おはようございます。

忙しい、クリスマスイブの外来でした。私も4女も
いくつか、プレゼントをいただきありがとうございました。

手術は、もうすぐ肝癌初診後まる10年になる患者さんでした。
初め頃再発を繰り返し、短い間隔で門脈動脈同時塞栓療法
10回以上繰り返していましたが、C型をインターフェロンで治してから
再発の回数が減り、この2年ほど再発しませんでした。

このところ顔を見ないなと思い、カルテを見ますと5月から検査に
きていません。あわてて電話をして来させますと、案の定、CTで
再発が疑われました。PIVKAIIも1000を超えていました。
DSA

肝癌は、S6に5cm位あり、その他にもS6とS2に小さいのがいくつか
ありました。メインはたちの悪そうな肝癌です。
アンギオCT
治療後

治療はしっかりしました。友人でもありますし家族付き合いも
しています、本人も中小企業の経営者でまだまだ死ねません。

どうもまた、再発と付き合わなければならないようです。
肝癌の再発は必ずきちんと消していかないと、長生きできません。
多くの施設は、それができていないようです。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック