fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

久々の二日連続のお休みで
かなりエネルギーが回復です
今日から、また
ガンばれそうです!

さて、本日ご紹介しますのは
数年前から岩本内科医院で治療を行っていた
肝臓がんの患者様です

関東地方から来られています

去年末頃から
癌が門脈内へ浸潤し始め、
継続して治療を行っている方です


左肝動脈が左胃動脈から
分岐する血管破格で、

血管造影
左肝動脈のA4と呼ばれる動脈から門脈内腫瘍栓が描出される
その動脈から
門脈内へ癌が浸潤している事が分かりました

A4と呼ばれる動脈が
直接、門脈に入り込んだ癌を栄養していましたので
選択的に挿入し、
門脈動脈同時塞栓療法を行いました


治療前 腫瘍栓矢印が門脈本幹内へ入り込んだ癌


門脈内へ入り込んだ癌に対して
塞栓療法は一般的には禁忌とされています
これは強い肝不全が起こる危険性が高い為です。

ですが、門脈に入り込んだ癌だけを塞栓するのであれば
比較的安全に治療が行えるのです

この方も、肝不全になることなく
順調に経過しています

治療後 腫瘍栓治療後のCTで門脈内腫瘍栓へ薬剤が貯留している事を確認

左肝動脈にも
継続した治療が必要ですので、

こちらにもカテーテルを留置して
肝動注化学療法 New-FP療法を追加していこうと思います


絶対に負けません!!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ