ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日のご紹介は

肝臓がん に対する
門脈動脈同時塞栓療法のご紹介

この方は
これまで10年
前医で肝臓がん に対して、
ラジオ波焼灼療法で加療されていました

とても上手に治療して下さっていた様です

今回は、
心臓近くに癌ができて、ラジオ波治療が出来ず、
手術はしたくないとの事


当院に来院

お腹を開けてラジオ波焼灼療法か
放射線治療を行う事を勧めましたが
手術はどうしてもしたくないとのことで
カテーテルで治療する事にしました


アンギオCTをしてみますと、

DSA
mae

肝臓のS3に10 mm大の癌
そして、これまで指摘されていなかった

S2にも20 mm大の癌がありました

アンギオCTは癌を見つける力(検出力)が優れているので
これまで指摘されなかった癌も見つける事ができます


そして、そのまま治療です

それぞれの癌の動脈に
マイクロカテーテルを挿入し、

門脈動脈同時塞栓療法です

ato

治療薬剤がしっかりと
癌にたまったことを確認し終了です

治療後も
肝臓の数値もほとんどあがることなく
順調に経過しました

カテーテル治療は根治的な治療でないというのが
一般的な考え方になってますが

それも仕方ないところもあるのですが

丁寧にアンギオCTで確認しながら、
門脈動脈同時塞栓療法を行えば
根治的な結果が得られるものなのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ