おはようございます。

昨日の手術は2例で6時間かかり、かなりこたえています。
外来では、胃がんや大腸がんがみつかり。かなりバタバタした
一日でした。

2例目は、B型肝硬変、再発をくりかえす肝癌の患者さんでした。
5月の初め、左葉外側の肝がんが再発して、外科切除してもらいました。
術後AFPが正常化しませんので、丁寧に経過をみていましたが
右葉にCTでいくつかの再発が疑われました。
DSA
アンギオCT アンギオCT-2
治療後CT
アンギオCTしてみますと右葉全体に無数の再発肝癌が見られました。
可及的に抹消にマイクロカテーテルをすすめて、すべての肝がんを
治療しました。

外科切除やカテーテル治療のあとは、肝臓の再生をうながす
VEGFやHGFなどがでてきます。これらは肝癌発がんの大きなトリガーです。
ときどきこのような再発が起こります。
外科切除のあとは丁寧にフォローしなければなりませんし、
カテーテル治療はできるかぎりガンを完全壊死させねばなりません。
RFAでも同様です。

---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック