FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

先週は

岩本内科
お客さまが来られました

IMG_8658.jpg


バングラデシュから
日本の肝臓がん治療を
学びたいという医師
です

私の先輩、お師匠とも言える肝臓癌治療のエキスパートがおられまして、
その先生を通じてですが、
日本の肝臓がん治療を見たいという事で
来られる事になったのです

本当は
大学で治療を見せる話だったのですが、
色々な事情で、
岩本内科まで来てもらう事になりました

バングラデシュは
まだ発展途上の段階で、
医療もまだまだの様
です

肝臓がん治療に至っては、
40年以上前の
日本の様な
診断・治療レベルなのではないでしょうか・・?

ちょうど4件の治療があったので、
それぞれ、見学してもらい
日本の医療を
岩本内科の医療を
体験してもらいました


この方は
九州の他県から来院された
肝臓がんの患者さま


前医で治療を受けており、
前医でも頑張って治療をされていた様ですが・・
再発が続くため、

一度、こちらで治療を受けてみたいという事で
来院されました

ステージ3多発の状態で、
治療も繰り返しているので難易度は高い症例
です

アンギオCTを行いますと、
通常の造影CTでは見えなかった結節が
肝臓のS2,S1,S6/7と呼ばれる箇所に
複数個ある事がわかりました


全部で5-10個
5mm~20mm程度の大きさの癌が
散発していました


スライド2
スライド3


マイクロカテーテルで癌の動脈まで挿入、
アンギオCTで癌の栄養動脈である事を確認し、

門脈動脈同時塞栓療法を行います

全ての癌に丁寧に薬剤を溜める事ができた事を確認し、
終了です


我ながら、
見学されている中でも
良い治療が出来ました


この様に多発再発している場合は
一旦、癌ゼロの状態を作れるか
これが治療の“肝”になります


スライド4

癌ゼロを作れるか、
これにはアンギオCTがかなり力を発揮すると
私は思っています


さて、この治療をみた
バングラデシュからのドクターですが・・・
とても刺激になった様で、
感動した表情で、
“勉強しに来ます!!”
だそうです (笑)


バングラデシュから
岩本内科に・・とは
ずいぶん、岩本内科も国際的になったものです (笑)


父もびっくりしている事だと思います

ですが、父の思いもそうでしたが、
岩本内科の医療を
質の高い日本の医療を
海外に届けたい

これはとても大切な事で、
その結果、救える命が
大勢いると考えると、
本当に素晴らしいです

もう一つ書きたい事があったのですが、
それは次の記事に取っておきます ♪

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ