fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は、祝日でしたが、
岩本内科の当直だったので、
5月からくる発表、講演ラッシュの
スライド準備をしていました

発表用のスライドを作るのも
けっこうプレッシャーが大きくて
神経を使います

せっかくの機会を頂いて
聞いて下さる方々の時間を使って
発表をするので、
少しでも為になる発表にしたいのです


昨日は、はかどったので満足です

さて、本日ご紹介は
癌というか肉腫へのカテーテル治療

癌と肉腫とは同じように悪性の腫瘍なのですが、
由来が異なります
癌は上皮性、肉腫は非上皮性由来です
癌と名前は異なりますが
癌と同様の性質を持ちます


無限に増え、どこにでも浸潤し、転移します
肉腫の場合、悪性度が高く
使える抗癌剤も少ないので、治療困難に陥りやすい問題があります


今回のご紹介は
脂肪由来の肉腫
脂肪肉腫です


この方は、
4年前に、脂肪肉腫が見つかり
手術が行われました

その後、すぐに肝転移の再発を来たし、
ご高齢かつ全身状態もあまり良くないため
全身の抗がん剤治療は行わない方針となりました

ですが、ご家族がまだできる治療があるのではないかという事で
岩本内科を探され、
2年強前に、初めてご来院されました

スライド4

来院時の単純CTですが、
肝臓内に二カ所
一つは4 cm大、もう一つは2 cm大の
転移病変を認めます


カテーテル留置を行い
動注化学療法
を開始

3ヶ月の経過で明らかに縮小

スライド6

その後、月に一度程度
継続し、
現在に至ります

4 cmの腫瘍は1 cm強
もう一つの腫瘍は数ミリまで縮小


スライド15

PET検査ではもう光っていないので
もしかしたら壊死している状態かもしれません


現在は、
従来の動注用カテーテルでは無く
新しい動注用カテーテルであるReMAPを入れて
1から1.5ヶ月に一度4-5日入院して
治療を継続しています


スライド13

大切なことは、治療中一度も
この動注治療で
吐き気、倦怠感など含めて副作用を起こすことなく
元気にお過ごしいただけていることです


いろいろな癌、肉腫に
このカテーテル治療は有効なのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科では
がんカテーテル治療を
肝臓がんだけでなく、
ほかのがんが転移した状態にも行います

大腸がん
乳がん
子宮がん
肺がん


肝臓への転移に対してがんカテーテル治療を行いやすいですが、
ほかの転移場所でも、動脈がしっかり見つかれば
治療は可能です

肝臓がん以外のがんで
進行した場合には
通常、全身の抗がん剤治療が使われますので

それらの標準的な治療が難しくなった場合や、
何らかの理由で全身の抗がん剤治療が行えない場合を
中心に、岩本内科でがんカテーテル治療を行います


この方もそういう方です

前医で、大腸がんを診断
進行した状態で全身の抗がん剤治療が行われていました


この方の場合は、ご高齢であること
ご家庭の事情で介護などがあることで
それほど強い抗がん剤治療は受けたくない、受けられないということで
前医で、数種類の抗がん剤治療が行われてきました

それでも、身体がへばってきたのと
がんが明らかに大きくなってきたことから、
もう続けられないかなと思っていたところで


岩本内科のことをご家族が見つけ
セカンドオピニオン外来
を受診されました

たしかに、最初に来院されたときは、
治療疲れ、介護疲れがうかがえる様子
でした

丁寧に説明し、カテーテルを留置し、
動注化学療法を行うことに承諾を得ました

がんは、肝臓全体に拡がる進行した状態です
一番大きいのは8cm程度あります
数は5個以上です


スライド3

血管造影を行い
カテーテル留置を行います

スライド2

適切に肝臓全体に
薬剤が流れるように工夫をします

スライド9

動注化学療法は
2-3週に一度、2日程度入院していただいて
繰り返し行います

治療経過です
まだ初めて数ヶ月ですが、
明らかに、がんは縮小傾向にあります


スライド14

副作用も、これまでの全身抗がん剤治療と比べて
ほとんど何もありません

ご家族も本人が治療に専念できるように
より助けてくれるようになったので、

最初に来院されたときと比べて、
別人のように活き活きされるようになりました


こういう変化をみると、
心から嬉しくなります

がんカテーテル治療、良い治療です


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨夜は、
北九州の
肝臓がん治療をされている先生方向けの講演会がありまして、
特別講演
としてお話をさせていただきました

岩本内科のスタッフや
山口院長先生も
聞いてくれて、

いつもの講演より
ずっと心強かったです


さて、本日ご紹介させていただくのは
多発する大腸がんの肝臓への転移をきたした患者さま

スライド3

肺にも小さな転移がありますが、
肝臓の病変が進行する事で命に関わる可能性があるということで、
岩本内科に来られました

岩本内科では、原則的には
肝臓から出てくる肝細胞がん以外の
どこかの癌が肝臓に転移した状態 転移性肝がんには、

全身の抗がん剤治療が効かなくなった場合に、
カテーテルを使った動注療法を行っております


原則的にと書いたのは、
その他の場合でも、
たとえば、全身の抗がん剤治療の副作用で治療が続けられない場合、
ご高齢などで全身の抗がん剤治療が難しい場合、
ご本人が希望される場合にも
カテーテル治療を行います


血管造影を行い、まず肝臓の動脈を評価します

スライド2

肝臓の動脈と言っても
実は、肝臓の動脈に行き着くまでに
脾臓の動脈、
胃の動脈が何本も
十二指腸の動脈
すい臓の動脈など
様々な動脈が分岐しています

それらの動脈には抗がん剤が流れてしまわない様に
言い換えると、癌がある肝臓だけに薬が届くように
まず、カテーテルを留置します

これが、なかなか難しい

たとえば、この方の場合は、

肝臓だけに薬を流すために

胃の動脈を2本、処理する必要がありました


スライド4
スライド5

処理とは、柔らかい金属で、
処理すべき動脈に血液が流れないように
通せんぼしてしまいます

コイリングという処置の名前がついています

そして、適切に肝臓だけに薬が流れるように
カテーテルを留置しました

留置の仕方にも
投げ込み法、GDAコイル法、コアキシャル法など
様々な方法がありますので、
患者さまの動脈、癌の状態に最もよい条件の留置を行います

スライド9

この方は、全肝分布型の右肝動脈投げ込み法が適切と判断しました

安全に薬を流すための準備が
とても大切なのです


これがうまくいかないと治療が継続できず
治療効果まで行き着きません

日本全体でみましても
適切にカテーテルを留置して、動注化学療法を行うことができるドクターの数も
かなり減ってきているのではないかと思います

15年くらい前までは、このカテーテルを使った動注療法は進行した状態のがんにはよく使われる治療方法だったのですが、
全身の抗がん剤治療の進歩とともに、治療件数が減少しました
治療件数が減少すると、できるドクターも減ってしまいます


全身の抗がん剤が進歩したということは、
実は、動注化学療法も進歩することが可能だと私は思っています


癌を栄養する動脈から直接、薬剤を流すことができる
カテーテルを使った動注療法では、
より集中して、抗がん剤を癌に届ける事ができるのです


全身の抗がん剤が効かないという状態でも、
動注療法なら効いてくれた患者さま方をたくさん見ているのです


この患者さまは
最近、落ち込んでいて、元気が出なかったのが、

岩本内科でカテーテル治療を受けていると
なんだか元気がみなぎってきたと興奮気味にお話をしておりました


そういう治療があることを
もっと発信していかないといけません

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今朝は寒い・・・
九州も雪が少し積もっています

これだけ寒くなると、
インフルエンザ、風邪、また一段と増えそうで
心配です

最近、インフルエンザからの肺炎、
そして、コロナからの肺炎、増えているように感じます

救急病院の受け入れが滞っているようで、
中等症以上の肺炎でも、受け入れ先が見つからないケースが
多く見られます

みなさまも風邪、肺炎、ならないように
予防のマスク、手洗い、うがい、徹底してくださいね


さて、
本日は、希望を感じるお話

すい臓がん
現代の難治がん
です

様々な癌の5年生存率は
医学の進歩で改善してきましたが、
すい臓がんだけは、その改善はとても緩やかで
まだまだ非常に厳しいものです


見つけにくいのもありますし、
手術が非常に難しいのもあります


加えて、抗癌剤治療がなかなか効きにくいというのも
難治癌である所以の一つです

本日、ご紹介は、
岩本内科で治療を行っている
すい臓がんの患者さま


ガンが見つかったときには、
すい臓だけでなく、肝臓にも転移している状態でしたので、
すい臓の手術も行えず、
前医で全身の抗癌剤治療となったようですが、
副作用が強く、継続不能となってしまいました


スライド3

すい臓がんの抗癌剤治療は、非常にパワフルな抗癌剤の種類(レジメ)も多く、
副作用と戦いながら治療を続けるケースも少なくなく、
副作用で続けられなくなることもあります

この方も、それで、いまから7ヶ月ほど前に岩本内科に来られました

カテーテルを留置
今回は、肝臓だけでなく、
すい臓の癌にも薬を分布させる必要がありますので、
すい臓の動脈にも薬剤が流れる位置で
カテーテルを留置
しました

スライド4

ちゃんと薬が分布するかはアンギオCTがあるので、
すぐに確認ができます

まず、これまですい臓がんに最初に使用していた抗癌剤のレジメ(種類)を
動注療法として投与を開始


その3か月後の評価・・
残念ながら、大きくなっていて、
あまり効いてない印象


スライド5

すい臓がんは、非常に厳しい戦いで、
今回、新しい次のレジメに挑戦してみました


それから3ヶ月経過

変化が現れました
数百万あった腫瘍マーカー(CA19-9)が
数十万まで低下

・・まだ高いですが・・

造影CTを撮影すると、

スライド6

肝転移、明らかに縮小

そして、すい臓にある原発の癌も明らかに縮小


経過の画像が下です

スライド7


何より、患者さまが
副作用も無く、とっても元気

今は、旅行に行くのが楽しみだそうです


本当に、このレジメが安定的に効果が出るのか
これは、治療経験を蓄積していかないと分かりません
が、

少なくとも、この患者さまに効いてくれた
それだけで、まずは非常に嬉しいことなのです

全身の抗癌剤治療は副作用で続けられないということを考えると、
岩本内科に来てもらって、動注療法を行えた意味はとても大きいものなのです

すい臓がんともしっかりと戦えるようになれば、救える方々が絶対に増えます!

全身の抗癌剤治療が進歩する中で、動注療法も進化していかねばなりません

今日も、治療です
一つ一つの治療を大切に
本日もガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、大腸がんの肝転移に対する治療のお話

岩本内科では、
大腸がんなどの肝臓がん以外のがんに対しても
カテーテルを使って動注化学療法を行う場合があります


一番治療しやすいのは、
肝臓へ転移した転移性肝がんです

ですが、他にも骨盤や骨盤内の臓器、肺などにも行えます

どのような場合かと言いますと、
全身の抗癌剤治療が効かなくなった場合、
副作用で継続が不能になった場合、
ご高齢など、何らかの理由で全身抗癌剤治療が行えなかった場合


そのような場合には、全身抗癌剤治療から移行して
動注化学療法を行います

たとえば、
この患者さま、
福岡の南の方から来られている
大腸がんの肝転移の患者さまです

80歳を超えるご高齢の方です
前医では、ご高齢で全身の抗癌剤はきつかろうということで治療はしないことを選択されました


2年ほど前にご来院

カテーテルを留置し肝動注化学療法を開始
時折、肝動脈化学塞栓術を行います

スライド2
スライド3

1年以上継続し、うまく制御されているので、
癌ゼロを目指して、
陽子線治療をお願いし、

今回、追加のカテーテル治療を行いました

スライド4
スライド5

重要なのは、
治療効果もですが、、
2年の間で、動注化学療法中に
体のだるさ、嘔気など通常の抗癌剤治療で見られるような
副作用はほとんどなく、
とっても元気に過ごすことができていることです


全身の抗癌剤は静脈から薬剤を投与しますが、
全身をめぐってから、癌に届きます

抗癌剤は血液の中に入ると、どんどん効果が落ちていくものが多いので、
入れた瞬間が最も有効なのですが、
全身をめぐってから、癌に届くとなると
なかなか有効な濃度を保てません


ですので、副作用に耐えられる程度で出来る限り多く投与し、
抗癌剤濃度を保つのです

もちろん、それでも上手に管理すれば、継続的に治療は行えますし、
それで効果が確認されている事なので
推奨される治療となっている訳です

一方で、カテーテルを使った動注化学療法
これは、癌に血液を届ける動脈の間近まで
カテーテルを挿入します

つまり、抗癌剤を投与し最初に出会うのが癌な訳です

Drug delivery:薬剤運搬として、カテーテルを使っているのです


少ない量で、一定の高い濃度で癌に抗癌剤を暴露させることができます

ですので、岩本内科で
全身の抗癌剤治療が効かなくなったはずなのに
同じ薬剤でも動注化学療法が効く場合が多く見られます


それは薬の届け方が違うからだと私は思っています

全身の抗癌剤治療が効かなくなっても、
一度は考えても良い動注化学療法と思います

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。