FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

進行肝臓がんの治療は
一筋縄ではいきません


一筋縄でいかなければ、
二筋縄でも三筋縄でも

色々な手を使って
癌を抑え込めば良いと
私は思います


つまり
適切な治療を
適切なタイミングに使える
治療のセンス、技術

決して、あきらめない姿勢
が大切なのです


本日ご紹介します方は
関西地方からご来院

日本の中でトップクラスに
肝臓がんで有名な病院から
岩本内科へ来られた患者さまです


もともとの
癌のステージは
4A


リンパ節転移もある状態で
内服のソラフェニブ(ネクサバール)という
薬剤を飲まれていました


ネクサバールの効果は良好でしたが、
リンパ節への転移が見つかり、
放射線治療の指示から治療に


そして、肝臓内に再発してきたものは
岩本内科で門脈動脈同時塞栓療法
行ってきました


今回、腫瘍マーカーが増加したことから、
追加の治療になりました

アンギオCTで肝臓内の病変を
正確に評価してみると、

スライド4

肝臓のS3と呼ばれる場所に
細い門脈に浸潤が疑われる肝臓がんと
他に数個の転移病変
を認めました

まずは、
今回は一つずつ丁寧に
門脈動脈同時塞栓療法を行うことを
ご本人と相談し決めました

スライド3

治療後のCTでは
癌の存在する領域にしっかりと
薬剤が貯留していることを確認しました


スライド5

これで腫瘍マーカーがどれくらい
下がってくれるかみて、
次の治療を決めます



決して、飲み薬の治療で
効かなくなったら、治療が終了では
ないのです!!!


カテーテルを使った治療、
内服の抗癌剤、
放射線治療
ラジオ波治療
手術

あらゆる治療手段を使って
最善の結果を

それがとても大切な事なのです


今日は、また
治療がたくさん!

気合入ってます
本日も
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

初夏は
空が澄んでいて良いですね


仕事の終わりに
ふと外を見ると、
綺麗な夕日が目に入ります


IMG_1733.jpg

本日ご紹介しますのは、
治療経過のご紹介

この方は、
関東地方からご来院

今から5年前

5年前、
初代ガンちゃん先生が
急逝し、
私がまだスウェーデンに
留学していた頃


山口院長先生が
一人で岩本内科を支えていた時の
患者さまです


多発する肝臓がんの診断で

スライド2
スライド3

山口院長先生が
5時間くらいかけて
最初の
門脈動脈同時塞栓療法
行ってくださいました


スライド4

一つずつ、一つずつ
丁寧に


それから、何度か
再発を繰り返しましたが、

私も治療をさせて頂きましたが、
全ての治療がうまくいき

多発していた肝臓がんは
現在、全くない状態


スライド5

門脈動脈同時塞栓療法は
根治を目指せる治療なのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科で
私、2代目ガンちゃん先生が
癌治療を継承して、
4年


カテーテル留置を始めて
3年


システムIを始めて
1年

になりますが、

門脈動脈同時塞栓療法は換算せずに、
カテーテル留置を3年で
140名に行った集計
がでました

どれだけの治療が
行えていたのか、
いま、振り返って、
データとして登録しているのですが


本当に一人一人の方に
思い出や思い入れ、
必死に治療した思いが溢れていて

自分が言うのもなんですが、
ガンばってきたな・・・と感じています


もちろん、
もっと良い治療ができたのではないかと、
反省しながらなので、
なかなか辛い作業でもあるのですが・・・


患者さま一人一人が
様々な経緯で、思いで
岩本内科に来院されて、
治療を受けられているのを
改めて、感じると
これからも全力で!!  


と、気合いが入ります

さて、

本日ご紹介しますのは

数年前に
一度、岩本内科に来院された
関東在住の肝臓がんの患者さま



門脈動脈同時塞栓療法で、
うまく治療出来ていましたが、
数年の経過で今回再発してきたので、

再治療です


この方は、
その後の経過で
癌の治療とは関係のないところで、
肝不全にもなられ、
非常に大変な経過を経たのですが・・・

また岩本内科に戻って来られ
本当によくガンばられているのです

今回は、
肝臓のS6と呼ばれる領域に
突出した35mm大の癌
を認め・・・

スライド2
スライド3


関東の病院では、
治療が難しいとのことで、
岩本内科まで来て下さいました


マイクロカテーテルを用いて
癌の動脈まで挿入し、

門脈動脈同時塞栓療法を行いました

スライド4

治療後の薬剤貯留も良好、
その後も、肝機能はまったく
落ちることなく経過しています


岩本内科には
様々な思いをもって、
全国で治療ができないと言われた
癌の患者さまが来られます

その思いを一身に背負うのは
とても大変な重圧ではあるのですが、
それだけの価値があります


たまには
押しつぶされそうな時もありますが (笑)
それは、仲間が支えてくれます


ということで・・・
これからも、、、
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ゴールデンウィークも明けて、
岩本内科も
2代目ガンちゃん先生も
元気に始動しております!


スタッフの顔を見ると、
こちらもガンばろうって気になりますね


さて、
本日ご紹介しますのは

肝臓がんの治療経過です

この方は、
山口院長先生が主体で
門脈動脈同時塞栓療法を中心に加療を
行っている患者さまです


3年前
9cmの肝臓がんに対して
門脈動脈同時塞栓療法
を行いました

スライド7
スライド8

この方は、
大動脈におおきな血管のこぶ(瘤)が
あるため、
治療が難しい患者さまでした

スライド6

腕(上腕動脈)からのアプローチで
安全に治療しております

これだけの大きさの癌ですので
再発はありますが、
門脈動脈同時塞栓療法を繰り返しながら、

内服の抗癌剤
レンビマを間に挟み


現在、3年間
年齢も80歳を越えておられますが
元気に過ごされております


スライド10

今回も再発がありましたが、
うまく治療できています


適切な治療を
適切なタイミングに・・


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

先週の金曜日は
岩本内科の治療、医療の見学に

中国からの日本に短期留学中のドクターが
来ました


中国の肝臓がん治療の実情を聞くと
やっぱり
とてもたくさんの患者さまが
良い医療を受けられず
生涯を終えている様です


岩本内科での
門脈動脈同時塞栓療法、
肝動注化学療法 New FP

見てもらいました

その見てもらった治療が
また大変難しい治療で・・

こういう時は
簡単な治療の方が良いんですけど・・(笑)


どんな治療だったかと言いますと、

九州他県から来られた
進行肝臓がんの患者さま


肝動脈塞栓術、レンビマなど
前医での治療が全て効かなくなったということで
岩本内科に来られました

とくに、
前医では挿入する事が出来ない動脈があった様で
高難度症例
です

スライド7

血管造影を行いますと、

横隔膜の動脈が
腹腔動脈の根元からでているタイプ

この動脈に前医では入れられなかった様です・・

スライド6

横隔膜の動脈が肝臓内の癌に

このタイプの横隔膜の動脈は非常に難しく
前医で入れられないのも分かります


それに加えて、
胃腸の動脈から肝臓内の癌に

横隔膜の動脈に対しては、

私2代目ガンちゃん先生が発見した
ちょっと特殊な挿入法がありまして


ぴしゃり!!
挿入しました (笑)

スライド10

次に、
胃腸の動脈は
とても蛇行していて
且つ、遠いので

スライド8

トリアキシャㇽ法という
また特殊な方法で
癌の動脈まで挿入
しました


スライド9


・・
それぞれ、
アンギオCTで
肝臓内の癌以外に薬剤が流れないことを
確認して、
門脈動脈同時塞栓療法
を行います

スライド11

どちらも
かなり難しいので、
ほとんどの医師はここまで出来ないと
思います


この様に前医では
治療ができないと言われていたけど、

まだ出来る、
あきらめる必要が無い状態の方が

まだまだ沢山おられると思うのです


もっともっと発信して、
そういう方々に貢献しなければ・・

それにしても、治療が
うまくいって良かったです

中国の医師に良い所を見せられて
良かったです (笑)


でも、だいぶ消耗しました (涙

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ