FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介の患者さまは

四国からの方

進行した肝内胆管がんでご闘病中の患者さま

肝内胆管がんでは
切除が出来ない場合は、
2種類の全身抗癌剤治療が
標準的な治療になりますが、

この方は
どちらも効果が出ず、
前医では治療が出来ないと言われた様で、、

岩本内科まで来て下さいました


肝臓の中に5-10cm大の腫瘍
胸のリンパ節に転移して食道浸潤
副腎転移

さまざまな箇所に癌がある状態
です

カテーテルで
それぞれの癌の動脈を見つけ、
塞栓物質と抗癌剤の持続動注を
行っています

食道浸潤の影響で
食事がままならない状態
でしたが、

こちらで治療を開始して、
少し食べれるようになってきたという自覚があるようです


画像は
副腎転移の場所

1

横隔膜と副腎動脈から栄養されていたので、
カテーテルで挿入し、
ヘパスフィアを用いた肝動脈塞栓術と
抗癌剤の持続動注を行いました


スライド3

肝内胆管がんは
抗癌剤も効きにくく
厳しい癌種ではありますが、

あきらめずに治療する姿勢で、
患者さん本人、ご家族が
明るく小さな希望を持って
時間を過ごす事ができます

これってとても大切な事だと思うのです

その上、目に見える効果が出れば
なお素晴らしいのです


標準治療から外れたから、
治療ができないと突き放すのは医療では
ないのです・・・
と僕は思います・・・・


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ