ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がんは
典型的には

動脈の血流が豊富で、
門脈の血流が無いというのが
特徴です

これを血管造影下のCT(アンギオCT)で見てみると
CTHA 肝動脈CTで白く
CTAP 門脈CTで黒く
表現されます

これは、
肝癌細胞が増殖するにつれて、
腫瘍内の門脈域に入り込んでいくため(間質浸潤)
腫瘍内の門脈血流が乏しくなることを示しています


先日、治療をしていると
不思議な結節に巡り合いました


CTAP high


CTAPで黒くなるはずが、
CTAPで白く


CTHAで白くなるはずが、
CTHAで周囲と同等


これは、
動脈血流は周囲肝臓と同等で、
門脈血流が豊富な結節である事を示します


これまで、長い経過で
岩本内科で門脈動脈同時塞栓療法、
肝動脈塞栓療法を行ってきたので、
動脈からでなく
門脈から血流をもらう癌が出てきたのかもしれません


MRIと組織検査が必要です

癌というのは、
本当に呆れる程、
あの手この手で生き延びてこようとするものです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ