FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
大学の当直明けでぐったりの
2代目ガンちゃん先生です

ということで、
今日は速やかに治療の記事に移ります (笑

本日ご紹介は、

肝臓がんが背骨に転移してしまった状態

基本的には、このような
骨転移には、

内服の抗がん剤か
点滴の抗がん剤

この方も
もちろん内服の抗がん剤の投与を
前医でされておりました


しかし、
漫然と投与されていて、
副作用が出てるのに
そのまま続けられて
つらかったようで


今の肝臓がんに対する
内服の薬は
うまく管理しないといけないのですが・・・


まず、岩本内科に来ていただいて、
内服の薬を
管理させて頂いて、

副作用なく飲めることを確認して


次に、
骨に転移している癌を
栄養する動脈を探しました


スライド6


背骨の転移は、
多くの場合は
肋間動脈という肋骨の動脈の根元から
栄養動脈が分岐してることが多いのです


右、左の肋間動脈から
癌が栄養されていることを確認しました

背骨の神経、脊髄には
薬剤が流れないこともCTで確認


スライド7


継続的に動注療法ができるように、
システムIという特殊リザーバーを留置し


治療していく予定です

骨転移への動注などは、
完全には確立した治療手段ではありませんが、

CTで確認することで安全に薬剤を流すことができます


あきらめずに、
やるのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

毎日の治療や診療の後に、
今度、開催される北九州マラソンのための
ランニングをしないといけないのは・・・

苦痛です (笑

・・と、ボヤきから入りましたが、
体づくりはいい事ですので、前向きに
ガンばります

来週末が北九州マラソンかぁ・・・・

さて、
本日の記事ですが、、

レンビマ内服後に
レンビマの効果が出なくなって、
当院に来院された
肝臓がんの患者さま


レンビマ単独では
いつか効果が乏しくなる可能性が高く

その間に、うまくカテーテル治療を入れた方が
よい治療効果が得られるという解析結果も
出てきてます


この方も
最初、レンビマが
とてもよく効いてくれて
副作用と闘いながら
1年以上内服


しかし、明らかに増大してきたため
次の内服の抗がん剤を検討されているところでした


その過程で、
岩本内科をご本人とご家族が見つけてくださり
来院されました

肝臓を評価してみますと

肝両葉に多発
最大腫瘍径6-7cm
左の門脈にも浸潤
肝臓から突出しており破裂のリスクもある危険な状態
です

スライド3
スライド2

肺転移も見られます
ステージ4B
と診断されます

たしかに、レンビマが効かなくなったら
つぎの内服や点滴のお薬を検討するのは
当然のことなのです
が、

ここまで肝臓の病変が進行した状態では、
内服や点滴のお薬では
制御しきれません


癌を小さくさせるのであれば、
カテーテル治療しかないと私は思いますし、
小さくさせられると思います


ですが、そう自信もって
カテーテル治療を考慮する事ができる
先生も
少ないようです


血管造影を行い、
適切にカテーテル留置を行いました

肝動注化学療法 New FP療法と
門脈動脈同時塞栓療法
の併用です


治療薬剤が良好に分布

スライド4


患者さまご本人も
全く苦痛なく治療を受けて下さいました

レンビマ後の
カテーテル治療のデータをまとめてみようと思います

今日は、土曜日の外来です
診療に、論文に、講演発表の準備に
北九州マラソンの準備に
くたくたですが・・

さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

連日、新型コロナウイルスによる肺炎の報道が
あっておりますが、

今は対策がなされていなかった時期に広がった方々の
症状があらわれてくる時期なので
どんどん患者数は増えていくはずです

中国政府が対策を始めて
2週間程度経ってから
その増加がどれくらい留まってくるかが
一つ目の節目だと思います

いずれにしましても、
過度の不安はいけませんが、
人ごみに入るときの対策はしておいた方がよいかもしれません

今週末は、
韓国の研究会に呼ばれましたので
私も対策をして、
気を付けて行ってきます

ですが、まだ発表の準備が終わっておらず
そちらの方が心配です (汗


本日ご紹介の方も
進行肝臓がんの患者さま

ネクサバール
レンビマ

それぞれ内服されていましたが、

副作用で断念


ほかの治療手段がもう無いという事で
岩本内科医院に来院


最近、このパターンが増えています

評価しますと
確かに肝臓内には多発
腹膜播種もある状態
です

スライド3
スライド2


腹膜播種には放射線照射を行っていただき、

肝臓内はカテーテル留置を行い
動注療法 New FP療法を行います


薬の分布、貯留は良好で
効果が期待できます


スライド4


内服の抗がん剤が終わったからと言って
あきらめてはいけません


内服の抗がん剤は
副作用が強く出る方がおられ、
中にはかなり大変な思いをされて
内服を続けておられる患者さまもおられるようです

今のネクサバールやレンビマは
内服を継続するためには
適切な内服管理が必要な薬剤です

そういう患者さまも
一度は私にご相談頂けたらと思います

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
一人でも多くの人に知って頂くために、
1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です
本日ご紹介は
進行肝臓がんの患者さま
前医で内服の抗がん剤を内服、
効果が乏しく、
副作用が強く出てしまい、
次の治療手段がないということで
岩本内科医院に来院されました
画像を見てみますと
典型的な肝臓がんの見た目とは
少し異なるようで、
スライド7
内服の抗がん剤で中心部が壊死してしまっているか、
もともと混合型の肝がんと呼ばれるようなやや特殊なタイプの肝臓がんか
どちらかの様です
治療ですが、
カテーテルを留置し、
New FP療法
可能な場所には、門脈動脈同時塞栓療法
治療を始めて、
数か月ですが、
明らかに縮小♪
スライド8
嬉しい限りです(笑
私、2代目ガンちゃん先生としては

内服の抗がん剤は全く否定しません
よいお薬ですが・・
内服の抗がん剤が効かなくなったり、使えなくなっても
次の手段があるということを
知っておいてほしいと思います
ブログランキングに参加してます
ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
一人でも多くの人に知って頂くために、
1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!
にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今年は暖冬で、
私が留学していたスウェーデンの友人に聞いたのですが、
スウェーデンでも通常はマイナス10度、20度の世界なのですが、
今年は、雪があまり降らない様です

スウェーデンは
緯度が高く、冬は日照時間が短いため
ほとんど暗闇で過ごします

ですが、雪が降ると、
その白い照り返しで
若干、明るくなるものなのですが、

雪が降らないと
本当に暗闇ですので、、
とても気が滅入ります

スウェーデンの冬は
過酷なのです

さて、
本日ご紹介しますのは、

肝臓がんの内服薬が効かなくなってしまった患者さま
に対する
岩本内科での治療です

この方は、
関西地方からご来院

前医では、内服薬が効かなくなり
つぎの手段はほぼ無いという事でした

まず、評価してみますと
肝臓内に無数に広がる肝臓がん
ステージ3の状態
です

スライド3

血管造影でも
無数の癌の染まりが確認されます

スライド2

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を開始します
(New FP療法)
です

この方の肝動脈は
なかなか難しく、安定的にカテーテルを留置するのが
非常に難しい症例でした

でも、うまくいきました♪

薬剤を流すと
うまく分布し、
一度の治療で、かなり良好に
薬剤が癌の中に貯留したことが確認されました


スライド4

最初の治療としては100点です
うまく効いてくれることを願います。

肝動注化学療法ならうちでも出来ますよという施設も多いのですが、
肝動注化学療法にも種類がありまして、
Low dose FP
IFN+5-FU
CDDP動注などがあります

肝動注化学療法というのは
カテーテルを使って抗がん剤を肝臓の動脈から流すことを示します

どんな薬を流すかで効果も副作用も変わるのです

岩本内科で行うのはNew FP療法が基本です

これまでのデータからすると、
Low dose FPでは奏効率(癌を小さくさせる力)が30%程度
New FP療法では奏効率が70%

ほかの動注療法とは一線を画するのが
New FP療法なのです

それと、もう一つ
よく聞かれる質問がありまして、
これらの治療は
全て保険診療内で行われる治療ですので
ご安心して相談いただければと思います


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。