おはようございます。

昨日の福岡地方は37℃を記録しました。
こんな日は、家でビデオ鑑賞が無難です。
96時間はお勧めです。

以前から、私が肝癌の治療で広く行われているRFA
あまり良くない印象を持っていることはお分かりだと思います。

ある50前の美人さんが、市内のおおきな病院で、肝癌で3回
外科切除を受け、再発しRFAを2回受けたけれどまた再発した。
とのことで私の医院に来られました。
43歳女性

3cm位の肝がんがRFAをしたところから局所再発していました。
門脈動脈同時塞栓療法で簡単に消すことができ、2年半ほど
AFPも正常で順調でした。急にAFPが上昇しだし、いろいろ
調べましたが、肝内を含めて再発場所がなかなかわかりませんでした。

RFAの穿刺部胸壁の異常に気づき、外科で切除をしてもらいました。
すると、RFAの穿刺部胸壁の筋肉の中に、肝癌が広がっていました。
肋骨と胸壁筋肉の切除を2回してもらいましたが
骨転移、肺転移で、私が見てから7年で死亡されました。
その間、肝臓からは再発しませんでした。
局所再発

RFAでガンの穿刺部筋肉内にガンの移植が起こったのです。
他にも、RFAの遅発合併症をかなり見ましたので
私はRFAが嫌いです。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック