FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

金曜日は
岩本内科の
新人歓迎会


BBQをしました

IMG_1.jpg

みんなでワイワイ
肉を食べました


街中のBBQ会場だったのですが、
とても良い雰囲気でした

IMG_2.jpg

岩本内科で働いている
スタッフが

それぞれの思いで
色々な事を思いながら
一生懸命、仕事をしてくれているのが
分かって嬉しく思いました


岩本内科という
患者さまのために
全力で医療を提供する医院で
働いていることに
誇りを持って欲しい


みんなが
楽しく、やりがいを持って
働ける場所に
していきたい


みんなでそれを作っていきたい

心からそう思います

今日は
日曜日ですが

やることいっぱいなのです・・・涙
一つずつ、片づけていきます 

みなさまも
よい休日を

span style="color:#0066ff">◆ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ゴールデンウィーク最終日・・
私の予定はと言いますと、

岩本内科で当直です (笑)

仕事目いっぱいガンばります!

2012年から
3年間スウェーデンに研究留学していた私ですが・・・

ふと、思いだしたことがありまして

留学先の研究室のボスですが、
とってもエネルギーに溢れる人で
人にもそれを押し付ける支配性もありましたので
なかなか大変な方でした (笑)


組織の長としては
かなり難しいタイプでしたが、
はそういう異常性(アブノーマリティー)は

一流になろうとする人には
必要な要素と思っているので


ある部分、尊敬していました

留学先の
スウェーデン カロリンスカ研究所は
ノーベル賞を決める施設で
研究レベルとしても世界的に有名な施設です

そのカロリンスカで
私が留学している時の
一つのテーマ
があって、

それが
“What is the life?”
でした

“生命とは何か”。です

高いレベルで研究している施設だからこそ
生命の根源とは?
その解明に研究を進めようというのも
とてもインパクトがあるのですが・・


私の留学先のボスが、
What is the lifeなんか
そんなに大切ではない・・

と呟いたのを
よく覚えています

What is the lifeよりも、、
“What is the life for”が大切なんだと
彼は言っていました

What is the life for・・・
何の為の人生か・・

自分の目的を持って日々を
過ごす事のほうが大切なんだ・・


普段は
とても傲慢な感じでしたが、
なかなか響くことを (笑)


What is the life for?

最近、私もよく考えます。

岩本内科の医療を
ちゃんと広めたい、
その為には何が必要か


患者さまにとっても、
とても大切な考えです


What is the life for?

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

進行肝臓がんの治療は
いま変わろうとしています

今日はちょっと詳し目に
どの様に変わるか
解説しますね


いま、進行肝臓がんの治療と言えば、

カテーテルを使った肝動脈塞栓術
いわゆるTACEと呼ばれる治療、

それを超えるものは
ネクサバールかレンビマ

ネクサバールが効かなくなった方には
スチバーガー

これが治療の選択肢です

岩本内科では
これらに、
門脈動脈同時塞栓療法
リザーバー留置の肝動注化学療法 New FP療法や
システムIを使った動注療法
があります

これらの治療選択肢に加えて、

今年中には
もう一つ、ラムシルマブ(サイラムザ)が使える様になるのではと
言われていますし


その次には
カボザンチニブが控えています

そして、
その先には免疫治療として、
オプシーボ
キートルーダ・・キートルーダ
は単独では駄目だった様ですが・・・

少なくとも、使える薬が
2つから3つ
増えてくるという事になりますね


そして、その先に、
免疫治療とレンバチニブやアバスチンと言った
血管新生阻害剤との併用療法
が登場する可能性が高いと言われています


この併用療法は
効果が極めて高く、
いまのカテーテル治療に取って代わるなんて言う
先生もいるくらいです


治療の選択肢が増える事で、
肝細胞癌の治療が大きく変わる可能性があります

今まで肝動脈塞栓術(TACE)を繰り返していたのが、
早い段階で飲み薬や点滴の薬に移行する可能性もあります

最初から、TACEをせずに
飲み薬や点滴の薬が選ばれるかもしれません

こうなると、技術が必要なカテーテル治療が淘汰されてしまいます
これが大きな予測される流れです

この流れ自体は
私は全く否定しません。

選択肢が増える事は必ず患者さまにとってプラスに働きます


と言いましても、
この流れだけに沿ってはいけないとも
思っています

私の見解としては、
本当に長生きさせる治療としては
やっぱり、
門脈動脈同時塞栓療法
肝動注化学療法 New FP療法
なのではないかと
思っています


何故なら、癌をゼロにする力が圧倒的に
他の治療と比べて違うからです


免疫治療+血管新生阻害剤治療の
癌をゼロにする力は
いまのところ臨床試験のデータを見てみても数%

New FP療法では20-30%

患者さまからすると
余命宣告される様な状態から
癌がゼロになる

という希望が持てるという事は
何よりも心の支えになるのです


この点は
どんな時代でも、どんな治療が出てきても
変わらないのです


ですが、
点滴の治療
内服の治療が増えれば増える程、

技術が必要な治療は
淘汰されていきます


これは大変な事なのです
だから、ガンばらねば


技術が必要な
門脈動脈同時塞栓療法
肝動注化学療法 New FP療法を
ちゃんと患者さまに届けられる様に


発信して、
学会でもちゃんと示していかねば

それが私の一つの
大きな大きな責務なのです


という事で、
今週もガンばります  か

今月の講演関係が途切れたので
ちょっと他の事に時間が回せます♪


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんばんは
2代目ガンちゃん先生です

金曜日の治療が終わり、
診察室でブログを書いています


今日も外来は160名を超え、
癌のカテーテル治療も6件

てんてこ舞いの一日でした

疲れたですね

昨日は、
北九州の肝癌治療の専門家が
あつまる勉強会で発表をしてきました


先代である私の父も
よく参加していた勉強会で

父を良く知る先生方に
私の発表を聞いて頂くのは
なんとも緊張する時間でした


九州医療センターの外科の先生の
和田先生が特別講演で来られていて、
大変勉強になるお話でした


進行癌の治療に関しては、
一段、二段と質の高い治療を
岩本内科では行っているので、

なかなか理解しきれないところもあるのではないかなと
思いました。


発表の内容としては・・・
進行肝臓がんの治療は
今、大きく変わろうとしています


全身投与を行う抗癌剤が増え、
多くの肝臓がんの患者さまに、
それらの薬剤が投与される時代になりました

肝動脈塞栓術が効かなくなったら内服の抗癌剤、
転移が出現したら内服の抗癌剤、
癌が血管内に入り込んだら内服の抗癌剤


・・こんな風に簡単に全身投与の抗癌剤へ
切り替えられる事が増えてきています


治療選択肢が増えるという事は非常に良い事で
私もたくさんの患者さまにこれらの抗癌剤を使用しています


私の大学での研究はこれらの抗癌剤の研究をしていますので、
かなり詳しい専門家でもあるのです

・・・ですが、
安易に全身の抗癌剤へ切り替えられることが
これから懸念されます


肝臓内の病変をいかに制御するかという事は
非常に大切なことで、
内服の抗癌剤だけでは心もとないのです


門脈動脈同時塞栓療法

カテーテルを留置し行う肝動注化学療法
肝動注化学療法の中でもNew FP療法を駆使し

癌ゼロを目指す治療戦略と言うのは
患者さまにとって非常に期待度の高い治療戦略のはずです


岩本内科からしっかりと全国に発信して、
良い治療を広めていかねば・・・
そう思う最近の私です


まだまだ微力ですが・・

という事で、
今日も全力でした


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

ご報告が遅れて
すみません

大阪へ出張で
治療しに行った報告
です

無事にしっかりと治療出来ました!!

いつもと違う環境で行う
手技はなかなか大変でしたが

沢山の方の助けもあって、
問題なしです♪


私が行きました
大阪医療センター

iryosen

大阪市内の中心的な主幹病院の一つです

その様な大きな病院で活躍されている先生が
良い治療は垣根を越えて
導入したいという思いで
私の所にメールをして下さったことに
本当に感謝です


来週また経過を見に行きます

こういう機会が増えたらなぁ♪

でも、慣れないところで行う事の難しさも
知りましたので、
まだまだ修行が必要です


皆さまもよい連休を!




ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ