ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。

昨日は、美味しい晩御飯を食べに行きました。
北九州にある旬花さんです。
週のはじめから食べに行ってごめんなさい
・・・いろいろと事情がありまして・・・
旬花

ここは美味しいものを食べるのが大好きだった初代ガンちゃん先生が最期に食べに行ったお店です。
僕は初めて行ったのですが、鳥料理を中心として・・いろいろな種類のとても工夫されていて、そして素材の味をとても活かした料理が出てきました。
ローストチキン、醤油のムースで食べるステーキ
・・・いま思い出しただけでもよだれがでます。
父は本当に美味しいものが大好きでした
・・・美味しそうに旬花さんのご飯を食べていた光景が目に浮かびました。

ローストチキン

本日ご紹介しますのは、6年前より肝臓がんの治療を他院でされていたC型肝炎の60歳代の方です。
再発を繰り返すため、今年1月から岩本内科医院で肝臓がんの治療を始めました。
血管造影下CT(アンギオCT)を行いますと、門脈造影下CTで黒く抜け、肝動脈造影下CTで白く染まる典型的な肝臓がんは3-4ヶ所ありました。
そして、肝臓のS8と呼ばれる場所に、門脈造影下CTで白く染まり、肝動脈造影下CTでは染まらない3 cm大の腫瘍がありました。

アンギオCT

血管造影では肝動脈造影では典型的な肝臓がんは染まりませんでした。
ですので、下横隔動脈を造影しますと肝臓がんの染まりが出てきました。

血管造影

下横隔動脈から末梢の腫瘍動脈へマイクロカテーテルを挿入し、山口院長先生と僕とで門脈動脈同時塞栓療法を行いました。
治療後の確認CTで、典型的な肝臓がんのそれぞれに薬剤がしっかりと貯留しているのが分かると思います。
治療後血管造影とCT

門脈造影下CTで白く染まる腫瘍は肝動脈から栄養されていませんので、血管造影を用いた治療では治療できませんでした。
ですので、別の治療を組み合わせることで完全治療を目指します。

素直に治療させてくれる肝臓がんの少なさに驚かされます。
毎回、試練です・・・でも、それを乗り越えるだけの価値があります。

今日も素直に治療をさせてくれない肝臓がんの治療が待っています。
さぁ、ガンばりますか・・・!!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック