ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日のご紹介は、

東北地方から来院されている
肝臓がんの患者さま

2年前に初めて岩本内科に来院

前医では
もう治療ができないと言われて来られた経緯です


確かに来院時の状態は
肝臓がんが門脈内に入り込んだ状態が
4箇所
あり、
極めて進行した状態と言えます

スライド2

一般的には
余命4ヶ月から半年の状態

岩本内科で
肝動注化学療法、New FP
門脈動脈同時塞栓療法

行い

一旦、癌がゼロの状態まで
スライド3

今回、再発があり
約半年ぶりの
追加治療です


スライド4

アンギオCTをしますと、
S4 15mm、S5 20mm
2個の再発
がありました

それぞれを選択的に挿入し、
門脈動脈同時塞栓療法を行いました

スライド5

これで一旦、癌はゼロのはずです

門脈浸潤のあるステージ4aの状態の
進行肝臓がんでも

New FP療法では
70%の癌縮小率
20%が一度は癌がゼロの状態を作れるという
データもあります


もちろん、この様な結果が得られた患者さまは
長期生存が期待できるのです


さて、本日も
ガンばりますか・・・

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ