fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

春ですね
今年は、私の子供たちは
それぞれ
新1年生なので、
一つの大きな節目です


気持ちを新たに、歩んでます

岩本内科も今年度は一つの節目になりそうだなと
感じています
良い意味で、次の発展のターニングポイントにしたいと思っています


さて、本日ご紹介させていただくのは

関東からもう数年以上前から来られている
肝臓がんの患者さまの治療経過
です

関東の肝臓治療の主幹病院の一つで経過を見て頂いている方ですが、
がんの治療の際は、
ご本人、ご家族の希望で、岩本内科に来てくれます

その主幹病院の先生も丁寧に経過を見てくださっているので
癌も新たに出てきても、早い段階で見つけて頂けるので
大変ありがたいです

今回は、肝臓のS7/8と呼ばれる場所に
15 mm大の再発
です

通常であればラジオ波焼灼療法が選択されることもありますが、
丁寧に肝動脈化学塞栓術
岩本内科における門脈動脈同時塞栓療法を行えば、
根治的な治療が行えます


まずは血管造影を行います

スライド2
もやもやとがんの影が確認できます

門脈造影CTでは黒く抜け
肝動脈造影CTでは白くなるのが
肝臓がんの典型的な特徴です

スライド4

10-15mm大でも
典型的な特徴
を示しています

先端径が1mm程度のマイクロカテーテルを
癌の栄養動脈と思われる動脈に挿入します

そして、そこからCTを撮影します
そうすると、この動脈が癌の動脈かどうか客観的に把握する事ができます

この方の場合は、
まず、A8の分枝にマイクロカテーテルを挿入
CTを撮影


スライド5

概ね、がんが白く造影されることを確認し
薬剤を投与します

末梢の門脈が出てくるまで薬剤を投与するのが門脈動脈同時塞栓療法の特徴です

その後、確認のCTを撮影します
そうしますと、薬の貯留が一部足りておらず、
若干ですが、欠けているのが確認されました


このような場合は、治療した動脈だけでなく、
それ以外の動脈もがんを栄養していることを示唆します

このように10-15mm大の小さなががんですでも、がんを栄養する動脈が
複数ある場合があるので注意が必要です

A7の分枝にマイクロカテーテルを挿入し
門脈動脈同時塞栓療法
を行いました

スライド6

その後確認のCTを撮りますと
欠けていた場所にも薬剤がしっかり貯留されていましたので
これで100点

ということで、治療終了です

治療後も肝臓へのダメージはほぼなく、
1週間で退院されました

いま、肝臓がんでも内服や点滴の薬が
どんどん使われるようになっていますが、

ちゃんと丁寧に、カテーテル治療や
ラジオ波焼灼療法などでも、100点を目指しながら
肝機能を落とさず、治療し続けること


これが、やはり基本だと思います
“質を高め続ける”
とっても大切なことなのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、私の子供たちの
大切な日です


卒業式、卒園式です

しかし、一つ、問題が・・・
卒業式と卒園式の日が同じなのです (涙

ということで、今日は大学をお休みし、
妻と分担で卒業式、卒園式に参加です

同じ日にしないでほしかった・・・
と愚痴っても仕方ないので、
見れない方は、動画で見ようと思います

子供の成長は、心の支えです

さて、
本日ご紹介は

丁寧に治療をすれば、ご高齢の方でも
肝臓がんのカテーテル治療で良い経過になるということを示す症例の
ご紹介です


この方、前医では年齢的にも治療手段がとぼしいとの事で
岩本内科にご来院されました

当院に最初に来られたのが90歳手前です

ご高齢ではありますが、生活も自立され
認知症もほとんどない状況でありました

癌は肝臓のS7に
4 cm大の病変
を認めます

スライド6

リスクについて丁寧に説明し
門脈動脈同時塞栓療法を行いました
10日程度の入院で退院です

スライド8治療直後

スライド10治療から数年

癌は完全壊死の状態となり
5年程度経過したところで、

同じ場所が、再発
90歳を超えて、
改めて、門脈動脈同時塞栓療法
を行いました
7日程度の入院で退院です

スライド15二度目の再発

そして、今回、
病変の周辺に再発を認めましたので、
また、改めて門脈動脈同時塞栓療法を行いました

年齢は95歳手前です

スライド23
スライド28今回は肝動脈だけでなく下横隔動脈からもガンが栄養されていた


100歳まで、もう少し

最初に来られたときから7-8年は経過しています
ご高齢だからとあきらめていたら、決して今はありません


ご高齢になると、身体的な年齢を見極める必要があります
安易に何も考えずに治療をすると、体への負担、たとえば、心不全、腎不全などで
治療がうまくいかなるリスクがありますので
充分注意する必要があります


ですが、それらを見極めて、
かつ、最小限の負担で治療すれば、
こういう経過も十分あり得るのです

さて、
今日は、お休みを頂いて、
卒業式、卒園式に参加

そのあと、お休みを頂いたのに
夜は講演があるので、博多の方まで行ってきます

飯塚、九大の先生方と肝臓がんの治療について
ディスカッションしてきます


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

先週と今週は
行ったがんカテーテル治療の件数が
それぞれ20件・・
ちょっと、お疲れ気味です

先日は、
私の同級生が働いている
広島県福山市の病院から治療を頼まれ
半日日帰りで、治療のために
行ってきました


頼まれるくらいなので、
相当、難しい治療でしたが、
完璧に行えたので一安心

慣れない環境で
治療困難な癌と立ち向かうのは
とても、勇気がいります


本日は、
九州の遠方から
岩本内科に来て下さった

肝臓がんの患者さまをご紹介

地元の病院から、
カテーテル治療の件数が多く実績もあるからということで
ご紹介してくださいました

とても嬉しいご紹介
です

ご紹介くださった病院での造影CTでは
肝臓中に1個
2.5cm大の癌を認めるということでした

カテーテルを使った治療の一つ
肝動脈化学塞栓術を行った後に

ラジオ波焼灼療法で治療するという計画のようで、
その肝動脈化学塞栓術を依頼
してくださいました

早速、ご入院から
アンギオCTを行いまして
精密な癌の評価を行いました

そうしますと、
造影CTで見つかっていた病変の他にも
数ミリ大の癌の可能性が高い病変が2個見つかりました


スライド3
スライド2

検査の感度と呼ばれるもので、
見つける力が最も高いのはアンギオCTなのです

今は造影MRIも非常に高い感度を持っていますが、
CTの方が画像の質が良い場合が多いので、特に小さい病変は
やっぱりアンギオCTの方が良いように私は思います

岩本内科では、アンギオCTを行ったら
そのまま治療に移れますので、それも良い点です

マイクロカテーテルを癌の動脈に挿入しまして、
質の高い肝動脈化学塞栓術を行います

初代ガンちゃん先生が命名した
門脈動脈同時塞栓療法
です

スライド4

治療しながら、すぐにCTで確認し、
100点の治療ができているか確認します

スライド6

現状では、100点であることを確認し、終了します
CTがあると
治療に臨む安心感が違います

初代ガンちゃん先生は、本当に良いシステムを作ったものだと
改めて感心します


今日も、治療が待っています
さて、ガンばりますか!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科には、
前医で治療が難しいとか治療ができないと言われた
がんの患者さまが治療の相談に来られます


本日、ご紹介もそのような患者さまです

前の病院で、肝臓がんを
去年見つけてもらって、
肝動脈化学塞栓術と放射線治療を行ったあと

その治療自体は、しっかりと治療をしてくださったようなのですが、

1年弱の経過で、
治療した病変の頭側に再発を認めました


画像の矢印の場所が再発した癌です

スライド4

この病変は場所が肝臓表面で、横隔膜近く、
横隔膜の動脈、下横隔動脈より栄養されている可能性があり、
この動脈は、挿入が難しい場合がある動脈です

スライド2

前の病院では、この病変に対する
追加のカテーテル治療は難しいかもしれないと判断、
主治医の先生が英断してくださって、岩本内科に紹介してくれました


こういう流れは本当にありがたい

スライド3

実際、血管造影をしてみると、
たしかに、横隔膜の動脈の一部が
癌の栄養動脈になっていて、
血液を供給していることが
アンギオCTで確認されました

丁寧にマイクロカテーテルを進め

抗癌剤と塞栓物質を投与します


末梢の門脈が軽く描出されるまで
薬剤投与を行えば、治療終了です

これが、質の高い肝動脈化学塞栓術、門脈動脈同時塞栓療法です

スライド6

完璧な形で薬が貯留してくれました

時間にして、30分程度で治療終了
ご高齢の方だったので、出来る限り負担をかけたくありませんでした


ご本人もいつのまにか終わってたと言ってくださいました

カテーテル治療には、技術が必要ですので、
できるできないの基準が、術者各々で変わります

できない場合でも、その他の治療手段で補う訳ですが、
できた方が良い場合も多々あるのです

この方の場合、負担を最小限にして、
しっかりと癌ゼロの状態に戻すことができました


まだまだ長生きしていただきたいと思います

本日は
日曜日なのですが、
今から、韓国で開催されるシンポジウム内で
肝臓がんの薬物治療について
英語で40分の講演と30分のディスカッション
をしないといけません

Webなので、現地には行かなくてよかったのですが・・・
ゆっくりお休みしときたかったと思いつつ、
引き受けたからには、全うします
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ずいぶん寒くなってきました
今日は、勤労感謝の日で世間は祝日ですが、
大学病院は開院とのこと
・・勤労感謝ってなんでしょう・・?

ま、それは良くて、

岩本内科は祝日なのでお休みですが、
岩本内科のスタッフ全員、
日頃、本当に一生懸命、ガンばってくれているので、
感謝の気持ちでいっぱいです


彼らがいなければ、私のモチベーションも保てません
本当にありがたいことです


さて、本日は
肝臓がんの治療経過を紹介します

この方は、
大阪から来院された方ですが、
もう数年以上の経過を見させて頂いていると思います


岩本内科でのカテーテル治療で癌ゼロの状態で
外来で経過を見ていたのですが、

今回、造影CTで再発を疑う変化があったので、
入院していただいて、さらに詳しい検査を行いました

造影CTでは肝臓のS8と呼ばれる場所に3cm弱の病変が
淡く認められます


スライド2

さらに詳しい検査とは、
血管造影をしながらCTを撮るアンギオCTです

アンギオCTは、血管造影をしなければ撮影できないCTなので、
点滴から行う造影CTと比べると、手間がかかりますが、
血管造影は私が行いますので、出来る限り苦痛なく行うことができると思います


アンギオCTの良いところは、
肝臓の中の癌を検出する力は、最も優れている検査である点です

この方のアンギオCT画像を示します

スライド4

先ほど紹介した造影CTの画像と比べると、
比較的はっきりと白くなる領域を確認できると思います
ついでに、もう一つ近くに癌があることも確認しました


と言いましても、近年は、造影MRIでも同じ検出力が出せるようになったので、
検査のためのアンギオCTは行われることが減りました

岩本内科では、なぜアンギオCTを行うかと言うと、
このまま治療に直結することができるからです

血管造影をして、
アンギオCTを撮影して、その場で確認し、
癌の所見があれば、

スライド3
スライド5

そこから、マイクロカテーテルを挿入して、
癌の動脈まで到達


そして、薬剤と塞栓物質を流し
門脈動脈同時塞栓療法(質の高い肝動脈化学塞栓術)
を行います

癌の状態、血管の状態によりますが
この方の場合には40分程度で治療まで終了です

治療後に最後のCTを確認すると、
癌の場所に完璧に白くなる薬剤が貯留していることが分かります


スライド6

これで完了です

治療後は、1週間経過を見て、退院していただくことがほとんどです

肝臓がんの場合、
癌ゼロを一回得たとしても、新たな癌が出てくる可能性が高い


そういう癌の特徴があります
これは、癌が出てきた肝臓そのものに、肝炎や肝硬変など
病気を抱えているからです


ですので、癌ゼロを得たとしても
丁寧に経過を見て、
癌が出てきているか確認しながら、
もし出てきたなら、確実に
丁寧に治療する
そして、また癌ゼロを獲得する


こういう流れをいかに保つかが長生きの秘訣になります

さて、本日も
感謝の心を大切に
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。