ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

国際学会参加のため
横浜に来ています!

APASL

学会は
APASLと呼ばれる
アジア諸国の肝臓学会です

アジア諸国の
肝臓がん好きが集まっています

今回は
ポスター二つを後輩に発表してもらい

私は口頭発表を一つ

計3つの
発表をしました



発表のテーマは

肝臓がんが
門脈奥深く入り込んだ状態

何もしないと余命3ヶ月
ネクサバールで4,5ヶ月と言った状態での

肝動注化学療法 New FP療法の
治療成績です


New FP はこのような患者様の内、
60%弱が効果を発揮することができるのですが、

効果がでた方は余命の平均値が
2年弱という結果が出ています

この成績は、今回の発表でも
ずば抜けて良い成績でした

驚いたのは
東南アジアなどのアジア諸国では
このような患者さんはどうしますか
?と質問すると

迷わず、何もできない・・・

と答えていました

おそらく、世界には
まだ治療出来るのに
“あきらめられてる”
肝臓がんの方が多くいるようです・
・・・

世界にまで
岩本内科の治療が広まればいいのに・・・

なんて、思った学会でした


今日、また戻ります!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ