ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

こんにちは!
2代目ガンちゃん先生です

昨日の息子の幼稚園の運動会
とても感動しました

1,2、、1,2と掛け声をかけて
園児みんなで一つの事をしている姿に
涙が出そうでした


そうです。親バカです・・(笑)
それにしても
10月なのに・・暑すぎる
もうグッタリしてしまう程の暑さでした


さてさて、
本日のご紹介は

大腸がんの肝転移

まだ30歳~40歳代で
大腸がんを患う事になってしまった患者さまです

大腸がんは
少ない頻度で30歳代から発症する方がおられます


35歳、40歳の節目で
一度は大腸カメラを受けるのもよいと
私は思っています


この方の場合は、
大腸のがんは切除され
その後、肝転移

いくつかの全身化学療法が行われましたが、
強い副作用のため
継続断念


もう先が無いと
自暴自棄になっておられました


やり取りを何度かして・・・
ご家族の力で
なんとか岩本内科に来てくれました

来られた時は
肝臓のS7とS1
二か所に3cm大の再発大腸がん


カテーテルを留置し、
肝動注化学療法と
血管塞栓術を継続しました



全身化学療法では副作用が強く続けられませんでしたが、
肝動注化学療法では
少しの痛みはありましたが、その他の副作用は全くなく
治療が完遂できました


そして、
小さくなったところで、
外科切除を受けて頂き・・・

hada

手術後2ヶ月の外来に来て下さいましたが、
再発無し
癌はゼロです


大腸がんの治療戦略では
Conversion therapy
と言って

抗癌剤治療などを使って
癌を小さくした後に、
切除し癌をゼロにする


治療戦略があります

癌を小さくするには、
奏効性が高い(小さくする力が強い)治療
が向いています

抗癌剤を集中的に高濃度で流す動注化学療法は
全身化学療法と比べて奏功性が高いとする報告が多く、

Conversion therapyには向いているはずなのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

さて、
もう6月・・

今日ご紹介しますのは、
4月の記事でご紹介した

大腸癌肝転移
↑クリックで前記事に飛びます
大腸がん肝転移の治療経過です

全身の抗癌剤で強い副作用が出てしまい、
気力も
治療意欲も無くなってしまったところで

岩本内科に辿りついて下さいました

肝臓内に2箇所
3cmを超える転移があって

肝動注化学療法と塞栓術を行い
加療しています


約3ヶ月の経過ですが・・・

daityou kan meta

今回の評価では
二個の癌は
どちらも
1cm程度まで縮小!

良い効果が出ています

動注化学療法では
癌の動脈めがけて直接抗癌剤を投与しますので
高濃度の抗癌剤を
集中的に投与する事ができます

加えて、全身の副作用は少ない事が多いのです


これだけ癌が小さくなれば、
追加の根治治療も考えられます


この方の場合、
とても若くして進行癌になられてしまったので、
自暴自棄になられたこともあったのですが、

こうして、岩本内科にたどり着いて下さったことで、
前を向けた”

それが一番うれしいのです


さぁ、
今週もガンばりますか

よい医療を広めたい!
今日は朝からモーニングレクチャーなので、
気合い入れてます


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を

 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介しますのは

大腸癌の肝転移

大腸癌は
血流が少ない癌”として知られますが
アンギオCTを撮ってみると

Angio CT

意外と
肝動脈造影で白く染まるのです
つまり動脈血流が豊富なのです


この患者様は
中国地方から来院の方で

抗癌剤の全身投与を
行ってきましたが、
副作用が強く出たため継続できませんでした


画像評価をしてみますと

DSA

S7とS1と呼ばれる部位に
肝臓内の転移病変を認めました

カテーテルを挿入して、肝動注化学療法を行います

治療後留置



大腸がん肝転移に対する肝動注化学療法は
標準治療ではありません


しかし、非常に効果を発揮する場合もあるのも
事実です

加えて、
肝動注化学療法を始めたのですが、
副作用の無さに
驚かれています


大腸癌肝転移は
今後の大きな課題です
肝動注化学療法も
一つの重要な治療手段となり得るはずです


やらねばならない事が沢山です
気合いを入れて、
一日一日

・・さて、
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介するのは
胆嚢がんの患者様
関東地方からご来院

tannou gan

前医では
全身の抗癌剤治療を行っていましたが、
強い感染症などが併発したために継続できず、
もう治療が出来ませんと言われ、


岩本内科へ来院されました

胆嚢がんを始め、
胆管がんなど胆道がんと呼ばれる癌
膵臓がんに並ぶ
治療が難しく、予後不良の癌の一つです


多くの癌は
男性の方が罹りやすいのですが、
この胆嚢がんは
なぜか女性の方が罹りやすいという特徴があります


胆嚢がんの方の50-60%に胆石を合併する
また、胆管と膵管の形に
生まれ持って異常がある方がなりやすいという事も言われています


さて、治療ですが

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法で戦います


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日も4例
アンギオ治療ガンばりました

・・というか、
最後の4例目が
本当に大変で


肝動注化学療法のための
カテーテル留置でしたが、

これまでいっぱいアンギオしてきましたが、
今回は本当に留置できないかもと思わせられる治療でした


何度かあきらめそうになったのですが、
スタッフがあきらめずに支えてくれたので、
なんとかカテーテル留置することができたのです


いやはや、難しかった

血管がいままで見たことない形をしているのに加えて
ご高齢のため、動脈がカチコチ

CA

留置カテーテルがうまく入らないし、
安定しない


色々なやり方を試して、
最終的には
いつものカテーテルを使わない事で
なんとか留置が出来ました


PU 投げ込み

ホッとしたのと同時
ドッと疲れました


疲れついでに、夜は
この前のマラソンの打ち上げでしたので、
みんなと楽しい時間を過ごしました♪♪

今の岩本内科の強さを感じました!

今日は土曜日外来です
本日もガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ