ておりました。

腹部造影CTでは
明らかな再発は認めないのですが、
腫瘍マーカーは高値であったので

血管造影下CT(アンギオCT)を
行いました

すると、
下に示すように
多発する肝細胞癌の再発を
認めました

治療前アンギオCT

外来で行う
静脈から造影剤を流す腹部造影CTでは
やはり、見つけにくい再発も多くあります

MRIなどの別の機械で
撮影すれば、分かると思いますが、

血管造影下CT(アンギオCT)だと
そのまま治療に直結しますので、
非常に有用です


治療前血管造影

それぞれの
腫瘍に入る動脈を見つけ、

マイクロカテーテルで
一本ずつ
選択的に挿入し

門脈動脈同時塞栓療法
行いました

治療後ですが...

10数個の再発がありましたが、
1個を残す他、全ての癌に
しっかりと薬剤が貯留しています

治療後CT

治療後血管造影

今回は一つの再発は残して終了としました

この結節は、胆嚢動脈と呼ばれる
胆嚢を栄養する動脈から
腫瘍血管が伸びていました

胆嚢動脈を塞栓すると
胆嚢炎を起こしますので
充分な注意が必要です

当院では
胆嚢動脈も
その枝まで選択的に挿入し
塞栓する事もよくあるのですが、

今回は、
かなり広く治療をしていた事もあったので
安全のため、この部位だけは治療をしませんでした

当院では
アンギオCTを行い
治療の経過を
その都度評価をしながら
進めていきますので
状況を確実に把握しながら
進める事ができます


この結節は
次の時に
確実に治療したいと思います

再発を繰り返しながらも
しっかりと治療を続けていれば、

癌の勢いよりも
治療の効果が上回る時が
あります

そうする事で
再発の数を減らす
再発までの期間を延ばす

最終的に根治をめざす


・・という事が可能性が見えてきます

この患者様も
本当に頑張って下さってます


今週も始まりますね

今週は

大学でも岩本内科医院でも
かなり大変な癌を患った患者様の治療が
控えています

それと、
実験もあります・・・

さてさて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック