fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

論文が掲載されたので報告します!

進行肝がんの
薬物治療の一つの
テセントリクとアバスチンの併用療法の初期使用経験

まとめたものです

kp

Cancersという国際雑誌に掲載されました!

今回は、私が所属する肝癌チームのみんなが助けてくれて
作り上げた論文なので、
いつも以上に・・嬉しいです♪


大学や医局という大きな組織は、
本当にややこしい事ばかりで・・・

そんな中で、
目標を持ってチームとして
前向きに発展し続ける事は
とても大変なことです

ですので、こうして論文という
形にできたことは、
とっても嬉しいのです♪


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介は、
一つの論文紹介です

スライド1

大学の同僚が書いてくれた
素晴らしい論文
です

私も責任著者になっております

Cancersという雑誌に掲載されました

内容ですが、
肝臓がんに対する治療に
レンビマがありますが、

レンビマを内服していながらも、
その間で、癌を抑えるために、
カテーテル治療を組み合わせた方が良い
という内容です


スライド2

レンビマの内服で
うまく効果が出た場合には、

とどめを刺すために
カテーテル治療、特に肝動脈化学塞栓術で
根治を狙った方が良いですし、

レンビマの内服で
何とか癌の勢いを抑えている状態であれば、

癌の数を減らすために、
肝動脈化学塞栓か肝動注化学療法を
組み合わせた方が良いという結果を報告しています


杓子定規に合わせて、レンビマ内服していたら
ずっと内服ではなくて、

癌の状態、患者さまの状態に合わせて
カテーテル治療として適切な治療を組み合わせた方が

結果的には
レンビマの内服期間が延び、
長生きできていたということです


スライド3

この解析結果は臨床試験として行った結果ではなく、
後ろ向きデータの解析と呼ばれる解析結果なので、
この結果だけで100%そうすべきとは言えないのですが、

一つの重要なポイントを示唆した論文になっていると思います


同僚もとっても頑張って、いろんな研究をしてくれています
私も・・ガンばらねばと
刺激になります


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌免疫治療のあれこれ

前回の記事でも書きましたが、
肝臓がんを始め、
これから様々な癌で

癌免疫治療が行われるようになります


オプシーボ、キートルーダと言ったPD-1抗体や
テセントリクと言ったPD-L1抗体
です

(注 肝臓がんにはまだ使用承認が下りておりません)

そもそも
癌免疫とは何かということですが、

癌細胞は
生体にとって
必要の無いい細胞
ですので、

通常では
生体の免疫細胞によって
除去されています


それが、様々なきっかけで
増殖したものが、いわゆる
癌として私たちの目に見える形になるのです


癌細胞は生き残るために、
これらの免疫細胞から隠れながら
増殖する必要があります


この隠れ蓑となるのが、
PD-L1という分子なのです

癌細胞がPD-L1を発現すると
免疫細胞は癌細胞を癌細胞として認識する事が
できなくなります


その結果、癌細胞は免疫細胞からの
攻撃を回避でき、増殖していくのです


とても迷惑な話ですが、
癌細胞の非常に怖い性質の一つです

今、注目されている薬剤たちは、
この隠れ蓑の機能を取り除く薬剤
です

隠れ蓑が無くなった癌細胞は、
丸裸ですので、
免疫細胞たちに除去されてしまいます


そもそも、
癌の組織を見てみますと、

もともと
癌を攻撃する免疫細胞が多い癌と
少ない癌がある事が分かっています


これを免疫学の領域では
Hot と Coldと呼んでいます


ojo

Hotの状況は、
癌を攻撃する免疫細胞が多数
癌の中に存在していることを示します

Coldの状況は
癌を攻撃する免疫細胞が少ないことを示します


オプシーボなどの薬は
Hotの状況の方が効果が出やすい事

様々な研究で分かってきています

ですが、
癌がどのようにして、
Hotな状況や
Coldな状況を作っているのか
・・それはまだまだ明らかになっていません


逆に言いますと、
もともとColdな状況の癌を
何かのきっかけでHotにする事ができると、

オプシーボなどの癌免疫治療が
効きやすくなります


こういう治療方法も今後、
検討されてくる事でしょう
組み合わせ治療ですね

肝臓がんでの承認はまだの様で、
早く使える様になってほしいものです

治療選択肢はいくらあっても構いません
それらは全て、
患者さまの希望に繋がりますから

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がんの治療は
今後、大きく変わります


一つ、
とても注目される
治療方法が、

免疫治療と
癌血管を標的とした治療の
併用療法
です

具体的には
オプシーボの様な薬と
レンビマ、ネクサバールなどの薬の併用療法
です


オプシーボの様な薬は
抗PD-1抗体、
抗PD-L1抗体と言いまして、

いま、様々な癌の種類で効果が期待されている
癌を免疫で治療する薬剤
です

それら薬剤の単独の治療効果は
肝臓がんでは
癌を小さくさせる効果が20%程度

まずまず・・と言った治療効果です

これと、
レンビマやネクサバールなどの薬剤を組み合わせた治療が注目されていて、
その効果は50%を超える報告がされています


いまその臨床試験が行われている段階です

レンビマやネクサバールという薬は
癌の血管を抑えることから
血管新生阻害剤
と呼ばれます

癌の血管を抑える事が
免疫治療となぜ相性がいいのか・・・

まだまだ完全には解明されてはいませんが、
たくさんの研究がされています


例えば、
癌の血管を作る物質に
VEGF
というのがありますが、

スライド1

このVEGFは癌の血管だけでなく、
癌の免疫にも関わっているという報告があります


そして、レンビマなどの血管新生阻害剤が
VEGFをブロックしますと、

癌の免疫がしっかりと働くように変化するのです


まだまだ沢山の報告がありますが、
かなりマニアックなので割愛しますが、

よい組み合わせ治療が新たに出てくることは
癌治療に大きな変革をもたらしますので
とても良い事です

楽しみです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は朝から
とっても良い知らせが♪♪

私のスウェーデン留学中に
メインで行っていた研究が

ついに、国際雑誌に
アクセプトされました♪♪


2012年に
留学してからですので、
苦節6年・・・

だいぶ・・苦労しました

アクセプトされた雑誌などは、
公表がOKになったらお教えしますね


掲載される雑誌としても
一流、超一流と言える
雑誌なので、

苦労が実った・・
ほっとした気持ちでいっぱいです


はぁ、良かった
たまには良い事あるもんだ♪


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ