FC2ブログ
おはようございます。
昨日も忙しい外来のあいまに、食道静脈瘤の治療をしました。

肝硬変や肝がんになると、消化吸収した血液を肝臓に送る
門脈という血管の流れが悪くなり、門脈圧亢進症という状態になります。
食道静脈瘤ができたり、腹水が溜まったり、アンモニアなどの有害物が
身体にたまり、肝性脳症を起こしたりします。

食道静脈瘤は食道の内面に、静脈の瘤ができますのでひどくなると
破裂して大出血の原因になりそのまま死亡することが多いのです。

肝癌治療5年目の患者さんです。肝癌切除後再発し、門脈動脈同時塞栓療法で
再発肝癌をけしました。カメラでF2の食道静脈瘤が見つかりました。
red color陽性の血豆様の小さな瘤をともなっています。
CT

これが2か月後のカメラでひどくなってきているのが観察され
破裂の可能性ありと判断し、患者さんも望まれますので、昨日
食道静脈瘤内視鏡結紮術(EVL)をしました。
食道静脈瘤

10か所あまり、食道静脈瘤をゴムの輪っかでしばりました。
特にトラブルなく終わり患者さんは元気です。

今日も手術があります。
ガン張りますか・・!!
---------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
   
                   人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  


テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体