FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
くたびれピークの日曜日の朝の
2代目ガンちゃん先生です

本日、ご紹介するのは
残念ながら、
狙った血管に挿入できなかった
治療症例
です

私、2代目ガンちゃん先生は
年間600件以上の
癌カテーテル治療を行いますが、
治療できずに終わるという事は
ほとんどないのですが・・


この方は
3年弱前に

地元の病院で
肝臓がん ステージ4Aを宣告された方です
通常の余命は半年から1年というような
癌の状態でした


スライド7

地元の病院では積極的な治療は難しいとのことで、
岩本内科医院に来院

カテーテルを留置し
肝動注化学療法(New FP療法)

門脈動脈同時塞栓療法
を行い、

半年程度の経過で、癌はゼロに!!
時折、再発はありましたが、

現在3年目になります


今回、腫瘍マーカー(採血で分かる癌の数値)
やや高値が続くので、
詳しく調べたところ

肝臓の後ろ側
下大静脈のすぐ傍に
15mm大の再発病変がありました


スライド9


早速、血管造影を行ったところ、
どうやら、、

肝臓の中の病変ではなくて、

右副腎への転移病変

右下横隔動脈から分かれる上副腎動脈が
癌の栄養動脈でしたが、

この右下横隔動脈が
年齢による動脈硬化の影響で
閉塞していたのです


閉塞してしまっていて、
別ルートである
下副腎動脈から細い枝を介して
上副腎動脈
右下横隔動脈に血流が入っている
状態でした


スライド12


現在使える最も細いカテーテルで

挿入を試みましたが、
挿入できず、、

安全に門脈動脈同時塞栓療法が行えないので、
今回は治療できませんでした

悔しいですが、仕方ありません


この場所だと、
放射線治療も外科的切除も
どちらも有効なので
他の手段で根治を狙い
ます

できれば、一つの治療手段でうまくいけば良いのですが、
今回の様に、物理的に治療が難しいという場合が
どうしてもあります


腕を磨くという意味では、できる限り
そういう事にならないように突き詰めるのですが、、

そういう時は
こだわらず、他の最も良い治療手段に委ねるべきだと
私は思います


と、言いつつも、どうやったら
カテーテルを入れる事ができたか思い悩むのですが・・

絶対に、うまくいきます

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

また新型コロナウイルスの感染者の数が増えています
新型コロナウイルスの対策ですが、、
東京都や首都圏だけ他県との往来を制限
しないと、必ず全国に
また広がります

政府や都の対応に疑問を感じます


ま、それはさておきまして、、

本日のご紹介は、、

私が3年治療している
肝臓がんの患者さま


この方は、
関西地方にお住いの方で、

3年前に
前医ではカテーテルの治療がうまくいかず、
ステージ3の状態で
岩本内科に来られた方でした

そのまま治療がうまくいかないと、
余命は1年・・といったところだったと思います


最初の治療ももちろんうまくいき、
外来で経過を見ていましたが、
今回、1年ぶりに再発してきたので、
ご入院頂き、加療です


早速、血管造影とアンギオCTを行いました

癌の状態は、
肝臓のS8と呼ばれる場所に 5-10mm大
肝臓のS1と呼ばれる場所に 10-20mm大

病変です

スライド5
スライド6

ステージ2の状態です

このS1というのは、
カテーテルを挿入するのが比較的難しい場所なのですが・・・

マイクロカテーテルを使って、
癌の存在する肝臓領域の動脈に選択的に挿入します

そして、薬剤を投与し、
塞栓物質を投与し終了です

スライド7


これが、門脈動脈同時塞栓療法です

最後のCTを撮って
100点の結果かどうか確認して終了です

1時間もかからず治療は終わりました

これらの治療はすべて、保険診療内で終わります


カテーテルを使った治療
肝動脈塞栓術は根治的でないというのが一般的なのですが、、
門脈動脈同時塞栓療法のやり方だと、
根治が得られる治療だと思います


日曜日、、子供たちと遊ぼかな
幾つかプロジェクトも抱えているので・・しなきゃです・・(汗


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

1つずつ、
絶対治すという気持ちを込めて・・


岩本内科で行う肝動脈塞栓術
門脈動脈同時塞栓療法

初代ガンちゃん先生が生涯かけて提唱してきた
肝臓がんの治療
です

癌の動脈をアンギオCTという特殊なCTで確認し、
マイクロカテーテルを挿入し、
薬剤を癌に関連する門脈が描出されるまで流し、
塞栓するというやり方です



治療する側としては
この一連の治療過程は
とても手間がかかりますし、
気力も体力も使います

一つの癌を治療するだけでも
くたくたになることもあります


本日のご紹介は、

関西地方から来院の多発肝臓がんの患者さま

これまでカテーテル治療を
受けられたようなのですが、
治療効果が出らず、

岩本内科に来院されました

アンギオCTをしてみますと、
10個以上の多発肝臓がん・・・

スライド4

最近の流れとしましては、この様な多発する肝臓がんには
早い段階から内服の抗癌剤・・という事が多いのですが
、、

まずは、今回は
十数個の癌を一つずつ、
癌の血管を一本ずつに対して

門脈動脈同時塞栓療法
を行いました

1個でも大変なので、
十数個となると、、、もう・・・・大変大変です(汗

治療範囲が広くなりすぎると
肝機能が落ちる場合もありますので、
かなり治療強度に気を使いながら、
ほとんどのすべての癌を治療しました

スライド5


もちろんクタクタになります

肝臓がんの場合、
一度、多発しますと、
癌の芽のような状態が散らばっていることが多く
次から次と出てくる場合も多々あります

ですが、そのような場合でも
一旦、治療後癌をゼロにすることができれば
それが長生きに繋がるというデータがあります


ですので、こういう私がクタクタになる治療も
患者さまのためには必要なのです

癌一つずつ、癌の血管一本ずつ
絶対に治す・・と思いながら
薬を投与します


内服や点滴の抗癌剤がどんどん増える今からは
こんな風に治療するドクターも少なくなるでしょう

どちらが良いのか、、まだまだ明らかにはなっていないのですが、
クタクタになっても、そちらが良い結果につながるのであれば、
それを選びます

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌は
大きくなる過程で
動脈から血管をもらい
大きくなります

これを
“血管新生”と呼びます

肝臓がんは
基本的には
肝臓の動脈から栄養されます

しかし、私たちが行う
カテーテル治療の一つ

肝動脈化学塞栓術、

岩本内科では、
その質を高めた
門脈動脈同時塞栓療法
行うと、


肝臓の中に癌があっても、
肝臓以外の動脈からも
癌が栄養されることがあります


この患者さまも

これまで肝動脈塞栓術や
肝動注化学療法を行いながら、
治療を行っていた肝臓がんの方ですが、

繰り返しの治療で

胃の外側を栄養する動脈の一部(右胃大網動脈)から
肝臓内の癌が栄養されていました


スライド2

こういう病変を治療できるかどうか・・
これは肝臓がんのカテーテル治療の一つの限界点で
治療できないと判断される施設が多くなってきます


限界点を乗り越えるには、
技術と経験
アンギオCT
根性と勇気

などの要素が必要です


丁寧に行えば、
右胃大網動脈から、
癌の栄養動脈まで
カテーテルを挿入する事ができます


スライド3

アンギオCTで他の臓器に
薬が流れないことを確認し、
門脈動脈同時塞栓療法を行います

スライド5

手間はかかり、体力も気力も使いますが
治療できるならそれでよいのです

今週も忙しそう・・涙
さて、、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がんは
肝臓のどこにでもできます


カテーテルを使った治療
肝動脈塞栓術(TACE: テース)の場合、
癌ができる場所によって
治療のしやすさ、しにくさが
変わります


これは、岩本内科で行う
門脈動脈同時塞栓療法でも同じです

基本的には、
肝臓の端の方が治療しやすい場合が多いです


逆に、
肝臓の真ん中の方は
治療しにくい場合が多いです


治療しにくくなる理由ですが、

肝臓の真ん中の方が
癌を栄養する血管が
1本ではなく2本、3本と
いくつもの癌動脈で栄養されている場合が多いのです


そうしますと、1本だけ治療したとしても、
他の動脈から栄養供給され、
癌は生き延びます


例えば、
この方、

関西地方からご来院

私が、関西地方で講演させて頂いたときに
来てくださっていた
肝臓がんの患者さま

CTで見ますと、
肝臓の真ん中に2cm強の癌がありました

スライド2
スライド3

血管造影を行いますと、
この方の場合、3本の癌動脈が
一つの癌を栄養しておりました


岩本内科のアンギオCTで確認します

この度、治療後1-2か月での
効果判定CT
を行いました

スライド5


癌があった場所に
薬剤がしっかりと貯留
完全壊死が維持されておりました


かなり治療が難しい場所でしたので、
ホッとしました


岩本内科ではアンギオCTを使って
癌の動脈がちゃんと癌のどの場所を栄養しているのか確認しますので、
抜けが少ないのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。