fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は
私のアンギオ治療の師匠の師匠とも言える
板野先生がおられる久留米中央病院に行ってきました

板野先生が開発された
システム-Iという
動注化学療法のためのシステムを
勉強するためです

詳細はまた改めてご紹介しようと思いますが、
まだまだ成長の余地は沢山あるのが分かって、
ワクワクしています♪


さて、
本日ご紹介しますのは

今年の2月に
前医で肝臓がんが分かったのですが
アンギオをしたものの、血管が難しく
治療が出来ず、
手の施しようが無いという事で

私の所に紹介になった患者さまです

当院初診時の状態は

肝臓の右側ほとんどが癌
一部破裂している状態
右の門脈に癌が完全に入り込み
肺転移
も伴っていました

DAS
first

だれが見ても極めて進行した状態と言えます

破裂した部位は
門脈動脈同時塞栓療法を行い
全体は
カテーテルを留置し肝動注化学療法

途中経過では
放射線療法も併用しました

内服の抗癌剤も行っています

使える武器は全て使って
今があります


今の状態ですが、
巨大な肝臓内の癌は
明らかに縮小し、
ほとんどの残っている癌はありません
門脈内の癌も消失です


now

肺の転移が問題になってきましたので、
新しい抗癌剤の内服薬を開始しながら、
肝臓内の再発を制御しています


治療が出来ないと
あきらめていたらと思うと

本当に良かった


こういう方を一人でも多く・・・
腕を磨き
技を増やし、
経験を積み、
精神力を鍛え、
徳を積み


やる事いっぱい
伸びしろいっぱい

本日も
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ