FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科では
門脈動脈同時塞栓療法を
肝臓がん
に対して行っています

根治性(癌をゼロにする力)の高い
肝動脈塞栓術
です

肝動脈塞栓術とは、
カテーテルで肝臓にある癌の動脈に到達し、
抗がん剤と塞栓物質を投与して、
癌を兵糧攻めする治療方法
です

通常は
血管造影と呼ばれる

肝臓の動脈、癌の動脈を平面的に映す撮影を
行いながら、治療をします
が、

網の目の様に走っている動脈の中から
癌の動脈を見つけるのは至難の業なのです

岩本内科では、
血管造影の平面画像だけでなく、
そこからCT、アンギオCTの撮影を行います


CTを撮影することで、
確実に癌の動脈を見極めることが可能となります

平島茂

そうする事で、
治療後も、使用した白く見える薬剤が
貯留し続けるのです


アンギオCTを撮る撮らないでは、
大きく異なります

この血管が、確実に癌の動脈だと
確信を持って、治療するのとしないのでは、
結果に大きく差が出てきます


医療の世界では、
治療結果の均てん化、均一化

進められています

どの医者が行っても、結果は同じ

抗がん剤治療でも
ガイドラインに沿ってやれば、それなりに
一定の結果が得られて、それが一般的な医療になりつつあります

確かに均てん化される事は
治療レベルの底上げには重要なのかもしれません
が、

それがすべてであってはいけません

技術が必要な治療もあって、
当然、腕の良し悪しで結果が大きく異なる

医者は職人的要素が
確実に必要な職業だと思います

良い医者になりたいなら、
ガイドラインの熟知は当然、
それ以上に、腕を磨かねばならないのです


私は、そう思って、毎日、腕を磨き続けます

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。