fc2ブログ
おはようございます。
連日の暑さでかなりバテている人も多いことでしょう。
朝、晩は少し涼しくなってきました。

肝癌治療で問題点は、再発するということです。
たとえ、治癒切除が行われても、5年で80%以上の患者さんが
再発を経験します。

だいぶ以前に、無再発機関が長い患者さん達を検討しました。
そうしますと,10年以上無再発だった4人の患者さんたちは、治療後
ALTが20代以下でしたし、7年以上無再発だった5人のうち4人は
肝機能が正常でした。

治療後、肝機能を正常にすることは重要なことです。
C型の患者さんは、インターフェロンでC型を直したり、キョーミノを
うまく使い肝機能を正常化するべきですし、B型の患者さんは
核酸アナログ製材をつかうべきです。

私の治療では、再発しても簡単に肝癌を消すことが出来ますが
再発しないにこしたことはありません。

肝癌の治療後も大切です。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
B型の場合は
B型肝炎患者です。私の場合は2010年3、4月に肝がん(S8)の治療後から核酸アナログ製剤を服用を始めています。その後、ALT値は10台を保っています。でも2010年にS8の2個再発しラジオ波治療を受けました。
 今年1月にエコー検査で肝がんの疑いを指摘され、その後造影エコー検査や造影CT検査を繰り返しています。現在「疑い」のままです。
 B型肝炎の場合は、発がん前の10年間のウイルス量が高ければ、現在のALT値が低かっても、しばらく再発を繰り返し、治療法によっては跡に引きずことになるのでしょう。
2013/08/18(Sun) 10:59 | URL | sin594 | 【編集
Re: B型の場合は
sin594さん

コメント頂きありがとうございます。

肝機能が正常になれば再発しないわけではありませんが、
再発する確率が減ります。
また肝機能が正常ということは肝機能が悪化しませんので
その後の治療はしやすくなりますので、
肝機能正常の状態を続けてください。

2013/08/19(Mon) 07:51 | URL | ガンちゃん先生より | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック