fc2ブログ
ブログランキングに参加してます 
ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます。山口です。

今週の火曜日に多発性肝嚢胞(のうほう)の患者さんの治療を行いました。

嚢胞といっても、
通常の肝臓にできる1個や2個の嚢胞でなく、
正常な肝臓を埋め尽くすほど多発し続けるのです。

多発性肝嚢胞
これが多発性肝嚢胞の肝臓です。

多発性肝嚢胞は遺伝性疾患と言われているのですが、
まだこれといった治療法がなく、
最終的には移植が推薦されています。

今回の患者さんも、かなり進行した状態で、切除不能と判断され、
当院を頼って来られました。

癌とは違い、動脈を沢山呼んで大きくなるわけではないので
血管をやっつければ嚢胞が小さくなるというものでもなさそうですが、
塞栓術が良く効いたという報告もあり、
患者さんと十分な話し合いのもと、
当院での塞栓術(今回は門脈動脈同時塞栓療法ではありません)を行いました。

いざアンギオをしてみると、
やはり、大きな嚢胞が肝全葉を埋め尽くし、
正常肝はわずかに存在するだけでした。

残る正常肝をやっつけず、
嚢胞だけが栄養される動脈を見つけ、
今回はA6領域のみの塞栓術を行いました。

結果は1か月後のCTで判断できるのですが、
少しでも嚢胞が無くなったり、小さくなればと期待しています。

劇的な変化はないかもしれませんが、
根気よく一つ一つやっつけて正常肝が増えてくるようガン張ろうと思います!






岩本内科医院では、医師・看護師を募集しております。ご興味のお有りの方は是非、ご連絡下さい。お待ちしています。 

にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、上のマ-クをそれぞれクリックお願いします!