fc2ブログ
おはようございます。

先日、「ドミノ肝移植」にてお話致しましたが、
信州大学の池上先生へお願いした患者さんの経過が非常に良く、
お礼を申すために信州大学へ行ってまいりました。

今日は、その時、ドミノ肝移植をして頂きました
ある患者さんのお話をいたしますね。

私の患者であるHさんは、
約10年前、黄疸と腹水で私のところに来ました。

検査して診ますと、B型肝硬変で、
約1.0cmの肝ガンもありました。
すぐに入院してもらい、まずは黄疸、腹水をなくし、
肝ガンの治療をしようとした矢先、
手術前の外泊時に転倒し、足を骨折してしまいました。

仕方がありませんのである病院に転院し、
肝ガンもPEITをしてもらいました。

数ヵ月後、退院し、私のところにやってきますと
また黄疸、腹水があり、肝ガンも全く死んでいませんでした。

当時、保険適用のなかった
「核酸アナログ製剤」を
投与し、黄疸、腹水の治療に努めました。

が、しかし、ガンはどんどん広がって行きます。
もう移植しかない・・・と思いましたが、
ドナーに問題があり、いろんな大学と相談しましたが、
移植をすることが出来ませんでした。

他にも出来るところがないか、必死に探してみたところ、
信州大学の池上先生のところで
ドミノ肝移植が出来ると聞き、池上先生へお願いすることにしました。

それから、数か月後、私のところに帰って来まして、
ピンピンしているので、びっくりしました。

B型も私の治療で、ほぼ治り、
現在、普通の生活をなさっております。

移植はうまくいけば本当にすばらしい治療だと思います。

でも私のところでは、3人の患者さんを
いろいろなところで移植をしてもらいましたが、
現在も生存なさっているのは、Hさんだけなのです。

移植については、
費用も高価でありますし、
移植が受けれるとしてもドナーの問題も多くあります。

患者にとっても、
外科の先生達にとっても
ちゃんとした国のシステムが必要不可欠だと思っております。


★追伸、
ブログを観ましたという私の患者さんから、
ドミノ肝移植ってどういう移植?
生体肝移植との違いは?、などのご相談を頂きました。

詳しいことは、また別の機会にお話しするようにいたしますので
今しばらくお待ちください。


それにしても・・・
いつもブログを診ていただいている方がいるというのは
嬉しいことですね。
ブログみました、みてますの一言が私にとって、励みになります。
本当にありがとうございます!!
これからも、わかりやすくお伝え出来るようにガン張りますので
応援よろしくお願いいたします。

------------------------------------------------------------
◆ブログランキングに参加してみました。
 皆様の応援がこれからの励みになりますので
 よろしければ、下記バナーを1日1回、クリック頂けますと幸いです。
 これからもよろしくお願いいたします。

  ◆にほんブログ村へ    →  にほんブログ村 病気ブログへ

  ◆人気ブログランキングへ →  人気ブログランキングへ
                      人気ブログランキングへ

  ◆FC2 Blog Rankingへ   →  




テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体