fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんばんは

2代目ガンちゃん先生です

今日は東京に来ています

東京の肝臓学会東部会
シンポジウムで発表が終わったところです


そして、今から
ベトナムへ、

ベトナムでは
進行肝臓がんの治療について、
講演をしてきます


肝臓がんは
世界でみると
年間70ー100万人の方が罹っていると言われています

そのうち、75%が
アジアからで、

アジアは肝臓がんで亡くなる方が極めて多いのです


ベトナムでは
まだまだ進行肝臓がんは
不治の病であるのです


ですので、
ガンちゃん先生流の治療を広めたいのです

という事でガンばってきます

日曜日には日本に戻ってきます・・・

本日、ご紹介させて頂くのは、

大腸がんの肝転移の患者さま
癌は肝臓中に広がっていて、
肝不全徴候が出ている状態
です

2

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を行いました

この患者さまの場合は、
肝臓の動脈が二本あり、
一本のカテーテルでは
肝臓全体に抗癌剤を分布させる事ができない
状態でありました


1

そこで、
一本の肝動脈の手前を
塞栓用のコイルで塞栓し、

残った肝動脈から
肝臓全ての範囲に薬剤が流れるようにしました


3

この様な手技を
血行改変術と呼びます

不必要な血行改変は
よくありませんが、

この様な症例では
必要になります

4

肝動注では
高濃度の抗癌剤が
直接抗癌剤が癌に投与されます

縮小効果を期待します


さて、
ベトナムへ・・・
行ってきまーす!!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ