fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨夜は、
北九州の
肝臓がん治療をされている先生方向けの講演会がありまして、
特別講演
としてお話をさせていただきました

岩本内科のスタッフや
山口院長先生も
聞いてくれて、

いつもの講演より
ずっと心強かったです


さて、本日ご紹介させていただくのは
多発する大腸がんの肝臓への転移をきたした患者さま

スライド3

肺にも小さな転移がありますが、
肝臓の病変が進行する事で命に関わる可能性があるということで、
岩本内科に来られました

岩本内科では、原則的には
肝臓から出てくる肝細胞がん以外の
どこかの癌が肝臓に転移した状態 転移性肝がんには、

全身の抗がん剤治療が効かなくなった場合に、
カテーテルを使った動注療法を行っております


原則的にと書いたのは、
その他の場合でも、
たとえば、全身の抗がん剤治療の副作用で治療が続けられない場合、
ご高齢などで全身の抗がん剤治療が難しい場合、
ご本人が希望される場合にも
カテーテル治療を行います


血管造影を行い、まず肝臓の動脈を評価します

スライド2

肝臓の動脈と言っても
実は、肝臓の動脈に行き着くまでに
脾臓の動脈、
胃の動脈が何本も
十二指腸の動脈
すい臓の動脈など
様々な動脈が分岐しています

それらの動脈には抗がん剤が流れてしまわない様に
言い換えると、癌がある肝臓だけに薬が届くように
まず、カテーテルを留置します

これが、なかなか難しい

たとえば、この方の場合は、

肝臓だけに薬を流すために

胃の動脈を2本、処理する必要がありました


スライド4
スライド5

処理とは、柔らかい金属で、
処理すべき動脈に血液が流れないように
通せんぼしてしまいます

コイリングという処置の名前がついています

そして、適切に肝臓だけに薬が流れるように
カテーテルを留置しました

留置の仕方にも
投げ込み法、GDAコイル法、コアキシャル法など
様々な方法がありますので、
患者さまの動脈、癌の状態に最もよい条件の留置を行います

スライド9

この方は、全肝分布型の右肝動脈投げ込み法が適切と判断しました

安全に薬を流すための準備が
とても大切なのです


これがうまくいかないと治療が継続できず
治療効果まで行き着きません

日本全体でみましても
適切にカテーテルを留置して、動注化学療法を行うことができるドクターの数も
かなり減ってきているのではないかと思います

15年くらい前までは、このカテーテルを使った動注療法は進行した状態のがんにはよく使われる治療方法だったのですが、
全身の抗がん剤治療の進歩とともに、治療件数が減少しました
治療件数が減少すると、できるドクターも減ってしまいます


全身の抗がん剤が進歩したということは、
実は、動注化学療法も進歩することが可能だと私は思っています


癌を栄養する動脈から直接、薬剤を流すことができる
カテーテルを使った動注療法では、
より集中して、抗がん剤を癌に届ける事ができるのです


全身の抗がん剤が効かないという状態でも、
動注療法なら効いてくれた患者さま方をたくさん見ているのです


この患者さまは
最近、落ち込んでいて、元気が出なかったのが、

岩本内科でカテーテル治療を受けていると
なんだか元気がみなぎってきたと興奮気味にお話をしておりました


そういう治療があることを
もっと発信していかないといけません

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。