おはようございます。

昨日の手術も6時間かかり、そのまま
新しいC型肝炎の治療剤、ソブリアードの講演会に行きました。
3剤併用療法のひとつですが、副作用が少なく効果が高いお薬のようです。

門脈動脈同時塞栓療法になり、ステージIIまでの患者さんの
50%ぐらいは10年生存されるようになり。長期無再発例も増えて来ています。
代表的な患者さんを紹介します。

C型肝硬変はインターフェロンで治癒していましたが、7年目に肝癌
できました。15年前門脈動脈同時塞栓療法を施行しますと
肝癌は消え、現在も無再発でご存命です。当然ALTは正常です。
長期無再発の肝癌 1例目

もう1例提示します。1995年肝癌を切除された患者さんです。
B型で、肝機能が動きます。2000年肝癌再発し、門脈動脈同時塞栓療法
しました。肝癌は1回の治療で完全に消え、ちょうど核酸アナログが
発売され投与しますとALT正常となり、現在も無再発で元気に
教師を続けておられます。
長期無再発の肝癌 2例目

だいぶ長期無再発の患者さんも増えてきましたので、またいろいろ
検討したいと思っています。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック