おはようございます。

昨日はとても良い天気で海に出かけました。
釣果はゼロでしたが、気分は爽快でした。

昨日、肝癌治療の問題点は再発するということだと
書きました。しかし10年無再発例も、ステージI,IIで
20%ぐらいあることも示しました。

以前の検討ですが、初回の治療がきちんと行えて、AFPが
低値で、術後ALTが正常に推移する患者さんは、長期無再発で
経過する可能性があります。

B型に核酸アナログ製剤を投与することや、C型を治すことは
とても重要です。

この方はC型肝硬変をインターフェロン出直して7年目に
肝癌ができた患者さんですが、門脈動脈同時塞栓療法で治療後
15年以上無再発で今も生存されています。
門脈動脈同時塞栓療法で治療後15年無再発生存中の患者さん

今日は一人外来です。ガン張りますか。
---------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック