fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

ここで、なんとかしないと・・
進行した状態のがんを患う患者さまが岩本内科に来られた時に
いつもそう思って、気合をいれて治療を受けます

ゴールデンウィークを明けてから、
治療も外来も忙しいです

この患者さまをご紹介いただいた
20 cmを超える巨大肝臓がんです

スライド2

ここで、なんとかしない限りは
厳しい状況に陥る状態です

スライド3

破裂のリスクも高く
早急に治療を開始する必要がありましたので、

すぐにご入院頂き
評価しました

これだけ大きいと
がんに肝臓の動脈以外からも血液が供給されています
横隔膜の動脈からもがんに血液が供給されていましたので、

スライド4

カテーテルを挿入し、
破裂を予防することも目的として
肝動脈化学塞栓術
を行いました

そして、
肝動脈には、
持続的に、そして反復的に
薬剤を投与できるように
カテーテルを留置し、
肝動注化学療法 New FP療法を導入開始です


スライド6

これだけ大きいと
治療は一筋縄ではいきません

初回の治療としては、
狙った通り完璧に治療を終えました

スライド11

肝機能を保ちながら、
薬物療法も上手に使いつつ、
縮小
を狙います
⇒あわよくば、癌ゼロをと思っています

今週は、治療だけでなく講演も忙しく・・・

一つ目は、
明日、水曜日
戸畑共立病院という
北九州でがん診療を積極的に行っている病院で
講演
させていただきます

スライド12

これは、肝がん専門の先生以外にも話すない様なので、
動注療法について、すこしくだいてお話をする予定です

その次の日は、
横浜で、企業にたいして、
医療デバイスの重要性
についてお話をします

そこから、金曜日は
岩本内科に戻って、
外来と、治療です

土曜日も岩本内科で外来です

ハードな1週間ですけど、
もう慣れました 笑


さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

すべてのがんは
原則的には、動脈から血液をもらい
大きくなります


がんは大きくなるために、
血管誘導物質をだして、
動脈を引き込んで、栄養となり得る血液を獲得するのです

その特性を逆手にとって、
その癌の動脈から抗がん剤を直接、流すのが、
岩本内科で行う
動注化学療法
です

塞栓物質を流す場合は、
その癌の栄養動脈を詰めてしまいます
これが、門脈動脈同時塞栓療法です

肝臓にあるがんの場合は、
多くは、肝臓の動脈から一部がんの動脈が分岐します

肝臓以外のがんはどうかというと、
肝臓以外のがんも、
その場所場所の動脈から血液をもらっています

たとえば、
この方、子宮体がんで多発転移で加療中

前医では全身の抗がん剤による治療不能状態となって、
岩本内科に来られて、もう4年くらいになるでしょうか


腹膜播種と呼ばれるおなか、骨盤の中にがんが播かれてしまった状態

スライド2

この腹膜播種でも動脈から栄養されていて、
骨盤内の動脈だったり、
大腸を栄養する動脈だったり、
省庁を栄養する動脈から
腹膜播種を栄養する動脈が分岐しますので、

これらに薬剤が分布するようにカテーテルを置くと、
動注化学療法が行えます

それを可能にするのが、ReMAP/System-iと呼ばれる
動注用の医療機器です

スライド3

したがって、
がんを栄養する動脈が分かれば、
理論的にはどこのがんにでも動注化学療法は可能なのです

実際には、流しづらい動脈もありますので、その場所場所、
状態などを慎重に見極めて治療を検討しますが、
がんに直接抗がん剤を届ける動注療法の可能性を感じます


いわゆる点滴で投与する全身化学療法では、
投与した薬剤はまず心臓に戻り、肺に、そして、心臓にもう一度入り、
全身に流れていきます

ですので、がんに届く前に、いろいろな経由地点を通ることになります
経由地点が多いと、抗がん剤は代謝、分解され得るので、
なかなか良い状態で抗がん剤が癌に届かないことになります

全身化学療法は、だれでも比較的簡単に投与する事ができるのが利点です

それが、全身化学療法と動注化学療法の違いです

この患者さまのように、全身の抗がん剤が効かなくなっても
動注化学療法だと効果が出るというのは、直接、薬剤を届ける事ができるから起こることなのです

今日は、たくさんの治療が・・・待っています
ハードな毎日だと、自分でも思います

さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日は、京都に来ております

APASLとよばれる
アジア太平洋国際肝臓学会の総会が
京都で開催されているからです


今日は、ありがたいことに
30分の講演の機会を頂きました

テセントリク+アバスチン併用療法について
私が知っていることを話してきます

明日は、カテーテル治療について
口演発表が予定されています

さて、
今日は、ガンばったお話

岩本内科では、
進行したがんに対して、カテーテルを留置し
抗がん剤を投与する、動注化学療法
を行います

継続的に、動注化学療法を行うためには
カテーテルを癌の動脈において、ポートと呼ばれる接続部を皮下に
埋め込む処置
をしなければなりません

これをリザーバーカテーテル留置術と言います
これが、なかなか難しい手技なので、全国どこでもできないわけですが・・

私が2代目ガンちゃん先生になってから、
このリザーバーカテーテル留置から動注化学療法を行うのを
岩本内科で始めたのですが、

もう10年経ちますが、おそらくこれまでに1000件弱は
このリザーバーカテーテル留置を行ってきたはずです


1000件のうち、これまで1件だけ
その日にカテーテル留置が出来なかった方がいて、
その方は後日、入れなおして、ちゃんと治療できたのですが


先月、2件目
カテーテルを入れれませんでした


すごく落ち込んで、悔しくて反省しました

入れれなかった理由はたくさんあったのですが、
一つ一つが高難易度で、動脈も複雑、条件も悪く
完敗でした


スライド3

1回目の治療ではカテーテルは入れれませんでしたが、
薬剤は癌にちゃんと流すことはして、患者さまにもお話をして
2回目のリベンジを今週したわけです


そして、
ちゃんと、目的通りにカテーテルを入れる事ができました!
どんな風に入れたかは、マニアックすぎるので、ごく簡単に説明すると 

通常は、肝動脈に投げ込むタイプか、胃十二指腸動脈に投げ込むタイプでカテーテルを留置しますが、
どちらのやり方でも、カテーテルを安定的に留置ができず、
今回は、胃十二指腸動脈に投げ込むタイプのカテーテルの中に、肝動脈に投げ込むタイプのカテーテルを入れ込んで、
留置しました・・・・という、簡単に書いても、複雑なやり方です・・(笑

スライド5

今までのカテーテルの留置の仕方とは、異なる新しい入れ方で留置たということです

1000件近くカテーテル留置していて、新しい方法をやるとは思いませんでしたが、
いろいろ作戦を考え、工夫しての決断で、
成功しました


腫瘍マーカーも下がっていたので
継続治療の意味がありそうです

患者さま本人もご家族も喜んでました♪

あきらめない!
技術はどこまでも向上するはず


私が治療できないとなると、この方は完全に治療できないということになってしまいますので、
意地でも、カテーテルを入れる必要があったのです

治療が終わったら、汗だくでした (笑
とにかく無事に、予定したことが完遂出来て、ホッとしました

さて、APASLに行ってきます!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

どれだけ腕を磨いても、
難しい治療が目の前にやってきます


かなりの数の癌カテーテル治療を行ってきましたが、
それでも、これは難しいか・・・ということが
あります

先日も、
非常に難しい血管の患者さまで、
これはカテーテルを留置できないかも
・・
と思わせられたのですが、

こういう時は
これまでの経験と、知識と
これまで磨いてきた腕を駆使して
必死になって、解決策を見出します


スライド2

この方は
腹腔動脈がぐるぐるとねじれていたので
通常のカテーテルが留置できなかったので、
特殊なコアキシャル法と呼ばれるカテーテル留置法を選び、
それでも、かなりきわどかったのですが
何とか次のステップに移ることができました


スライド4


岩本内科に来られる患者さま方は、
前医で治療が困難と考えられた方々が多いので、
ここで何とかするしかないのです


毎回の治療が、本気の戦いなのです
ギリギリの戦いの中で、腕が磨かれます


さぁ、もう少しでこの一年も終わりますね
あっという間の一年でした

最後まで走り切ります!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ   

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、
年に一度の
日本の消化器病関連の最大の学会である
JDDWに参加するために神戸
に行ってまいります

というのも、
貴重な発表の機会を頂きました

会の中で
日本と台湾と韓国の肝臓がん研究・治療の各国の代表者が
肝臓がんの薬物治療について話をするというセッションがあり、
その日本の発表者
に選ばれたのです

流石に、緊張する発表ですね・・・ガンばってきます・・汗

さて、
本日の治療のご紹介ですが、

東海地方の大きな病院からご紹介いただいた
肝臓がんを患う患者さま
です

前医では抗癌剤の全身投与が行われてきましたが、
治療はうまくいかず、
手がない状態となり、

ご本人、ご家族が探され、
岩本内科に問い合わせがありました

たしかに、今の状態は、
腹水も出ていて、肝機能が低下してきている状態で、
薬剤の全身投与は厳しい状態
でした

スライド3

薬剤の全身投与は、いま、肝臓がんでは様々使用する事ができますが、
すべて、肝機能が良好な場合でしか使えません

肝機能が落ちてきた状態での薬物治療の選択肢は
ほぼ無いのです


この患者さまも確かにそういう状態なので、
治療は難しいのですが、
充分にお話をして、
比較的、安全に行うことができる肝動注化学療法を
今回、導入することにしました


肝動注化学療法でもリスクはもちろんありますが、
薬の量の調整など、術者により細かく調整できるので、
比較的安全に行えます
そして、抗癌剤も癌に感受性があれば、しっかり効いてくれる可能性を秘めています


まず、出来る限り負担なく
治療用のカテーテルを留置します

この方は、
肝臓の右側は全てがんに置き換わっていて、
肝臓の位置が大きく変わっています

こういう方は、
肝臓の動脈も位置が大きく変わっているので、
角度が急峻になり、カテーテルの留置難易度が格段に上がります

スライド2

丁寧に、かつ、迅速に
カテーテルを留置して、
治療を開始しました


スライド6

このような肝機能があまり良くない方には、
使用する抗癌剤や塞栓剤の量も
丁寧に調整して、投与します

治療の薬剤分布も良好で、
1時間半程度で治療手技は終わりました

スライド7

翌日の採血でも肝機能の悪化はありません
これから、厳しい戦いにはなりますが、
覚悟を持った上で、
希望を胸に、戦っていきます


こういうギリギリの中で
カテーテル留置や治療は
本当にぐったり消耗します

ですが、私がやらねば誰がやる!
やるしかないのです


今日は、治療でぐったりではなく、、
発表でぐったり・・消耗する事でしょうけど・・
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ  
 
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。