FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介は、、

子宮がんからの転移

九州他県からのご来院です

標準的な治療である全身化学療法は
全て行われましたが、
効果でなくなったということで、

前医では積極的な治療はもはやないと
言われてしまったようです

それで、岩本内科に来院されました

来院されたときは
肝臓の右側に
10cm弱の
黒い腫瘍が

スライド3


特殊型リザーバー
システムIを留置し

関係する腫瘍の動脈から
肝動注化学療法を行いました

数ヶ月の経過で、
みるみる癌は小さくなり、
今では、半分以下の腫瘍径に

スライド4


全身化学療法が効かなくても、
動注療法では効く場合があるのです

岩本内科に来院して下さって
本当に良かったと思います

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌カテーテル治療は、

肝臓がんだけでなく、
他の癌の
肝臓への転移
でも
行えます


全ての癌は
動脈から栄養され、大きくなってしまいますので、

その癌の動脈から
直接抗がん剤を流すのが
カテーテルを使った動注療法なのです


と言いましても、
多くの癌は
抗がん剤の全身点滴、内服が
標準治療ですので、

まずは点滴や内服などを行って頂き、
それでも効果が無い場合に、
当院で積極的に治療を行っています


肝臓がんは
とても動脈血流が豊富な癌として知られるのですが、

転移性肝がん(ほかの癌から肝臓に転移した状態)では
一般的には動脈の血流が乏しいと考えられる癌もあります


しかし、
岩本内科で行うアンギオCTで評価してみますと
案外、そういう癌でも動脈の血流がかなりある事が分かります


ですので、やっぱり全ての癌は動脈から栄養されるのだと実感します
つまり、動脈から抗がん剤を流す
カテーテルを使った動注療法であれば、癌に直接抗がん剤を投与する事ができるのです


乳がん、大腸がん、子宮がん、胃がん、食道がんなど
様々な癌が肝臓に転移した状態、転移性肝がんの治療が
岩本内科では行えます


もちろん、転移する状態ということは、
肝臓以外の臓器にも転移してくることもありますので、
全身化学療法とうまく組み合わせながら、
動注療法を行う場合もあります


治療でお困りの方がおられましたら、
岩本内科にお問い合わせください。


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、
転移性肝がん、腹膜播種を来した
子宮体がん
に対する

動注化学療法

この方は、
九州他県から来院された方ですが、

子宮体がんを患って、
ながく全身の抗癌剤を受けてこられました

ガイドラインで書かれている複数の抗癌剤が投与されましたが、
効かなくなったとのこと

積極的な治療はもうないということを言われたそうです


そこで、岩本内科を見つけて下さり
来院されました

癌は
肝臓の右上側、横隔膜への播種も伴います
また、骨盤内にも癌が播種しているようです


10cm大ののう胞状に大きくなった癌
一部、 血流を認める病変がありました
骨盤内も同じようにのう胞状に育った病変がいくつか見られます


スライド3

かかりつけでは、月に1度の
一つの抗癌剤治療が行われているので、

その合間に
岩本内科で
カテーテルを使った動注療法を行うこととしました


骨盤内の病変にも動注することを想定して、
特殊型リザーバー システムIを留置しました

さて、治療経過ですが、、、

これまで2回のカテーテル治療を行いましたが、

肝臓の病変は
半分くらいに縮小


スライド4

そして、
興味深いことに
骨盤内の病変も明らかに縮小しておりました

スライド5

子宮体がんの動注治療の経験は
まだそれほど多くないのですが、

やはり、、、
抗癌剤を直接、癌の動脈に流すという手法
動注療法は、期待できる治療なのだと実感します

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

大腸がん
日本の中で
男性では第3番目
女性では第2番目に多い癌
です

早期の段階で見つかれば、
大腸カメラを使って癌の粘膜切除が可能ですが、
進行していますと、
切除が必要となります

大腸がんで転移を起こす場合には、
一番最初に
リンパ節と
肝臓に転移が起こり得ます

これは、
大腸の血流が
肝臓に流れ込むからです

大腸がんで
切除が難しい進行した状態であると、
抗がん剤の全身投与である
全身化学療法
が一般的です

大腸がんにおける全身化学療法は
かなり進歩していて、
劇的に余命が近年、延びています

しかし、やはり、
全身化学療法が効かなくなってしまう症例もあり、

岩本内科では
そういう方々に、

積極的に
肝動注化学療法
を行っております

この方も
関東地方から来院された
進行大腸がんの肝転移の患者さま

これまで数々の全身化学療法を
受けてこられた方で、

いよいよ治療選択肢が無くなってきたとのことで、
当院に来院されました

肝臓の中は、
8cm大の腫瘍と多発する病変

スライド3

早速、カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を行いました

半年の経過で、
縮小傾向

スライド6

何も治療しなければ、半年の経過で
おそらく肝臓全体に癌は広がっていたと考えられます

通常、癌はどんどん大きくなっていくものですし、
この方の場合は、
全身化学療法が効かなくなった方ですので、

それを考慮しますと
よく効いてくれています


全身化学療法に比べて、
肝動注化学療法では、
直接、癌に抗がん剤を投与しますので、

高濃度の抗がん剤が作用する事ができます
多くの抗がん剤は、
濃度が高いと効果が高いので、
全身化学療法が効かなくても、
肝動注化学療法であれば効果が出る場合があるのです

標準的な治療は
全身化学療法ですので、
まずは全身化学療法から行われるべきです

大腸がんにおける
肝動注化学療法は
世間では、あまり好まれていない現状があるのですが、

肝動注化学療法も
捨てたもんではないと私は思っています

肝動注化学療法は
どうしても技術や経験が必要な治療なので、
なかなか標準化するのは難しいのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

朝から、土曜日の
岩本内科の外来診察してました

土曜日も患者さまが多くて、
バタバタです


去年から
岩本内科には
山口院長先生に加えて、
五十嵐副院長先生が診療してくれています

心臓、循環器が専門なのですが、
しっかりと見てくださるので、
評判なんです♪

ありがたい限りです


さて、
昨日も治療が6件
それも内容が濃くて
大変でした

昨日は、
私の治療を見てみたいということで、
医療に携わる会社の方が見学に来てくださいました


見学が来ても、来なくても
治療の質は全く変わりませんが


ちょっといいところ見せたい気持ちは
出てしまうので、
ちょっと疲れます (笑

--------------------------------------------------------------------
大腸がんの肝転移
ほかにも転移がある状態ですが、

まずは肝臓が命に関わりうる状態ですので
優先的に治療を開始しました

肝臓内に多発する転移性病変を認めます

スライド2
スライド3

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法
を行います

動脈が硬く、カテーテル留置がとても難しい方でしたが、
うまく、留置することができました

スライド4

見学者には
一連の治療の流れを見学してもらい
肝臓がんのカテーテル治療の実際を見ていただきました

癌を治療するということの大変さ、
治療を受ける患者さまの思いとか、
いろんな事を目の当たりにし、
何か意味のある見学になったらよかったなぁと思います


本当にとても熱心に
見学されていて、
そういう真摯な思いがあれば、
よい仕事ができると僕は思います


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。