ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日のご紹介は

肝臓がん に対する
門脈動脈同時塞栓療法のご紹介

この方は
これまで10年
前医で肝臓がん に対して、
ラジオ波焼灼療法で加療されていました

とても上手に治療して下さっていた様です

今回は、
心臓近くに癌ができて、ラジオ波治療が出来ず、
手術はしたくないとの事


当院に来院

お腹を開けてラジオ波焼灼療法か
放射線治療を行う事を勧めましたが
手術はどうしてもしたくないとのことで
カテーテルで治療する事にしました


アンギオCTをしてみますと、

DSA
mae

肝臓のS3に10 mm大の癌
そして、これまで指摘されていなかった

S2にも20 mm大の癌がありました

アンギオCTは癌を見つける力(検出力)が優れているので
これまで指摘されなかった癌も見つける事ができます


そして、そのまま治療です

それぞれの癌の動脈に
マイクロカテーテルを挿入し、

門脈動脈同時塞栓療法です

ato

治療薬剤がしっかりと
癌にたまったことを確認し終了です

治療後も
肝臓の数値もほとんどあがることなく
順調に経過しました

カテーテル治療は根治的な治療でないというのが
一般的な考え方になってますが

それも仕方ないところもあるのですが

丁寧にアンギオCTで確認しながら、
門脈動脈同時塞栓療法を行えば
根治的な結果が得られるものなのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は、
取材を受けました・・

どうやらブログを見て、
どんな人なのか興味を持たれたらしく


インタビューを受けました
初めての事でしたので、緊張しましたが

私がどんな思いで医師をしているのか
どんな信念を持って医師をしているのか

・・・そんな事を聞かれました

発信するブログで何か感じてくれただけで
嬉しいので、それで満足です
もしかしたら、何か形になるかもしれませんので
その時はご報告しますね♪

さて、本日ご紹介しますのは

岩本内科で
治療する時におこなうアンギオCTについて・・

この方は
ステージ3で前医で
肝臓がんを指摘


ラジオ波焼灼療法が行いづらい場所に
癌があると言われ、
岩本内科を受診して下さいました


関東地方からのご来院です

今回2度目の治療でしたが、

もともと造影CTで分かっていた癌(S3)の他に
S7と呼ばれる肝臓の右の後ろ側に
2箇所の数ミリ大の癌を見つけました


mae

アンギオCTの癌を見つける力は非常に高いのです
見落としが無いのです


この2か所の数ミリの癌は
造影CTでも写っていませんでしたし
血管造影でも分かりません

DSA

アンギオCTを行ったから分かった病変と言えます
そして、そのまま
S7の癌も門脈動脈同時塞栓療法を行うことができました

go

全ての癌に薬剤が溜まったのを確認し、
今回の治療は終了
です

ステージ3の肝臓がんでは
いかに治療の都度、癌をゼロに出来るかが
長生きの鍵です

そういう解析結果が出ているのです

今日は、大学での治療と研究・・
ガンばりますか
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

アンギオCT・・・
血管造影を行って、
動脈から撮影するCTの方法のことです


通常は、点滴から造影剤を流す
造影CTを行うと思います。

アンギオCTと
通常の造影CTでは何が違うかと言いますと、

癌を見つける力です
検出力と言います


アンギオCTの方が癌を映し出す力が強いのです

先日、行った治療のアンギオCTをお見せします

angio CT

肝動脈から撮影したアンギオCTです

白い丸が、癌です。

肝臓の中に多数あるのが確認できます

・・・・
この方の
入院前の外来での造影CTを見てみましょう

enhanced CT

外来での造影CT

白く見える病変がほとんど分からないと思いませんか?

造影CTでははっきりと写りにくい事があるのです

今回の場合も、
はっきりと写りにくいのが分かっていたので

入院予約をしてアンギオCTを行い
正しく評価し、
そのまま治療を行うことができました


外来の造影CTだけでは、
発見が遅くなる場合があるということです


と言っても、
アンギオCTは血管に管を入れて撮影するという事をしないといけません

今は、アンギオCTの検出力に匹敵する
造影MRIがあるので
造影MRIが有効です


造影MRIの登場で
アンギオCTをする事は
全国的には数が減っていますが、

血管造影からアンギオCTを行い、
評価し、
そのまま治療に直結できるので

岩本内科では積極的に行っています


アンギオCTを行う事で、
その時の癌の状態を正確に評価し、
治療効果をその場で確認するのが

岩本内科のカテーテル治療の特徴の一つなのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

日曜日の朝ですが・・・
あんまり良い日曜日では無いのです

緩和ケア講習会というものに
昨日から参加しているのですが、

それがかなりめんどくさい・・・
昨日はお昼から、夜の8時まで
今日は朝の8時から、夕方5時まで

みっちり、講義と実習です


医療用の麻薬の使い方の講習会で、
一度は必ず受けておかないといけないので
仕方なく受けております・・・

今日のご紹介は、
肝臓がんの治療で使う
カテーテルですが、
面白いカテーテルを使った治療です


面白いカテーテルとは、
治療で使うマイクロカテーテルの
先端ですが、手元の操作で
右・左・と自分の思う方向に向ける事ができるカテーテルです


ステアリング
ステアリングカテーテル紹介ホームページより参照

この方は1年半前
関西地方の前医で肝臓がんを指摘
前医では治療が難しいということで
岩本内科に来てくれました


肝臓内のがんは岩本内科の治療で
うまくいき、
肝臓の切除術まで行うことができたのですが

残念ながら
肝臓の近くのリンパ節転移がでてきたため、
今回、放射線治療を行ったのちの、
カテーテル治療です

前回、このリンパ節転移を治療しようとしたのですが、
血管があまりに細いのと、角度が急で
挿入ができず、泣く泣く次の機会にとしたのです


何か手がないかという事で、
今回特殊なステアリングカテーテルでやってみることにしました


kannmonnbu

腸の動脈の
最初に分岐する細い枝から
癌の動脈が出ております


角度を自分でつけて
挿入すると、・・・・

うまく入りました!!

ほとんどのケースは
普通のカテーテルで
挿入出来る自信があるのですが・・・
こういう症例には特殊なカテーテルが使えることが分かったのは大きな収穫です

どうしても、膵臓のごく一部に
薬剤が流れる為、塞栓治療はできませんが、
高濃度の抗癌剤を動注することができました

あきらめず、
もう一度治療させてもらって良かった


次はもう一段、攻める治療ができるかもしれません

あきらめません!!

さて、今日一日
缶詰めで勉強です・・・涙

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

さて、ご報告です

今年の岩本内科
癌に対するアンギオ治療(カテーテルを使った治療)の
件数ですが・・・


502件!!

門脈動脈同時塞栓療法
カテーテル留置術
動注化学療法の3種類を合わせて治療件数です

500件を超えるとは・・・
自分でも驚きです


もちろん、山口院長先生と合わせてですけどね

私自身の治療件数
大学での治療件数を含めると
452件でした


たぶん、
治療施設としても
個人としても、

治療件数で言うと
日本全国ある大学病院、大病院と
肩を並べられる治療件数というか、

一歩抜き出た数かもしれません


と、今日が私自身が行う治療の最後だったのですが、
終わった途端に、
体と心の力が抜けて
ふらっと来ました


やっぱり、見えない重圧を背負ってたんだなぁと
我ながら感じました


さて、
昨日行った治療ですが・・・

関東地方の大病院で
もう治療が難しいと言われた
患者さまです


肝臓がんの状態はステージ3
肝機能が悪く、加えて腎機能も悪い為
治療が困難となったようです

ですが、
CTを見てみますと

飛び出すぎ・・というくらい
癌が肝臓から飛び出ています
これだと破裂し、
破裂すると一気に命に関わってしまいます


DSA

CT


ご本人、ご家族としっかりとお話をして
治療を行いました

全部で4個
肝臓内に癌がありますが、

まずは、肝臓の外に飛び出た二つを
肝動脈塞栓術
です

きれいに薬剤も貯まり、
塞栓もできたので破裂の危険はかなり減ったはずです

状態が変化なければ
追加治療を検討していきたいと思います

次は・・・
今年あった良かった出来事とかを
記事にしたいなぁと思っています

ブログを毎度見て下さっている方々
2017年もう少しガンばりますので
お付き合い下さいね


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ