ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。山口です。

本日紹介する患者さんは9月4日にご紹介した患者さんです。

外科の先生との約束通り、
左葉の再発は門脈動脈同時塞栓療法でやっつけた為、
右葉の全切除をお願いし、他院に転院されていたのですが・・・、

先日、「やっぱり、ガンが大きくなりすぎで切除は難しい、少し縮小できると切れます。」と言われ、
帰って来られました・・・。

・・・。

そもそも、今回の患者さんは
腹腔動脈が閉塞し、カテーテル治療より切除の方が良いと考え
外科の先生にお願いしたのですが・・・、

・・・・・!!!!!

ここで諦めるわけには行きません!!

患者さんと相談し、
右葉のガンに対しても当院の門脈動脈同時塞栓療法
施行することに致しました。

アンギオCTすると、
やはり、腹腔動脈の閉塞が見られ、
上腸間膜動脈から肝動脈が分岐していました。
腹腔動脈が閉塞して・・・、

今回のように閉塞が見られると、
通常の血管の分岐ではなくなってしまうので、
こんな時こそアンギオCTの威力が発揮されます!!

苦労してマイクロカテーテルを挿入しては
アンギオCTで確認し、
右葉の巨大肝癌に対し全て門脈動脈同時塞栓療法を施行しました。

下の画像は治療前のアンギオCTです。
右葉のほとんどを占める巨大肝癌
  ⇓
下の画像は治療後のCTです。
治療後CT

一部のガンに至っては
腎動脈から分岐した下横隔膜動脈からの栄養でした。
分岐の分岐・・・

かなり大きな肝癌をやっつけたので、
患者さんはこの1週間はしんどかったと思いますが、
順調に腫瘍マーカーも下がり、
肝機能も改善して行っています。

これからも諦めず、
患者さんと共にガンばっていこうと思います。

・・・!!!


岩本内科医院では、医師・看護師さんを募集しております。
ご興味のおありの方は是非、ご連絡下さい。
 

にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック