FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます

やるべき事が多すぎて
ちょっと困っている
2代目ガンちゃん先生
です

とは言え、
こういう時こそ
一つずつやっていく事が大切なのも
知っています (笑)


大学での仕事、
岩本内科でのやるべき事、

一つでも多いのに、
二つともやろうとしている事が
普通であれば間違っているのです


が、、、その二つをやるからこそ
意味があるのです・・と自分に言い聞かせています (笑)


さて、
火曜日は岩本内科での
治療日でした

多発肝臓がんの方へ
カテーテル留置を行い、
治療を開始しました


1
2

この方も前医で
内服の抗癌剤を投与され
そのまま見ている間に癌が進展してしまった方です

これから、こういう方が増える可能性があって、
ちょっと心配です


今回のカテーテル留置は
GDAコイル法という手技で
なかなか大変な手技なのです

3

カテーテルを動脈に入れて、
血管を評価して、
アンギオCTで癌の評価をして、
右胃動脈にカテーテルを入れて、
コイリング(金属の糸で血流を遮断する)して、
膵臓の動脈にカテーテルを入れて、
コイリングして、
留置用のカテーテルへ入れ替え作業を行い、
接続用ポートを埋め込みます。

これらの作業後、薬剤を投与し、
確認のCTを行い終了です


これが一連の流れです

聞くところによると、
通常の施設では4時間かかる事も
普通にある様です


私自身も2時間はかかると考えるのですが、
今回の施術は1時間30分で
全ての手技を終える事ができました


自分で言うのもなんですが(他の人には言われないので・・泣)
ずいぶん手技が早く且つ正確になってきました

日々の鍛錬ですね(笑)
さて、今日もガンばりますか!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

明日は
北九州マラソンです

毎年、岩本内科のスタッフ有志
参加します!

私は・・・走りません (笑)

岩本内科スタッフ全員で
ランナーを応援します
こういう一体感好きなので・・(笑)
楽しみです


さて、
本日ご紹介しますのは

進行肝臓がんの患者さま

関東地方の
癌治療の中心的な病院から来院

この状態では
内服の抗癌剤
特にネクサバールしか治療選択肢は無いという事で
岩本内科を受診されました


検査をしますと
肝臓内には無数の癌が・・

2

1
確かに治療ガイドラインに準ずると
内服の抗癌剤となるか
治療をしないかという事を言われるかもしれません

ですが、
ここまで進行した状態では
ネクサバールではなかなか制御出来ないのが現状でしょう
と言っても、
カテーテルを使った治療の方が確実に良いと言えるほどの
データは出ていないので、
ご本人、ご家族とよくお話をし治療選択を行います


カテーテルを使った治療の方が
癌を小さくさせる力が強いのは事実ですので
この様にかなり進んだ状態では
癌が薬剤に反応してくれて劇的に効いてくれる事を期待します

それらの説明をし、
岩本内科で治療をさせて頂くことになりました

カテーテルを留置し
肝動注化学療法
を行います

このカテーテル留置がなかなか手間なので
この手技に慣れている医師しか
治療ができないのです

3

治療後
無数の癌に薬剤が貯留している事を確認し
終了です

1時間半くらいの時間
カテーテル留置を行い、治療まで行います


治療は
保険診療内で行える治療です


経過を見て
継続加療を行っていきます
ベストを尽くします!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介しますのは

6年ほど前に
父である初代ガンちゃん先生
加療した
肝臓がんの患者さま


6年前は
Stage 1の状態
肝臓内に20mm弱の癌


初代ガンちゃん先生の
門脈動脈同時塞栓療法で
根治です


ですが、その後
他の病院に移られた後に
通院をやめてしまっていた様です


今回、新たに受診され

進行した状態新たに肝臓がんが
見つかってしまいました


癌は
門脈内に入り込んでいて、
胆嚢内にも浸潤

スライド3

特殊な状態です


血管造影を行い、
アンギオCTで評価しました

スライド2

著明な動脈と門脈の交通があり、
普通に薬剤を流すと、
全て門脈に流れて
癌には薬剤が入らない状態
でした

癌は
右門脈まで入り込んでいて、
胆嚢内の癌は
胆嚢動脈から栄養されていました


非常に難易度が高い治療です

自分で言うのもなんですが・・
絶妙な位置に
カテーテルを留置し、

まずはNew FP療法から入ります


縮小させて、門脈動脈同時塞栓療法を行う予定です

スライド4

薬剤も門脈内に流れ込む事なく
癌にしっかり薬剤が貯留しています


一度、肝臓がんを患った方は
必ず定期的に病院で診察を受ける必要があります

皆さまもお忘れなく・・・・


さて、2月も・・
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は大学で研究の日でしたが、
肝臓がんの破裂の患者さまが
救急車で来られたので、緊急で治療をしました 


肝臓がんに対する
カテーテル治療を積極的に行っている
私、2代目ガンちゃん先生ですが・・・

最近の
日本全体の流れ、世界の流れからすると
カテーテル治療は
全身の抗癌剤治療に押され気味です


これは、様々な種類の全身抗癌剤が
肝臓がんで使える様になってきているからです


加えて、
カテーテル治療は
どうしても技術や経験が必要ですので、
一般化するのが難しいためです


特に、
カテーテルを体に留置(据え置く)する
肝動注化学療法(肝動注リザーバー療法)は
風前の灯火と言われてもおかしくない状況なのです


それを打開するために、
肝動注リザーバー療法ガイドラインというのが
昨年作成されました


私もそのガイドライン作成委員会に入る事ができましたので、
その作成に携わりました


そのガイドラインが
カテーテル治療を行う専門家が集まる
IVR学会のホームページに掲載されております


参考までに
リンクを貼っておきますね

肝動注リザーバー療法ガイドライン  ←クリックするとリンクに飛びます


肝動注リザーバー療法は
手技的には非常に難易度は高いのですが


特に岩本内科で行う
New FP療法に関しては、
進行肝臓がんに対して
他のどの治療よりも上回る成績を発表しています


そんな治療方法が駆逐される様なことは
患者さまにとって、あってはならない事なのです


どうしても、
技術的にも簡単で
みんながやりやすい治療に安易に流れてしまいますが、

患者さまにとって何がベストか
その為には、
難しいとか、大変とか、
・・関係ないのです・・


、、、と私は思います

全身の抗癌剤治療も決して悪い薬ではありません。
私の大学での研究は、これらの全身の抗癌剤の研究ですので、
人より深くこれらの薬剤の事も知っています

いかに、適切なタイミングで
どの治療方法を使うのか・・
それが一番大切だと私は思います


そう言う事が伝えられる人になりたいのですが・・・
まだまだです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

この時期は外来がとっても多いです
昨日は一日で160名の外来患者さまが

その内、発熱を訴えて来られた方が60名
その60名の内、20名が
インフルエンザA型
でした

山口院長先生
循環器の五十嵐先生を中心に、、
外来患者さまを見て下さっています


本日ご紹介しますのは、
肝臓がんに対する放射線治療

放射線治療は、
肝臓がん治療のガイドライン上は、
まだ大きくは取り上げられていません


ですが、使い方によっては、
とても有効な治療方法だと
私は思っています

たとえば、この方、
1年ほど前ですが、

肝臓内の再発病変に加えて、
胸椎に転移
が見つかりました

大きさは40mm弱あり、
このままだと、麻痺を起こすリスク
ありました

koko

そこで、相談がありましたので、
まず放射線治療を受ける様に促し、
照射後、肝臓内の病変の治療を
私が現在、行っています


放射線照射を行った
胸椎の転移病変は

いまは、10mm大まで縮小

1年近く経ちますが、
増大なく経過しています

放射線照射を行った病変の
奏効率(小さくさせる力)は
様々な報告がありますが、
50%から80%と高いのです


全ての病変に照射することはできませんが、
ここぞという時には
なかなか使える治療選択肢だと考えています

私の考えでは、
今回の様な肝臓以外に転移があって、
後に問題になりそうな病変、

肝臓内であっても、カテーテル治療が
困難な病変、

肝臓内の癌が門脈や静脈に大きく入り込んでいる場合


これらの場合は、放射線治療を考えます

一つの治療にこだわる必要は無く、
癌の多彩な病態に合わせて
治療を組み合わせていくべきだと私は思います


進行した癌の治療は
一つの治療でうまくいくほど甘いものはありません


今日は大学で研究です
さて、ガンばりますか・・

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ