FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

最近の岩本内科での
進行がんへのカテーテル治療の傾向は、

転移性肝がんの治療が増加している傾向があります

肝臓がんは、日本全体で減少傾向にあることと、
新しいテセントリク+アバスチン治療が登場し、
一定数、それらの治療に流れているかと思います

一方で、大腸がんや子宮系のがん、乳がんなどが
肝臓に転移した状態、転移性肝がんの問い合わせが
多いです


全身の抗がん剤治療が効かなくなってくるケースが
多く、そういう場合に、
問い合わせを頂いています

私の考えとしては、
まずは当然のことながら、
標準治療である全身の抗がん剤を行うべきと思っております

その中で、それらが効かなくなったり、
肝臓の病変をどうにかしないと命に関わりそうという場合には、
積極的にカテーテル治療も検討して良いのではないかと考えています


たとえば、
この方、前医で複数の全身の抗がん剤治療を
受けてこられた大腸がんの患者さま


副作用が出てきたことと
効かなくなってきたことから、
岩本内科にセカンドオピニオンで受診されました

スライド7

画像では肝臓の左葉に4cm大の病変を認めます
ほかにも肝臓内転移があります

そこで、カテーテル留置を行い、
肝動注化学療法
を行います

カテーテルを使って、抗癌剤を直接、癌が存在する
肝臓に投与する治療方法です

効果が得られ、
縮小傾向にあります。


スライド9

今回、より安定的に薬が投与できるように
カテーテルを入れなおして、
今後も治療継続をしていきます

スライド11

このように、全身の抗がん剤治療が効かなくなったケースにも
動注は効果が出ることをよく経験するのです

副作用も少なく、
この方もお仕事をつづけながら、治療を受けて頂いております


動注用のカテーテルを挿入したり、
治療を続けられるように管理していくのが手間なのですが、
それらは、経験がものを言います


さて、今日は、
土曜日の通常外来です
バタバタ、大忙しです

本日も、さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科には
全国から
セカンドオピニオン外来の依頼
が来ます

セカンドオピニオン外来で良くある事が・・・

今日の岩本内科の
セカンドオピニオンの外来に来られた患者さまも、

かかりつけの主治医の先生に
セカンドオピニオン外来の依頼をしたところ、
そんなところに行くなと・・
不快そうな顔をされたそうで・・・


残念ながら、そんな話をよく聞きます・・

患者さんは不安でいっぱいなのです
セカンドオピニオンを受ける事で
少しでも不安が軽減するなら、それで良いじゃないですか

・・・と私は思います

プライドが高いのか・・
そういうお医者さんが多すぎる
と、今日も思いました


さて、
本日のご紹介は、

膵臓がんの肝転移の患者さま
関西地方から岩本内科にご来院です

スライド3

膵臓がんは現代の難治癌の代表です
全身抗癌剤の効果が乏しく、
今回、当院での治療となりました


スライド2
スライド4


カテーテルを留置し、
肝動注化学療法
を開始します

高濃度の抗がん剤を
癌局所に集中的に届けます


膵臓がんは抗がん剤に対する耐性が非常に高く、
治療に難渋します
治療反応をみながら、効果に乏しい場合は、
薬剤変更を速やかにおこなっていきます

このような
転移性肝がんの場合は、
できれば、全身の抗がん剤治療と組み合わせながら
治療を行っていった方が良いと
考えています


このような厳しい癌の場合は、
絶対にあきらめないと、覚悟を決めて、
治療に挑みます
ガンばらねば・・



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

最近は、
肝臓から発生した肝臓がんだけでなく、
様々な癌の転移を
カテーテルで治療するようになってきています

基本的には、
全身の抗がん剤が効かなくなり
岩本内科に相談に来られた方々に
カテーテル治療
を提供していますが、

かなり厳しい条件での戦いではありますが、
中には、劇的に効果がでる症例も少なくなく、
癌治療におけるカテーテル治療の重要性

さらに、感じる今日この頃です

なんどか、ご紹介したことがある患者さまですが、

婦人科系のがんで、
複数の全身抗がん剤治療が効かなくなり
九州他県から岩本内科に来院された
患者さまです


去年になりますが、
治療開始時は、

肝臓内に8cm大の転移
副腎の転移
骨盤内に播種
を認めておりました

特殊型留置カテーテルを使い、
それぞれの病変に動注化学療法と
可能な場所には動脈化学塞栓術を
繰り返し行ってきました


今では、、
肝臓内の病変は消え、
副腎の病変も小さく、
骨盤内の播種病変もほとんど見えなくなる程度まで小さくなってしまいました


スライド2
スライド3

もちろん、全ての方でこういう結果が得られるわけではありませんが

全身の抗がん剤が効かなくなると
通常であれば、もう治療選択はありません
そう考えると、
本当に、岩本内科を訪ねてきてくださって、
良かったと思うのです


カテーテル治療を行う事は
治療する側としては、本当に大変なのですが、
こういう治療効果を見ると
ガンばった甲斐があるなと思うのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は、スーパーで
菜の花を買ってきて、
素揚げにして食べました

写真映えはしない感じだったので、
写真は撮ってません (笑

ちょっと苦みがありますが、
それもまた、美味しかったです


その時々の季節のものを食べると
元気が出ます


今日、ご紹介させていただくのは

乳がんの肝転移の患者さま

幾つかの
全身化学療法が効かなくなってしまい、
岩本内科にセカンドオピニオンで来てくださった方です

肝臓内には
多発する黒い影を認めます

スライド4

これらが肝転移です

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を開始

まだ数回の動注ですが、

明らかに小さくなってます
スライド6


このまま、押せば肝臓の病変は制御できそうです

他の転移部位があるので、
それらの病変への動注も検討していきます

癌に対するカテーテルを使った動注療法は、
一般のドクターには理解されない事が多いのですが、

実際にやってみると、
確実に効果が出る症例を数多く経験します
1人でも多く、提供できるように
これからもガンばらねばと・・・


さて、今週も
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介するのは、
転移性肝がんの患者さま

大腸がん肝転移
です

全身の抗がん剤治療が確立している
大腸がんの場合は、
まず全身抗がん剤治療を導入してもらっていますが、

それらの効果が出なくなった場合に
岩本内科では積極的に動注療法を行っております。


この方も、
全身の抗がん剤治療が効かなくなったため、

岩本内科を訪ねてこられた
大腸がんの肝転移の方です


治療前、多発する
肝転移を肝臓内にたくさん認めます


スライド3

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を開始


今回は、
外来で動注療法を行っておりますが、

CTで確認してみますと
明らかに縮小が見られています
スライド5



全身の抗がん剤治療ほどの抗がん剤量の
投与は行っていませんので、
副作用もなく、
お過ごし頂けています

全身の抗がん剤治療が効かなくなって
不安でいっぱいな表情で
最初に岩本内科に来られ、

治療を行う事で、
表情が変わってくるのが
手に取るように分かります


それは、
治療させていただく側としては、
本当に嬉しい事なのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。