ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は論文のご紹介

進行肝臓がんで
使われる内服薬には
現在、ネクサバールしかありません

本日ご紹介するのは
今後、日本でも使える様になる可能性がある
薬剤
です

レンビマと呼ばれる薬剤です
Jornal of Gastroenterology に
2017年に報告された論文です


このレンビマという薬剤は
血管内皮増殖因子受容体1,2,3
血小板由来増殖因子受容体α
繊維芽細胞増殖因子受容体1,2,3,4

そして、細胞内シグナルの
RETとKIT

様々な癌の血管や
癌の増殖に関わる分子を抑制します

この薬剤の特徴は
この論文での報告では
まだまだ少数例の肝臓がん患者での検証なのですが、

奏効率/癌が小さくなる率37%
・・
ネクサバールなどでは10%弱

lenvatinib

まだ大規模な試験の結果は出ていませんので
結論づけることはできませんが、
縮小が期待できる可能性を示唆するデータが出ております

今年から
ネクサバールが効かなくなった時の薬剤として
スチバーガーが使える様になるかもしれませんし、
そして、このレンビマも使える様になる可能性があります

肝臓がんでは
岩本内科で行うアンギオ治療は
治療戦略に不可欠
ですが、

この様な内服の抗癌剤の種類が増える事も
非常に大切なのです


よい薬剤がどんどん開発され、
少しでも救える患者様が増えれば
それで良いのです


今日は
何例の治療だったかな?
いっぱいだったと思います・・汗

さて、
ガンばりますか!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ