ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

そういえば・・・
息子が
小学校の新一年生に♪

大きめのランドセルを
背負って登校する姿は
かわいくもあり、
そして・・
成長を感じます・・・


さて、
本日のご紹介は

ちょうど1年前
岩本内科に来て下さった

進行肝臓がんの患者さま

腹痛があって
前医を受診

門脈に入り込んだ15cmの肝臓がん
一部破裂していて、
すぐにでも出血で命を落とす状態でした

破裂していた場所を
前医では治療出来ず、


岩本内科に来て下さった経緯でした

緊急的に
破裂した場所を止血
し、
カテーテルを留置し

New FP(肝動注化学療法)と
可能な箇所の門脈動脈同時塞栓療法


肺転移もありましたので
それらは
気管支動注
ネクサバール、スチバーガー


集学的な治療で
いま、1年経過です


破裂の状態ではそのまま命を落としてもおかしくありませんし、
癌の状態としても余命は数ヶ月と言える状態でしたから
非常によくガンばられています


今も、肝臓の中は
ほぼ癌が無い状態ですが、

肝臓が問題ない代わりに、
肺と
腹膜播種
が問題になっています

肝臓がんが破裂すると、
お腹の中に癌細胞が散らばる可能性が高く、

腹膜播種が出てくることがあります

今回は、
腹膜播種の腫瘍が
急速に大きくなってきたため
動注化学療法を行いました


DSA
CT post

胃十二指腸動脈の枝が
癌の中に入り込んでいるのを
アンギオCTで確認
持続動注
です

“あきらめない!”

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日のご紹介は、

東北地方から来院されている
肝臓がんの患者さま

2年前に初めて岩本内科に来院

前医では
もう治療ができないと言われて来られた経緯です


確かに来院時の状態は
肝臓がんが門脈内に入り込んだ状態が
4箇所
あり、
極めて進行した状態と言えます

スライド2

一般的には
余命4ヶ月から半年の状態

岩本内科で
肝動注化学療法、New FP
門脈動脈同時塞栓療法

行い

一旦、癌がゼロの状態まで
スライド3

今回、再発があり
約半年ぶりの
追加治療です


スライド4

アンギオCTをしますと、
S4 15mm、S5 20mm
2個の再発
がありました

それぞれを選択的に挿入し、
門脈動脈同時塞栓療法を行いました

スライド5

これで一旦、癌はゼロのはずです

門脈浸潤のあるステージ4aの状態の
進行肝臓がんでも

New FP療法では
70%の癌縮小率
20%が一度は癌がゼロの状態を作れるという
データもあります


もちろん、この様な結果が得られた患者さまは
長期生存が期待できるのです


さて、本日も
ガンばりますか・・・

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

たけのこ狩りに行ってきたご報告を♪

採ってきた
タケノコを使って、

月曜日の
岩本内科のお昼は

IMG_8604.jpg

たけのこ御膳でした!

入院患者さんにも
好評だったようです


それにしても、
タケノコを掘るのは
大変な労力でした・・・


IMG_8560.jpg

筋肉痛、はなはだしい・・・涙

さて、
本日、ご紹介しますのは

大腸がん肝転移
これまで
全身化学療法や
経皮的ラジオ波焼灼療法
など
様々な治療を受けて来られたそうですが
もう治療ができないと言われ・・
当院に来院された患者さま・・・


肝臓の左葉に
大きな主の癌があって、

スライド3

その癌は門脈の中に浸潤している状態です

大腸がん肝転移で
この様な門脈腫瘍栓を形成するのは
あまりみられません


スライド2

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法を開始です

腫瘍栓があるため、
より積極的な治療戦略で
治療を開始することにしました

スライド4

薬剤も極めて良好に貯留していますので、
良好な治療効果が期待できます

継続的に加療を行いたいと思います!


今日もたくさんの治療が待っています
たけのこパワーで
すくすくと・・・

ガンばりますか!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

もう4月
新年度が始まりますね

3月から4月は
別れの季節でもあって
あまり好きではないのですが・・・

4月からは新しい出会いもあるはずです


さて、

私、2代目ガンちゃん先生
岩本内科で行う
カテーテルの治療に

肝動注化学療法があります

この肝動注化学療法を行うためには

リザーバーカテーテルと呼ばれるカテーテルを
癌の動脈に設置して、
ポートと呼ばれる接続部を
身体に埋め込む必要があります


ryuuti

針を刺せばいつでも
薬剤を肝臓へ流す事ができるシステム
を作るのです

全国的にみても
この肝動注化学療法のための
カテーテルを
安全かつ正確に設置できる施設は
非常に少ないのです


設置できると言っていても、
意外と、雑にしか設置できていないケースが多い様で
そうなると、合併症が多くなってしまいます

全国に自信もって
リザーバーカテーテルを留置できる人は
何人いるのかな?と思います・・・


特に、私が行っている
New FPでは
リピオドールという造影剤を使いますので
肝臓以外の動脈に流すことはできません


たとえば、
右胃動脈
後上膵十二指腸動脈
胃十二指腸動脈
など

肝臓の動脈近くから分岐する
胃や腸、膵臓を栄養する動脈に
確実に薬剤が流れないようにする必要があるのです

肝動注化学療法は
非常に良い治療
なのですが・・・
設置が難しく、
管理が難しい為
広まらないのです


より職人的な技術と経験が必要とされているのです・・・

もうちょっと簡単に
設置ができるようになると
広まると思うのですが・・・
何かそういうものを開発する必要があります・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日から新年度・・
気持ち新たにガンばりますか

・・今日は、ちょっと休憩です・・(笑)


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日、ご紹介しますのは

進行肝臓がん

ステージ4a 


今回の患者さまは
関西地方にお住まいの方ですが、
癌が見つかって、すぐに
岩本内科に来て下さいました

ステージ4aとは
癌が門脈という肝臓の大切な血管に入り込んだ状態を言います

入り込む門脈にも
レベルがあって、

一番進行しているのが門脈本幹・・一番太い場所
その枝分かれでそれぞれ
一次分枝
二次分枝
三次分枝
と細い門脈への癌の浸潤に分かれます


もちろん、一番太い本幹浸潤が最も進んでいて
肝不全の危険が月単位で起こり得ます


岩本内科に来られる患者さまは
多くの場合は、
前医で治療され
治療が難しくなってから来院されるので

この門脈本幹や一次分枝と
非常に進んだ状態で来られる事がおおいのです


でも、今回は、
見つかってすぐ来て下さったので、
二次分枝レベルと比較的早い段階で
来て下さいました

こういう方は、なおさら根治が狙えます


さて、
血管造影を行って、

まずは癌の動脈を見つけ、
アンギオCTを行い

門脈動脈同時塞栓療法を行います

この方は、
S4に40mm
S6に15mmの二か所

DSA
CT

S4の癌が門脈に入り込んでいます

そして、
カテーテルを留置し、

New FP療法 肝動注化学療法を行います

ステージ4aの場合は、
門脈動脈同時塞栓療法だけでは、
次の再発を抑える事が難しい場合があります
そして、門脈の太い所に癌が入り込んでいる場合は、
門脈動脈同時塞栓療法は行えません

New FPを併用することで、
次の再発を抑え、
門脈に入り込んだ箇所も積極的に抑制する事ができるのです

初代ガンちゃん先生の流れを汲みつつも
2代目ガンちゃん先生流の治療戦略です

薬剤は二つの腫瘍に正確に貯留し
効果が期待できます!


post

よい治療戦略を
よい医療を!!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ