ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。山口です。


今日ご紹介するのは
昨年末に福岡の病院で肝癌を指摘され、
治療目的で当院に来られた患者さんです。

来られた時には既に
PIVKA-IIという腫瘍マーカー(肝癌等に特異的に上昇する数値)
が75000以上(正常値は28 mAU/mlまで)で、
当初来られた時は肝臓の半分はガンでした。
アンギオCT

これだけのガンですので
数回に分けて治療を行うことになりました。

1回目、
2回目と
門脈動脈同時塞栓療法とビーズを用いた治療を組み合わせ、
かなりしっかりと治療を行っていきましたが、
治療後の採血結果を見ると
PIVKA-IIは“75000以上”のままで
全く数値が減らずに
落ち込んでいたのですが・・・、

3回目を過ぎたあたりに初めて
やっと6万台に!!!

一旦75000を切ると
ここからは目に見えるように
急下降していき、
この2か月で8000まで下がりました。
腫瘍マーカーの推移
(やっぱり目に見えて下がって行くと嬉しいです)

きっと今までも下がっていたのでしょうが、
記載の関係で75000以上は “以上”としか記載されない為に
全く下がっているように見えなかったようです。

次回の治療は肝S1付近に残ったガンをやっつけ、
完全治療を目指します!!
治療後CT

これだけの治療を行っても
ビーズでの治療と門脈動脈同時塞栓療法を組合すことで、
肝予備能は落ちずにガンをしっかりやっつけていますので
このまま数値が正常化し、
完全にガンが無くなるまで
根気よく、
患者さんと共に
ガンばっていこうと思います。


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック