ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

こんばんは。山口です。

本日ご紹介するのは2年前
門脈腫瘍栓で外科切除の適応もなく、
余命1ヶ月と宣告され
当院に来られた患者さんです。

門脈腫瘍栓とは
癌が門脈(小腸から肝臓に流れる血管)まで浸潤している状態で、
門脈腫瘍栓が本管まで達すると
予後は非常に悪いと言われ、
外科切除しても余命は平均して半年
外科切除不適応の場合は数ヶ月と言われています。

当初に来られた時は
門脈腫瘍栓が本管まで達していたのですが、
初代ガンちゃん先生と共に、
腫瘍栓を栄養する髭のような血管を何時間も探しては
やっつけ、
信頼できる先生にも協力してもらい、
放射線治療も行い、
ここまで諦めずにガン張ってきました。

門脈腫瘍栓含め、肝全葉に広がったガンは
当初来られた時よりもだいぶ小さく、少なくなったのですが、
進行ガンは留まる事を知らずに
再発をしてきます。


今回、両葉に再発が見られた為、
再治療を行いました。
アンギオCT

腹水もあり、肝機能も良くない為、
一つ一つの再発に対し選択的に
ビーズで治療を行いました。

これまた血管も難しく、
左葉は左胃動脈から栄養されていましたし、
結局3時間かけて治療を行うことになりました。
治療前血管造影

一つ上副腎動脈から栄養されるガンは
どうしても多臓器と分けられず、
そのガンを治療してしまうと多臓器まで死んでしまう為、
断念せざるをえませんでしたので、
放射線治療を行ってもらう予定です。
治療後血管造影

今回の患者さんは余命1ヶ月と言われてから、
もう2年近くなります。

門脈腫瘍栓を伴う進行肝癌でも
ありとあらゆる方法を考え、
諦めず!根気よく!ガンばることで
時に飛躍的に余命が伸びることもあるのです。

・・・とはいえ、進行ガンとの戦いは
なかなか一筋縄には行かないのですが・・・、

患者さんにとって
最良で最高の治療を行えるよう、
日々ガンばって行こうと思います!!




ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

コメント
胆嚢癌からの進行性癌についてのお伺いです。
山口先生、友人の奥様58歳が、2週間ほど前に黄疸の症状が出て、検査したのですが、胆嚢がが、発見されました。癌のマーカーの値も非常に高かったようで。PETの検査で肝門脈、肝臓にも転移が見つかったとのこと、友人は大変なショックをうけていて、現在関西の彦根市の病院から紹介状をもらい、名古屋大学付属病院へ転院するということでした。どのような、処置、オペを受けるかは未知数ですが、先生のプログを拝見して、山口先生の病院で見たいただくという選択肢もあるのではと、まったく素人ながら、感じてしまいました。奥さんは、毎年人間ドックにかよっており、知人も大腸癌を経験をしているので、健康管理につては気をつけていたと思います。となると、進行性の癌だと思うのですが、山口先生のご意見をもし、伺えるなら大変、参考になると思い、図々しくもメールを差し上げた次第です。検査結果がないなかで、こんなご相談をしても、無意味とご指摘いただいてもかまいません。むしろ、当然のご回答とおもいますが。なにせ、知人と奥様があまりに苦境にたたされているので。それを見るのが耐え難く、山口先生にメールを差し上げた次第です。ご迷惑であれば、無視していただいて、結構です。もし、よけれが、メッセージいただければと存じます。ご無礼、お許しください。
来海(くるみ)徹
2017/04/11(Tue) 12:13 | URL | 来海 徹 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック