おはようございます。

先日、治療した肝臓がんの患者様をご紹介します。
C型肝炎による慢性肝炎の60代の方です。
去年の2月頃に他県の病院で肝臓がんを見つけてもらい、
エタノ-ルを針で注入し癌を壊死させる治療(エタノ-ル注入療法)を
受けたようです。
その後、同年5月、12月と再発を来たし、
他院で血管造影下の肝動脈塞栓療法(TACE)を受けるも
再発を繰り返すので、岩本内科医院にご相談に来られました。

当院来院時には、肝臓の右側と左端に再発をしている状態でしたので、
それらの癌に対して初代ガンちゃん先生と山口新院長先生で
門脈動脈同時塞栓療法を行いました。
当院で治療した二つの癌は完全に治療されているのですが、
別の場所に10ミリくらいの大きさの再発が見られたので、
今回改めて治療となりました。今回は僕と山口新院長先生とで治療です。
造影CTでは明らかに分かるものは、1個だったのですが・・・
血管造影下CT (Angio-CT)を行うと、全部で4個の再発を認めていました
(矢印)。これが通常の造影CTとAngio-CTの癌の検出力の違いです。
腹部造影CT
治療前 血管造影下(アンギオ)CT

治療は、これらの小さな肝臓がんを栄養する動脈に、
マイクロカテ-テルを挿入し、選択的に門脈動脈同時塞栓療法を行っていきます。
DSA

確認のCTでは、それぞれの癌に薬剤が貯留しているのが分かります(矢印)。
治療後 血管造影下(アンギオ)CT

これで見えている癌は一旦、無くなります。
この様な再発を来たす場合は、細胞レベルで転移している場合が多いので
慎重に経過を見ながら、再発したらその都度、
門脈動脈同時塞栓療法を行い数を減らしていき、
最終的にゼロにもっていくしかありません。

肝臓がんの患者さんの治療で大切なことの一つは、
最初の治療をどうするかです。その最初の治療をどの病院、
どの医師に託すかは、患者様が慎重に選ぶ必要があるようです。

今日も治療です。元気を出して、ガン張りますか・・・
--------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  




テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
専門家様に対して 突然のコメント失礼だとは思いますが。
色んな病気を治すというのであれば、病気の情報を集め考え方を角度を変えて色んな事を試してみるという方法もありだと思います。癌の症状の一つである鉢指、関節痛や腱鞘炎、爪の変色、皮膚炎、色んな症状があります。それらをまだ知られていない簡単な方法で治せるようです。説明し易いので肩こりから。肩こりの酷い人達にテーピングを試して下さい。やり方は薬局などで売っているテーピングを幅3センチ長さ10センチ位に、付け方は両方の親指の先端にテーピングの真ん中が来るように後は手のひら側と手の甲側に軽く付けて下さい、親指の先端に軽い力で血行が良くなるように、軽く巻き付けてもいいです。後は通常の生活で、親指を良く動かす要にすれば肩こりの治りも早いようです。肩こりの原因なんですが、親指の先端から出てくる血液の量が減って肩に行く血液の量が減っておきる関節痛のようです。鉢指も指先から出てくる血液の量が減っておきる関節痛のようです。それを逆手に取れば勝てるんです。詳しいやり方は長くなります。こちらで
http://x11.peps.jp/futolugenin3/book/?guid=on&cn=8
色んな病気や癌に詳しい方々が来られて居るようです。是非検証してからコメント頂ければ嬉しいのですが。サイトに載せてあるテーピングを全ての指先にして、ぴったりサイズの軍手、足にはダブルソックスで検証して頂ければ効果があると思います。
サイトに載せてある指先や耳の血流以外にも血液の流れを悪くさせ病気の原因になっている場所もあります。
2014/06/06(Fri) 08:54 | URL | ふき | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック