fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


おはようございます。

まだ時差ボケでふらふらしてます。

ブログを初めて1か月ちょっと・・・

ブログにはランキングがつくようで・・・
医師関係のランキングで2位にガンちゃん先生奮闘記が入ってました!

一時は1位になってて・・・
初代ガンちゃん先生の亡き後
ブログを終わらせたらいかんという一心でやってきましたが・・・

たくさんの皆さんに読んで頂いて本当にありがたいです。

このブログは初代ガンちゃん先生が
日本の中で肝臓がんで苦しんでいる方を救いたいという信念で始めたブログなので・・・

こうやって、読んで下さる方が増えることは
初代ガンちゃん先生も本当に喜んでることと思います!


本日、ご紹介するのは僕が日本を発つ直前に
山口院長先生と一緒に治療した大腸がんの肝転移の患者様です。

大腸がんが見つかり、手術をしたのちに肝臓への転移が出現、全身化学療法を行っていた方です。
全身化学療法の効果が乏しいこと、また副作用が出てきたことから治療ができない状態でした。

そこで、いろいろと調べられた結果、岩本内科医院へ行き着いたという経緯です。

6月、7月は岩本内科医院の治療予定が詰まっていたのですが・・・
急を要する状態でしたので、無理を言って僕が出国する前に治療をさせて頂きました。

血管造影CT(アンギオCT)で、
矢印で示すのが肝臓に転移したガンです。

治療前アンギオCT

肝臓の右後側に10 cm大とその隣の肝臓の中心部に5 cm大の転移性肝臓がんがL字型にある状態です。

大きいほうのガンは、肝臓表面までせり出していますので、破裂する危険がありますし、
肝臓の中心部のガンは、肝不全を起こしやすいので、
早急に治療する必要があると判断しました。

それぞれのガンを栄養する腫瘍動脈 (矢印) にマイクロカテーテルを挿入し、
血管造影

僕と山口院長先生とで、門脈動脈同時塞栓療法を行いました。
ガンの総量が非常に多いので、今回の治療では全体の7割くらいのガンに治療を施しました。

治療後CT

残りは下横隔動脈と、右肝動脈の枝を治療すればいいので、
2回の治療で一度は完全にガンの中に薬剤を貯留させ、壊死させることができるはずです!

一般的に大腸がんの肝転移は手術ができない場合、全身化学療法が次の治療選択になります。
全身化学療法が効果を発揮できる場合は、それでよいと思うのですが、
そうでないときの次の治療選択があまり無いのが現状です。

これまで当院でやってきた大腸がんの肝転移に対する門脈動脈同時塞栓療法の治療成績を解析して、
発表していく必要があります。

さて、新しい週が始まります。
今週は僕が行っているラボのボスとも対決しなければいけません。
さぁ、気合を入れてガンばりますか!


岩本内科医院では、私たちと医療を行って下さる看護師を募集しております。
ご興味がある方は、岩本内科医院のホームページもしくは本ブログにコメント下さい。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ