ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

初代ガンちゃん先生が
岩本内科で行い続けてきた
肝臓がんの治療
門脈動脈同時塞栓療法の特徴は

1. 門脈が出てくるまで薬剤を投与し塞栓する
2. それぞれの癌の動脈をアンギオCTを使って確実に評価する


の二つです

二つと書けば
そんなに難しい事では無さそうですが、
この二つの特徴は、
治療する側に妥協を許さない
かなり厳しい条件なのです


今回ご紹介しますのは、
特徴の二つ目

アンギオCTを使って確認するという点が
いかに重要か分かる症例です


アンギオCTは
血管造影をしながらCTを撮影する方法です

以前は一般的にも多く行われていた検査なのですが、
MRIの検査が浸透するにつれて
あまり行われなくなっている検査です

ですが、岩本内科では
その検査を治療と直結する事で
質の高い治療を目指します

アンギオCTは
数ミリ大の癌も見つける事ができます

この肝臓がんの患者様
関西地方で治療を
何度もされてきた方です

一応治療が済んでいる状態で来られたはずだったのですが、
アンギオCTをしてみますと
数ミリから1cm程度の肝臓がんの再発
が全部で4個ありました


angio CT pre

これらは通常の造影CTでは分かりませんし、
血管造影の写真だけでは
1個の癌以外は
どこに癌があるか分かりません


DSA

そうなると・・・
血管造影だけで治療をしようとすると
大雑把な治療にならざるを得ません

岩本内科では
それぞれの動脈から
アンギオCTを撮影し、
それぞれの癌の動脈を見つけて治療します

そして、基本的には
それぞれの癌に薬剤が溜まるまで
治療を終えません

100%の治療で常に終われるように
全力で治療します


この方も
時間はかかりましたが、
全ての癌に薬剤がたまったことを確認し
終了としています


angio CT post

これだけ治療をしても
肝臓がんの特徴として
再発するリスクは残るのですが、

一旦、癌を画像上ゼロの状態を作る事が
とても大切なのです


さぁ、今日も6件の治療です
最近、とても治療件数が多くて
有り難い限りです
それだけ多くの方に
岩本内科の治療を提供できているという
事ですもんね


さて、
本日もガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

カテーテルを使った癌治療
アンギオ治療
外科手術と同様
技術、経験、知識が
必要です


ですので、
同じ治療でも
結果が異なります


本日ご紹介するのは
それを感じさせる一例です

県内の病院で治療されていた
肝臓がんの患者様

これまで数回
カテーテルを使った塞栓術
肝動脈塞栓術を行ってきた様です

数回の治療により
肝動脈以外の動脈からも
癌が栄養される状態となり、
前医でも一生懸命に治療されていた様なのですが

完全な治療が行えず
再発を繰り返しておりました


他の治療は無いか?と娘さんが探され
岩本内科を見つけたのです

ありがたい事に
前医の先生も快くご紹介してくれました

CTで見てみますと
肝臓の右下側に突出する肝臓がん

治療前CT

白くなる薬剤がまばらに貯留しているのは
これまでの前医での治療の跡です

アンギオ(血管造影)を行ってみますと
肝動脈から栄養されているのは癌の一部だけ、
他の動脈からも栄養されていました

肝動脈CT

アンギオCTを使って
それぞれの動脈からCT撮影を行い
癌を栄養する動脈を見つけます

腎動脈1
腎動脈2

結果的には、
右下横隔動脈、
右腎被膜動脈、
右下副腎動脈
から
癌が栄養されていました

それぞれを
マイクロカテーテルで丁寧に挿入し
癌だけに抗癌剤と塞栓物質を流します

動脈からゆっくり丁寧に流す事で
末梢の門脈が見えてきます

これが“門脈動脈同時塞栓療法”です

治療後CT


治療後のCTですが、
白くなる薬剤が
癌を完全に埋める様に入っているのを
確認しました


同じ治療でも
癌の血管を見つける為には
知識と経験

そして、見つけた癌の血管に
カテーテルを入れるには
技術

最後にそこから薬剤を流し
癌を治療するには
勇気ある決断が必要なのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ちょいと忙しすぎたのを理由に
ブログを更新できず・・・
すみません

スウェーデン留学中に行っていた
一番大きなプロジェクトが
岐路に差し掛かったので
何かと色々大変なのです・・汗


でも、大丈夫!
絶対、切り抜けます


さて、本日ご紹介しますのは

南九州からお越しの患者さま

とても長い経過で
ガンばっておられます


15年前
ステージ2 3cmの肝臓がんが見つかり前医でカテーテル治療がなされました
その後再発を繰り返しながらも
なんとか治療を続けられていたのですが、

1年半前頃に
前医では
もう治療ができない”と言われて、
決死の覚悟で

岩本内科に来られました

もう治療ができない理由は
肝臓がんですが、腸からの動脈から
血流が入って栄養されている癌ができてしまったからの様です


その再発はアンギオCTを駆使しして、
岩本内科で治療が出来ました


そして、今に至るのですが・・
今回は、いくつか新たな再発が肝臓内に発生したので、

治療前

カテーテル留置を行い

コイル
留置後

肝動注化学療法に切り替えて反応を見たいと思います

ステージ2 肝臓がんから
既に15年

前医の先生も非常に良い治療をされたのだと思います
ご本人も、とってもよくガンばっているのです


これからもガンばります!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

金曜日は
一日中忙しく、
夜中まで呼び出しがあったので
忙しく

そのまま土曜日外来に突入でした

ですので、昨日はブログも書けず
お疲れモードです・・・

さて、
本日ご紹介しますのは

これぞ門脈動脈同時塞栓療法という
肝臓がんの患者様です
大分県からご来院

80歳を超えるご高齢
5cmの肝臓がんが見つかり
手術は難しいという事で
岩本内科に来られました

ステージ2の状態です

治療前アンギオCT

アンギオCTという
血管造影を使ったCT撮影を行いながら、

肝臓がんを栄養する動脈を見つけます

1つの肝臓がんですが、
結局4本の栄養動脈がありました
それぞれを一本ずつ丁寧に塞栓します

治療後CT
治療後のCTですが、
癌に白くなる薬剤が高密度に貯留しているのが
分かります


ステージ2
門脈動脈同時塞栓療法の効果は
5年生存率が66%と非常に高い成績を報告しています

受け継がれし、門脈動脈同時塞栓療法 です

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  
にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

父である初代ガンちゃん先生
開発した門脈動脈同時塞栓療法

これは
肝臓がんの標準的カテーテル治療である
肝動脈塞栓術の質を高めた治療方法です

アンギオCTを駆使し、癌の動脈を
1本ずつ同定し、

末梢の門脈が出るまで薬剤を流す事で
カテーテル治療でも
癌の完全壊死が望めます

先日、私が治療した肝臓がんの患者さま
CTで7cmの癌を認めます

治療前CT

これだけの大きさになると
複数の動脈から癌は栄養されています

治療前DSA

肝臓の動脈に加えて、
右下横隔動脈からも栄養されていました


治療血管

それらをそれぞれ丁寧に
根気強く選び、見つけ出し、
一本ずつ丁寧に門脈動脈同時塞栓療法です

そうする事で、
これが治療後のCTですが、

治療後


7cmの癌に綺麗に薬剤が貯留されている事が
確認できます

加えて、周囲の正常な肝臓には
薬剤があまり入っていません


父の技術、知識、経験、心意気
しっかりと受け継いでおります・・

・・自分で言う事ではないですね (笑)

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ