FC2ブログ
おはようございます

昨日も2例手術があり、肝炎の講演会にも出席し
忙しい1日でした。

1例目はB型肝硬変、非代償期の患者さんで、ICG15 66%,
ビリルビン2mg/dl, アルブミン2.3g/dlで、肝癌発症5年目で
8回目の再発です。
アンギオCT
治療後
肝S4に10mm大の肝癌の再発がありまして、マイクロカテーテルを
S4の末梢にすすめて、門脈動脈同時塞栓療法完全に施行しました。
これで再発肝癌は消えますし、2週間で退院し、ガンが無い生活を
送ってもらえます。

このような患者さんでは、アルブミンの補正が絶対に必要ですが
支払基金は、使用したアルブミンを必ずと言っていいほど減点して来ます。
保険で認められたアルブミンの補正療法無しでは、
非代償期肝硬変患者さんの肝癌治療はできません。
支払基金は、非代償期肝硬変患者さんは
ガンで死ぬことを願っているのでしょうか。命に係わる薬を
平気で減点してくる支払基金は、患者さんの敵と思います。

アルブミンは、血管の中に水分を保持する大事なタンパク質で
肝臓が作ります。侵襲のある肝臓の治療をする時は、アルブミン
補正は必ず必要で、しなければ腹水など溜まり、命の危険がでます。

----------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  



テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体