fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

簡単な治療は
なかなかありません

私自身、年間700件から800件のカテーテル治療をし、
カテーテル留置も毎年60本くらい留置するので、日本で最も数多いくらい
治療しているつもりです・・

だいぶ腕も磨かれ
経験も蓄積されてきているはずですが、
最良の結果を目指して治療するという事を目標にすると、
そう簡単に終わる治療はありません


今日、ご紹介するのは、
大阪からご来院頂いている
肝臓がんの患者さま
です

2年ほど前に、
始めて岩本内科に来院されました

下の画像の黄色い枠の場所は、
以前、癌があって、カテーテル治療を私が行い、
追加の放射線治療を行った病変です

スライド3

この病変は、癌が門脈の中に入り込んでいる
ステージ4Aの状態でしたが、
完全に癌を制御した状態
となりました

今回、赤枠の場所に
2cm弱の癌を認めましたので
治療を行いました

この患者さまの
治療に関する一番の難しい点は、

足の動脈の硬化が非常に強く
一つは閉塞してしまっているくらいで、
合併症のリスクが高いことです

この様な患者さまの場合は、
出来る限りの準備を行い、
細心の注意を払い治療を行います

肝臓の動脈撮影を行いましたが、
これの撮影だけでは癌がどこにあるか分かりません

経験と、アンギオCTを使って、
癌の動脈を見つけます


A7と呼ばれる肝臓の動脈の枝から
癌が栄養されていました

スライド5

その動脈まで、マイクロカテーテルを挿入し、
抗癌剤と油の造影を混ぜた懸濁液をゆっくりと投与、
投与していると、末梢の門脈が見えてきます

このサインが出ると、癌は完全に壊死させる事ができます
最後に塞栓物質を投与し、
門脈動脈同時塞栓療法の完成です

スライド6

かなりしっかりと治療しましたが、
治療後、肝臓の数値もほとんど上がらず
治療の影響もなく1週間で退院の運びとなりました
ステージ4Aの状態でしたが、
今は癌ゼロの状態と言えます


最善の結果を目指すと
簡単な治療というのはなかなかありません

だけど、色んなリスクなども
全部背負って、目指すしかないのです
それが、ガンちゃん先生の宿命です


今日は、日曜日ですが、
来週、講演があるので、
その準備を・・・

さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です!

ずいぶん暑くなってきましたね
新型コロナの感染外来をしていますと、
暑くなってきますと、コロナ対策用の服装に着替えるのが
本当に暑くて暑くて・・・
収束してくれないと困ります

さて、本日、ご紹介させて頂くのは、
肝臓がんに対して門脈動脈同時塞栓療法を行った
患者様です

今から、5年ほど前に
一度、治療をさせて頂きました
その時が、御年80後半でしたが、

今回、5年間、再発無く
お元気に過ごされていたのですが、
再発が見つかり
治療となりました

90歳を超えての治療ですので、
非常に気を付けて治療をさせて頂きました


肝臓のS8と呼ばれる場所に
30mm大の癌を認めます

スライド2

Stage2の状態です

血管造影を行うと、
ぼんやりと癌が認められ、

スライド3

この画像から、
癌の血管を見つけます

そして、丁寧に先端径1mm程度の細さのマイクロカテーテルを
癌の血管に挿入します


スライド4

そして、抗癌剤と塞栓剤を
ゆっくりと丁寧に
末梢の門脈が描出されるまで投与します

これが門脈動脈同時塞栓療法です

そうしますと、癌は完全に壊死します

スライド5


治療後のCTを見てみると、
正常な肝臓にはほとんど薬剤が入ることなく、
癌だけに薬が入りました


治療後ですが、肝臓の数値もほとんど乱れる事無く、
超ご高齢の方でしたが、
問題なくお過ごし頂けています

細心の配慮の下
最善の治療結果を得る事が出来ました

こういう治療はガッツポーズでますね♪


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、特殊なカテーテルを使った
肝臓がん治療の紹介

特殊なカテーテルとは言っても、
数年前から使えるカテーテルですが、
今回の治療で
ばっちり力を発揮してくれました!

そのカテーテルは
側孔付きバルーンカテーテルと呼ばれるものです

名前はロゴススイッチ

カテーテルの先端に風船が付いていて、
膨らませる事ができます

膨らむと・・・カテーテルを挿入した
動脈は閉塞します


そして、風船の手前に孔が空いていて、
そこから、薬剤を投与する事ができます


このカテーテルをどのように使うかと言うと、

治療をしていますと、
カテーテルを挿入する事ができないくらい
細い癌の動脈の場合があります

髭の様な細かな動脈によって、血流を保っている癌が
たまに存在します

ほとんどの場合は、上手にカテーテルを挿入できるのですが、
細すぎると物理的に挿入ができない事があります

こういう時にこの側孔付きバルーンカテーテルを使うと、
細かな癌の動脈の先でバルーンを膨らませ、
正常な肝臓の領域には薬剤を投与せずに、
癌の動脈だけに集中的に薬剤を投与する事が可能となります


今回の方もそのような状況でした

癌が肝臓のS6からS7/1にかけて4cm大で存在しておりました
癌は肝臓の真ん中あたりにあればあるほど、治療は困難になってきます

スライド2

調べてみると、癌は太い肝臓の動脈の根元から出る
数本の髭状の細かな動脈から栄養されておりました

スライド4

バルーンカテーテルを太い動脈に挿入し
風船を膨らませ、
細い癌の動脈だけに薬剤を投与しました


スライド8
矢印が膨らんだ風船を示します

治療後ですが、
うまく薬が貯留している事が確認されました

スライド10

技術、デバイスの進歩で
治療困難であった症例が
治療できるようになるというのは
本当に素晴らしい事です


日本の肝臓がん治療は
医師の腕だけでなく、カテーテルなどのデバイスの質も
世界トップクラスなのです

良い治療を日本から世界に
広める事もこれから大切になります

世界の肝臓がんの患者さまを救う!
というと、、夢が大きすぎますかね


でも、
これからも、、、、
さて、ガンばりますか!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

肝癌治療の一つ
レンビマという薬剤がありますが、

最近の流れは、
レンビマ投与をしつつ、
途中でカテーテルを使った治療
肝動脈化学塞栓術や肝動注化学療法を加えるのも
良いのではないかと考えられてきています


私たちの検証でも、
レンビマとカテーテルを使った治療を
組み合わせて治療を行った肝臓がんの患者さまたちの

レンビマを内服した期間を見てみますと
400日を超えていました

1年以上の内服が可能となっている事になります


レンビマを通常量で毎日ずっと飲み続けられる患者さまは
それ程多くありません

多くの場合、減量したり休薬したりしないといけません
そうしますと、どうしても治療効果が弱くなって、
癌が進行してしまう可能性があるのですが、

そういう場合に、カテーテル治療で癌を抑えつつ、
内服可能な量のレンビマを続けてもらう

そうすると自ずと、レンビマを飲める期間が延びる
癌の制御期間も延びるという事になります

また、レンビマなどの癌の血管を抑える薬は、
よい薬ではありますが、
全ての癌の血管を抑えられるかというと、それはなかなか難しいのです

実際には、画像の様に、
癌の中心部の血管は抑えやすいですが、
癌の周辺の血管は残る事が多いです


burog.jpg

この残った血管に、カテーテルで抗がん剤と、塞栓物質を
投与すると効率よく
癌を壊死させる事が狙えます


よい治療の組み合わせなのです

肝がん治療は日進月歩
どんどん変化し、進化していっています

最善の治療戦略を見つけていきます!
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

いつも前を向いて
追い風に乗って、
進むことは難しい

時には、向かい風で
ぐっと歯を食いしばりながら
下を向きながら、
一歩ずつ一歩ずつ
歩まないといけないときもあります


そんな時、私は、
父である初代ガンちゃん先生が
書いていた頃の、

“ガンちゃん先生奮闘記”の記事を
読みます


生きてたら、
相談したいこと、いっぱいあるのですが、
天国で見守ってくれている訳なので、

初代ガンちゃん先生が
毎日、書き残した記事を読んで、
こんな事、考えてたのかと
父の気持ちや、思いを感じ、
一歩進む糧にしています


と、、しんみりと
記事を書きましたが、

本日、ご紹介するのは、

門脈動脈同時塞栓療法を行った
肝細胞癌の患者さま

カテーテルを使った治療も
質を上げれば、癌ゼロを狙う事ができます

この方の場合は、
前医で治療を繰り返されておりましたが、

今回、ありがたい事にご紹介いただけたので、
門脈動脈同時塞栓療法を行う事にしました

スライド4

肝臓のS7に35 mm大の癌を認めます
癌の血管をアンギオCTで見つけ、
門脈動脈同時塞栓療法を行いました

スライド5

治療後のCTもバッチリです
治療後、想定範囲内の発熱がありましたが、
改善し、治療後1週間で退院されました

父から受け継いだ技、大切にしなければならないと
思います


さて、毎日一歩ずつ
本日もガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。