ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。山口です。

2代目ガンちゃん先生が紹介した
薬剤溶出性ビーズ(Drug eluting beads; DEB)
得意とする症例と、そうでない症例もある為、
きちんと使い分けて
今後、症例によって使うことも考えたいと思っています。

今週は連休明けの月初めですので、
患者さんが多く、
火曜日は120人以上の患者さんが来られました・・・

朝夕と、急激に寒くなったので仕方がないのですが、
そんな時に限って看護師さんが風邪で2人休んでしまい・・・、
毎日バタバタです・・・。

僕も先週末は身体がだるく、風邪気味かな・・・?
と思いましたが、
週が始まると、忙しすぎて風邪が吹っ飛びました。笑

こうして患者さんが来て下さることは
嬉しいことです・・・!

ガンばるしかないです!


さて、本日紹介する患者さんは、
去年多発肝癌が見つかり、
山口県でPEITやTACEを何度か受けられていたそうですが、
不安に思われ、
今年の始めに岩本内科を頼って来られた患者さんです。

この度、再発した為、再度治療を行いました。

今回の患者さんは、上腸間膜動脈から肝動脈が分岐しており、
ただでさえ、難しい血管なのですが・・・、
血管造影

今回の肝S4付近の再発は㎝ほどあり、
肝S4を栄養する血管からと、
胆のう動脈からの分岐から 
二つの血管から栄養されていました。
治療後CT

こういった場合でも、アンギオCTがあると、
確実に肝癌を栄養する血管が判定できる為、
自信を持って治療を行うことが出来ます。

これでまた見えているガンは全てやっつけられましたが、
細胞レベルでの再発も考えられる為
まだまだ油断は出来ません。

早く再発の間隔が伸びて、
患者さんがガンから解放される日が来てほしいものです・・・。

今日もアンギオが2例あります!

今日も一日ガンばりますか!!




岩本内科医院では、看護師さんを募集しております。
ご興味のおありの方は是非、ご連絡下さい。

 にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
コメント
得意、そうでない症例とは
 いつもいろいろな症例を提示していただき有難うございます。
 今回の説明で「薬剤溶出性ビーズ(Drug eluting beads; DEB)は得意とする症例と、そうでない症例」とありますが、得意でない症例とはどういう症例でしょうか。お教えいただければ助かります。
2014/11/06(Thu) 06:32 | URL | sin594 | 【編集
Re: 得意、そうでない症例とは
sin594さん 
コメントありがとうございます。
ビーズはとてもいいTACEに対するデバイスになります。
しかし少し専門的ですが、血管造影でステイン(腫瘤影)が見えにくい、シャント(動静脈流入)形成が著しいなどが、得意ではない症例になります。

2014/11/07(Fri) 07:56 | URL | 山口泰三 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック