ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


おはようございます!山口です。

スウェーデンのスペアリブのバーベキュー・・・、
に、ビール!・・・最高ですね!!

当たり前にあるものが、当たり前でなくなくなった時、初めてその有難さがわかる・・・
とても良い言葉です!

まさに、僕たちが毎日診ている病気というものも、
そんな事を感じる事象じゃないかと思います。

当たり前に健康で、食欲があって、自分の足で歩ける・・・

病気が進行すると、それが当たり前ではなくなります。
人間、苦しみの中にいると、有難さを感じれなくなりがちです。

僕たち、医療に携わる人たちは、日々、そういった患者さんたちを目の前にしています。

だからこそ、僕たち自身が、日々の当たり前の中にも、ありがたい、と感じながら、
微力ですが、そういった患者さんのお役に少しでも立てたら・・・と思います。


さて、今回ご紹介するのは、以前、初代ガンちゃん先生が4月16日に紹介した、肝内胆管癌(CCC)の患者さんです。今回、再発したとのことで、再治療の運びとなりました。

典型的な肝細胞癌(HCC)は、動脈血流が多く門脈血流が少なくなります。
ですので、CTHA(動脈造影下CT)で白く見え、CTAP(門脈造影下CT)では黒く見えます。

しかし、肝内胆管癌(CCC)はCTHA(動脈造影下CT)でリング状に造影され、中心部分は黒みえ、CTAP(門脈造影下CT)でも黒く見えます。
肝内胆管癌 アンギオCT

つまり、肝細胞癌(HCC)に比べ、肝内胆管癌(CCC)は、“ほとんど血流のないガン”!!??と思われています。
ですから、一般的に肝内胆管癌(CCC)に対し、ガンの血行動態を生かしたカテーテル治療は好ましくない!と考えられています。

今回来られた患者さんも静岡で外科切除はもうできず、RFAの適応もなく、
「もう抗がん剤しか治療法がない」と言われ、岩本内科に来られた患者さんです。

ですが、肝内胆管癌だからといってカテーテル治療が出来ないとは限りません。
下の画像のように肝内胆管癌でも、血流の比較的多いガンにはしっかりお薬が入ります。
初回治療後CT

今回、再発ということで再度治療を行いましたが、TS-1という抗がん剤を服用していた為か、血管が髭のようで、カテーテルを栄養血管に挿入するのにとても苦労しました。
2回目 アンギオCT

下の画像のように、再発部位にも、しっかりとお薬が貯留しているのがわかります。
2回目 治療後CT

ここまでお薬が入ればかなり効果も期待できそうです。

さあ、今週も1週間が始まります!
先週は土曜日もアンギオがありました。

こうして1週間が始まることも当たり前じゃないんですね。

一日、一日に、感謝の心を忘れず! ガンばりますか!!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

岩本内科医院では、意欲ある看護師さんを募集しております。ご興味のお有りの方は、当院ホームページ及び当ブログよりメッセージ頂けると幸いです。お待ちしています! 
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック