おはようございます。

昨日の外来には、釣り針を右手の拇指に深く突き刺した患者さんが
来られました。内科医ですので上手ではないよとお断りして
針先の皮膚を切開して、針先をペアンでしっかりつかみ、針元を
ペンチで切って、針先から抜きました。釣り針は返しがありますので
針元からは抜けません。

火曜日は、今までラジオ派治療(RFA)をくり返し受けてきた患者さん
でした。RFAをされた場所の周囲から、浸潤性に肝癌が広がり
左の門脈本管近くまで、門脈腫瘍栓が伸びていて、右葉にも肝癌
ありました。
DSA
アンギオCT

可及的にすべての肝癌をTACEしましたが、広がりが広すぎて
薬が足らず、門脈動脈同時塞栓療法まではできませんでした。
治療後CT

こうなると治療は難しくなり、腫瘍栓部に放射線をあてたり色んなことを
加えねばならなくなります。患者さんは主治医から突然にネクサバールの
話を持ち出されてあわてて私のところに来ました。

ヒートショックプロテインIというタンパク質がありまして、生体を
熱刺激から守るために体からでますが、それがある状態でガンがありますと
ガンの悪性度が増すという論文があります。
RFA時には完全にガンを壊死させねばなりません。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
先生の手術(?)後になくなった患者さんに対して、不誠実な印象を受けます。手技に問題なかったら、後は医者の責任はないんでしょうか?
2013/11/08(Fri) 00:02 | URL |  | 【編集
同感に思います
2013/11/08(Fri) 23:27 | URL |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック