FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

お盆なのですが・・・
今日は、
岩本内科でお仕事です 涙


それは、さておき・・・
本日ご紹介しますのは

胃がんが肝臓に転移してしまった状態の
患者さま


全身化学療法は
全て、効果なく、

明らかに腫瘍が増大傾向にあり
岩本内科に来院
されました

胃がんは
抗癌剤治療の一連の流れが
決まっていますので、

多くの場合は
全身抗癌剤治療が選ばれます

しかし、
この様に全身抗癌剤治療が
効果が無い場合で、

肝臓への転移が主体の時には
カテーテル治療も一つの選択肢では
ないかと私は思います



まずは、血管造影を行い
癌の状態をアンギオCTで評価します


スライド7

そして、
動注用カテーテルを留置、
大体1時間30分程度で
手技は終わりました


スライド8

それから、
動注化学療法を行います

癌の動脈に
持続的に抗癌剤を流す仕組みを作り、
繰り返し、投与します


ご本人も
全身の抗癌剤治療の時よりも
体が楽の様です、

継続的に治療を行い
効果を狙います


さて、
今日は・・・

岩本内科での諸仕事が終わったら、、
家族サービス
です

動物の触れ合い展
どうやら近くに来ているらしく・・・

そういうの、、子供が
と言うか、私も好きなので (笑)

行こうかな ♪

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

大腸がんは
肝臓にもっとも転移しやすい癌です


これは、
大腸の静脈が
肝臓に流れ込んでいて、

大腸にあった癌が
大腸の静脈に入り込むと
流れに沿って、
肝臓に行き着くからです


大腸がんの抗癌剤治療は
ずいぶん進歩して、
種類も豊富
です

ですので、
私、2代目ガンちゃん先生

大腸がんの肝転移には
全身化学療法を行ったほうが良いと思っています


ですが、
全身化学療法が効かなくなった
もしくは、
副作用で継続出来なかった

そんな場合には、

カテーテルを使った
動注化学療法を行います


たとえば、
本日ご紹介しますのも

大腸がん肝転移
複数の全身化学療法で
効かなくなった かつ
副作用が強く出てしまった方
です

2年前
最初に来院され、

スライド2

肝動注化学療法を行い
副作用少なく、
しっかりと効果が出たため、

追加の切除が行えました


こういう治療戦略を
Conversion therapy (コンバージョン)と呼びます

追加の治療で癌ゼロを目指す治療戦略です


手術もうまくいき、
癌ゼロの状態でありましたが、

今回新たに再発したという事で
2年ぶりに
治療を行うことになりました


スライド4

速やかに
カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を開始

効果を期待します


肝動注化学療法の場合は、
全身の抗癌剤治療と違って、
カテーテル留置から
どの様に治療するかという工夫が
非常に治療結果に影響します


簡単にはいかないのです
でも、ガンばります!


今日は、
私の母校の小学校で

お医者さんってなーに?を
話すために
呼ばれましたので、
話して来ます!


span style="color:#0066ff">◆ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介しますのは、

腹膜播種に対する動注療法

腹膜播種とは、
癌が転移するなかで

お腹の内側の膜に
癌が飛んでしまった状態
です

通常、腹膜播種に対しては

スライド3

全身の抗癌剤治療か
抗癌剤の腹膜投与です

岩本内科では
この様な播種に対して
動注療法を行う事があります

癌はどこからか必ず動脈の血液を
栄養として確保しています


ですので、癌の動脈さえ見つける事が
できれば、
その動脈に抗癌剤を直接流し込むことができるはずなのです


腹膜播種の動脈はその場所場所で
それぞれ変わりますが、

今回は
骨盤の中に入る
動脈が癌の動脈に関与している事が分かりました


スライド2


なので、その動脈から
持続的に抗癌剤を流して
抗腫瘍効果を狙います

少しでも小さくなってくれることを
期待して治療を


あきらめない!
その一心です


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

様々な癌がありますが、
もっとも予後が悪い癌として知られるのが

膵臓癌
です

5年生存率は10%にも満たず、
現代の難治ガンです


これまでは
ゲムシタビンや
S-1
という薬剤が主流でしたが、

ここ数年で、
アブラキサン、
FOLFILINOXという複数の抗癌剤を使った治療

有効な治療手段となってきました

とは言え、
まだまだ他の癌に比べると
治療手段も治療効果も乏しいのです

この患者さまも、
全ての全身の抗癌剤投与が行われ
もはや治療選択が無くなってしまった方です

2

岩本内科に来院され、
画像評価を行い、
膵臓癌の中では比較的
動脈血流が豊富な癌である事から、

ご本人とよく相談をし、
治療をしない選択肢も充分説明した上で
カテーテルを用いた加療を行うこととしました

1

血流豊富な癌は保険的にも
幾つかの薬剤を使える様になっています

・・
さて、今日もたくさんの治療が
待っています

なんか、もっと
ガンばらねば・・と思う
今日この頃です


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

急に寒くなりました
みなさま、体調は崩れていませんか?

このくらいの気温になると
インフルエンザが増えてきますので
ご注意を


本日、ご紹介しますのは

乳がんの患者さま

肝臓に多発する状態で
全身の抗癌剤も効果なく
前医でもう治療ができないと言われた方
です

岩本内科に来られたときには
癌の影響で
肝硬変になり
腹水が溜まってしまった状態でした

肝不全の徴候が出ていて
非常に厳しい状態
と言えます

2


現状を細かく説明し、
厳しい戦いであることも
ご本人も十分理解した上で、

カテーテルを留置し
肝動注化学療法
を開始しました

1

治療して半年ほどになりますが・・・・・

腹水はほぼ消失、
癌も先日PET検査まで行いましたが、
ありません!!


3


乳がんに対する動注療法は
ガイドライン上は推奨できないとなっていますが、

動注療法には
経験値、技術力が必要なので
誰が治療するかによって
結果が大きく異なるのです


何にせよ、
患者さまの笑顔は
素晴らしい!!

こういう方を一人でも多く
そう思うのです・・・


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ