おはようございます。

治療した肝癌が再発することを局所再発と言います。
私の門脈動脈同時塞栓療法では、3cmまでの肝がんでは
10%位に見られます。ほとんどの場合、治療時に見えない
栄養動脈が残っていたからです。ですから局所再発しても
再治療すれば意外と簡単に完全な治療ができます。

80過ぎのお年寄りです、1年半前に肝左葉のS3に2cmの
肝癌があり、門脈動脈同時塞栓療法しました。
今月のCTで局所再発が疑われ、昨日アンギオCTしました。
治療前
治療後

やはり局所再発でした。マイクロカテーテルを進めて
今回は細い栄養動脈だけでなく、S3全体を門脈動脈同時塞栓術を
完全にしました。40分ぐらいで終わりました。
これで肝癌なしで正月を迎えてもらえます。

RFAの局所再発は悪性度が増し、広がる場合がありますので
注意が必要です。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック