ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます!
2代目ガンちゃん先生です

日曜日の朝ですね・・・
今日はゆっくり起きてしまいました (笑)

本日のご紹介は、
関西地方からご来院の患者さま

ステージ4a
左の門脈に肝臓がんが入り込んでいる状態


前医の先生も
とても積極的な先生で

癌が門脈に入り込んだ部位には
放射線治療を行って下さっていて、
その結果、門脈の腫瘍は制御されている様
です

そして、
継続治療を
岩本内科でさせて頂くことに・・・

肝臓の右側にも
肝臓がんが多発


syokai

前回の治療で
カテーテルを入れて、

New FP療法、肝動注化学療法を開始

今回2回目の治療です

評価してみますと、

多発していた癌はほぼ消失
残存は明らかなのは2個


mae

この2個は
右横隔膜の動脈から
肝臓の中の癌に栄養されていました


ですので、
この癌に対して
追加で
門脈動脈同時塞栓療法を行いました

go

これで
多発していた癌もいったん、ゼロです

肝臓がんの性質上、
再発は繰り返されますが、

今ある癌をしっかりとゼロの状態に出来るか
という事が大切なのです


前医の治療の流れも含めてですが、
この様な治療戦略は
肝臓がんの標準治療のガイドラインには書いていません

治療ガイドラインは
治療レベルの均一化、全体の底上げには効果を発揮しますが、
天井を抜ける結果を出す事は限られてしまい
ます

患者さまは
もちろん、どの病院でも最低限の治療が得られる事を望みますが・・
それ以上に、癌を無くせるか、無くせなくともより良い結果を望みます

その割合をいかに増やすか、
そこに医師の知識、経験、実力、技術力、覚悟・・
が必要なのだと思います


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がんに対するカテーテル治療を完璧に行うには
様々な要素求められます

この方も
前医でカテーテル治療が行われていましたが、
治療が難しく

治療が出来ない癌があり
私のところで
治療を行っています


前医で治療が難しいとなったのが
2015年ですので、
もう3年


肝臓がんの性質上、
残念ながら繰り返し再発はするのですが、

その都度、
正確に治療が出来さえすれば
うまくコントロールが出来ます


しかし、どの場所に
新しく癌ができるか、

その再発した癌の治療血管がどこか、
それをその都度正確に見つけないといけないのが
難しいところなのです


岩本内科の
初代ガンちゃん先生が考案した
アンギオCTを行いながら
門脈動脈同時塞栓療法
を行うやり方では

その都度、100点を
出来る限り取れる仕組みになっています


例えば、
この方では、

前回、血管が蛇行しており、
カテーテルの挿入が非常に難しかったのですが、
あきらめません!!

DSA

mae angio CT

今回は新しいカテーテルを使う事によって
難しい血管も挿入出来て
結果、門脈動脈同時塞栓療法を行う事ができました


post

この様にあきらめずに治療し続けるのは
技術や知識はもちろんのこと・・・

気力も
体力も
根性も
時に、勇気もいるのですが

それがあるからこその結果なのだと分かっているので
ガンばれるのです


本日も治療たくさん!
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科では
肝臓がんや転移性肝がんの治療の時には
全例でアンギオCTを撮影します

アンギオCTとは
カテーテルを使った血管造影検査をしながら
行うCTのことです


数えてみると・・・
ブログにこれまで載せた画像だけでも
1000近くありました・・汗

これだけの癌のアンギオCTの
画像を持っている病院は
おそらくほとんど無いと思います

肝臓がんというのは、

典型的なものは
この様な・・・

nodula

結節型といって
綺麗に腫瘍の輪郭を追える腫瘍ですが・・・

他にも様々な形態をとります

これは・・

diffuse

浸潤型といって
先ほどの様な丸い腫瘍の形にはならず、
広がるようにして進展していきます

これは・・

kaijyou

塊状型といって
ボコボコとこぶを作りながら大きく発育した状態

これは・・

biman

大きな塊にはならず、
小さな癌が無数に飛び散った状態です
びまん型と言えます

この様に
同じ肝臓がんであっても
様々なタイプ、発育様式があります

癌の性質
治療の経過など
様々な要素が絡んで
これらのタイプに分かれます


肝臓がんもイロイロなのです

さて・・
今日も治療が待っています
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を

 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は妻が風邪ひいてと思っていたら、
私も風邪をひいていました・・・(笑)

ですが、
一日休んで復活です!


私が風邪をひいたとき、
ひきそうなときするのが、

鼻うがい
お鼻すっきりで、
風邪もすっきりです


昨日は学会の準備をしていました

今回は
肝臓がん治療における
放射線治療について検証してみました

昔は、
肝臓がんに放射線治療という選択はほぼありませんでした

しかし、近年の放射線治療の進歩により
様々な場面で使える様になってきているの
です

まずは、
転移病変に対する放射線治療、
肺転移、骨転移など
場所と数が限られている場合に力を発揮します

次に
肝臓がんが門脈や静脈に浸潤している場合にも
使えます

私の検証では、
放射線治療を用いれば、
門脈浸潤であれば6割くらいの症例で縮小させる事ができる事が分かっていますし、
静脈浸潤では8割くらいの症例で縮小させる事ができる様です


IVC RT

この方の場合も、
下大静脈に肝臓がんが入り込んだ状態でしたが、
放射線治療により、
完全退縮です


もう一つは、
重粒子線や陽子線など
ハイパワーな放射線治療の登場です
切除並みの効果が得られます

もちろん放射線治療だけで
うまくいく訳ではありませんし、
放射線治療も腕のたつ医師が行うべきですが、

治療戦略にうまく取り込んで
ベストな結果をもたらすべきだと思います


古い考えの医師では、
肝臓がん治療に放射線治療が選択肢に入っていない場合が
ありますのでご注意を

さて、
今週も大変な治療が待ち構えています

気合いを入れて
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

2代目ガンちゃん先生です

一日が矢の様に過ぎ去ります

昨日も、岩本内科で
外来と
問い合わせのお返事と
アンギオ治療・・
それから、

大学に帰って
実験の続き・・・

とても充実しているとも言えますが、
ただ目の前の事を一生懸命に取り組んでいるだけの様な気がして
時に不安を感じます・・・


さて、
肝臓がんのカテーテル治療において
一つの大きな敵

それは、APシャントです

APシャントとは、
動脈と門脈の交通を言います

通常の肝臓がんは
癌の動脈⇒毛細血管(類洞/血洞)⇒門脈
というルートで血液が流れます


ですが、
癌が門脈に入り込んだり、
激しく浸潤したりすると


毛細血管(類洞/血洞)を介さず
癌の動脈⇒門脈


というルートが出来てしまうのです

これがなぜ、問題になるかと言いますと・・・

カテーテルを使って癌の動脈まで到達して薬剤を流しても、
すぐに門脈に流れてしまうからです


特に、肝動脈塞栓術/門脈動脈同時塞栓療法では
癌の動脈を塞栓する物質を流しますが、
塞栓することなく、
門脈に塞栓物質が流れてしまう危険があります


門脈に塞栓物質が流れると、
強い肝不全が起こるリスクが高まります


ですので、APシャントは
私の大きな敵の一つです


例えば、
この患者様は

最初、アンギオをした時には
動脈から造影剤を流すと同時に、
門脈が描出される強いAPシャントがある状態
でした

AP

門脈本幹へ達する肝臓がんの浸潤によるものです

治療をしてもほとんど薬剤が溜まらず
数ヶ月、門脈へ流れてしまう状況が続きました


多くの場合、
こういう状況だと
治療する側はあきらめてしまいますが


様々な工夫をして、
あきらめずに
出来る事を一つずつ積み上げる事で


下の画像の様に
APシャントを無くす事ができました


AP after

その結果、
CT画像でも
治療薬剤がよく溜まるようになりつつあります


after CT sasaki

もちろん、APシャントの全てが
この様に改善する訳ではないのですが・・・
この方も、
まだ薬剤が門脈に流れやすいので慎重な加療が必要なのですが、
“あきらめずに”治療を続ければ、
この様な変化が起こる事もあるのです


目の前の患者さまに
どうベストな治療を施すか、
まずはそれに集中です


その先に
次の道が見えてくるはず・
・・

父である初代ガンちゃん先生が
そうしてきた様に・・


という事で、
本日もガンばりますか!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ