fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

まずは岩本内科のゴールデンウィークのお知らせです

5月1日から5月5日まで
お休みを頂いております
6日金曜日から診療再開ですのでご注意ください

よろしくお願いします

今年、9月に
全国規模の研究会を開催する事を以前お知らせしました

岩本内科で行っているカテーテルを使った癌治療に関する全国のプロフェッショナルが集う研究会
リザーバー&ポート研究会  9月23日から24日で開催されます

この準備に追われています


プログラム作り
演題募集
協賛の依頼
どれも初めての事なので、非常にプレッシャーが大きいです


ですが、プログラムも段々と出来上がってきていますが、
なかなか楽しみな内容になってきました

一般的には研究会というと、
研究した内容を話すのが目的ですが、
今回の研究会では、
師匠が弟子に伝えたい事・・とか、
岩本内科で行っているようなカテーテル治療
New FP療法やシステムIという特殊治療
これをもう少し深く知ろうとか


マニアックな内容ですが、なかなか面白い企画になると思います
一般の方でも参加は問題ありませんので、興味ある方は
ぜひ、ご参加ください

企業の方でリザーバー&ポート研究会の協賛を頂ける方がおられたら
それも、ご連絡ください


さて、
本日、ご紹介しますのは、

特殊な癌というか肉腫と呼ばれる悪性腫瘍の
動注療法です

脂肪肉腫と呼ばれる悪性の腫瘍で、
肝臓内に転移してしまいました


全身の抗がん剤治療が継続できず、
岩本内科にご相談に来られました

カテーテル留置を行い、肝動注化学療法を開始
3ヶ月程度経過
したところです

画像の様に、
明らかに縮小傾向にある
のが分かります

脂肪肉腫

肉腫系の悪性腫瘍は、
全身の抗がん剤治療も効きにくく、
非常に治療が困難です

ご高齢の方ですが、
全身化学療法と比べても、ほとんど副作用なく
治療を受けて頂けているので、
安心して継続治療ができます


この様な方の治療を行うと、
やはり、カテーテルを使った癌治療の可能性を
強く感じます


この患者さまの主治医の先生も驚かれていた様です

全身の抗癌剤が効かない、
副作用で続けられない
その様な方でも、あきらめずに
1人でも多く、救う機会が貰えれば
そう思います

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

2022年、もう戦いは
始まっています

進行がん治療は
待ったなしです


この方は、
大腸がん肝転移

大腸がんは
最初に転移を起こす臓器は
肝臓の事が多いです

切除ができない大腸がんは
全身の抗がん剤治療を行います

大腸がんの全身の抗がん剤治療は
1番目から4番目まで
ある程度、どうするべきか
治療のガイドラインで決められています

かなり全身の抗がん剤治療が発達している癌であると言えます

岩本内科では、
全身の抗がん剤が効かなくなった場合や、
副作用などで全身の抗がん剤治療が行えなくなった場合に、

カテーテルを留置して、
大腸がんの肝転移に対して
肝動注化学療法を行います


肝動注化学療法では、
癌を栄養する動脈から直接抗がん剤を
持続投与しますので、

少量でも効率よく、副作用少なく
薬剤を流す事ができます

この方は、
肝臓全体にかなりの量の癌が広がってしまっていましたので、
緊急的に、治療を開始しました

おじょj

1月も既に
たくさんの治療予定が詰まっています

今日も7件・・
さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、朝から
岩本内科で、大腸検査を受けておりました

体調が悪いということではなくて、
体のメンテナンスとしての検査です

大腸検査は前処置から
検査まで、大変ですね

岩本内科で検査してくれる先生は、
上手な先生なので、痛くなりすぎず
検査を受けられました


という事で、検査後、ぐったりしている
今です (笑

さて、
本日ご紹介は、
現代の難治がんの
代表、膵がんの肝転移


全身抗癌剤治療が効果乏しく、
関西地方から
岩本内科に来院されました

カテーテル留置を行い、
肝動注化学療法
を行います

スライド2

膵がんは、抗癌剤耐性が非常に強いので、
高濃度の抗がん剤動注でもなかなか制御が難しい癌です

ですが、
この方の場合は、

スライド3

まだ数回のご入院ですが、
明らかに縮小してくれています


ガッツポーズです!

1人でも多く、こういう経過が得られる人を
増やしたい
そう思いますね

検査もOKだったので、
これからも
ますますガンばれそうです

さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌は進行する
様々な臓器へ転移してしまいます

岩本内科では
肝臓から発生する肝臓がん以外でも
肝臓へ転移した状態の転移性肝がんに対しても
カテーテル治療を行います


多くの場合は、
全身の抗がん剤治療が効かなくなった状態に加えて、
肝臓の転移病変が今後の大きな問題になりそうな場合に
カテーテル治療を行っています


たとえば、この方、
乳がんの肝転移を患っておられる患者さまです

この方も様々な抗がん剤治療を受けてこられましたが、
効かなくなったという事で、岩本内科に来院

スライド3

上の画像の様に肝転移は20個近くの多発した状態でしたので、
このまま大きくなってくると肝不全のリスクが高まります

ですので、カテーテル留置を行い
肝動注化学療法と
門脈動脈同時塞栓療法
を行いました

治療によって肝転移がある程度制御出来ましたので、
ご本人の希望もあって、再度、全身の抗がん剤治療に移行

全身の抗がん剤もある程度効果が出たのですが、
また徐々に効かなくなってきたという事で
再度、岩本内科にご来院して下さいました


スライド4

経過では、
前の治療からするとすでに3年以上経過しています


私自身もカテーテル治療だけで、全てがうまくいくとは
思っておりません
そんなに進行がんは甘くない

いろんな事を考えながら、
いろんな手段で治療して、
その中の一つにカテーテル治療があるのです

この方も、癌治療を受けながらも、
いつも前向きに、過ごしておられる方です

そういう姿は本当に素晴らしいのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

全てのがんは動脈で栄養され
大きくなります


岩本内科ではカテーテルという技術を使って、
癌の動脈に
抗がん剤や塞栓物質を投与する治療を行っています


この患者さまは、

進行大腸がんの患者さまですが、

色々な全身抗癌剤治療が効かなくなり、
他の手段がなく、
岩本内科に来られました


肝臓への転移と
骨盤内の腹膜播種
そして、お臍周辺の播種病変
があります

スライド2

播種も転移の一つです

特殊型リザーバーのシステムIというカテーテルを留置して、
肝転移は
へパスフィアという抗がん剤を含ませた塞栓物質
で治療し、

骨盤内の腹膜播種は
内腸骨動脈という動脈から栄養され、

お臍の播種病変は
下腹壁動脈という動脈から栄養されている事が分かったので、
これらに動注化学療法を行います


スライド4

この患者さまの場合、
岩本内科にきて、治療を受けられることで

前向きな気持ちになり、
笑顔が増えました


それって、とっても重要なことなのです
そういう気持ちの変化は
治療効果に繋がります


標準治療が無くなったら
治療が終わりではないのです


1人でも多くに
そういう医療を届けたい
そう思います

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。