FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がんが進行しますと
肝臓内の血管
門脈に入り込みます

これを門脈浸潤と呼びます

門脈というのは
腸で吸収された栄養を
肝臓に送り届ける役目がありますので、

癌が門脈に入り込んでしまいますと、
肝臓に栄養が届かなくなります

そうすると、肝不全といって、
肝臓の機能が破綻する状態に陥ります

門脈は本幹という一番太い血管から、
枝分かれして、肝臓の中に入り込んでいきます

癌の浸潤も
細い枝から浸潤し、
浸潤が進行しますと、
門脈本幹まで
癌で埋め尽くされてしまうことになります

門脈本幹まで浸潤してしまうと
肝不全が迫ってきます


レンビマ、ネクサバールなどの
薬剤は、進行肝臓がんには有効ですが、

門脈本幹まで浸潤した状態になると
なかなかこれらの薬だけでは戦えません


と言いましても、
これらの薬以外の治療するための武器を持っている
ドクターもそういませんので、

さじを投げられてしまう可能性が高いのです


岩本内科では、
このような門脈本幹浸潤を来したような
進行肝臓がんの方にも

カテーテル治療を行います

先日も、そのような方を治療しました
門脈の本幹まで癌が進行した状態になっています

スライド7

一時間程度で
カテーテルを留置し、
肝動注化学療法、New FP療法をまず始めます


スライド8

薬の反応をみて、
門脈動脈同時塞栓療法を今後、入れていきます

これまでの治療データを見てみますと、
岩本内科で行っている治療では、

この門脈本幹浸潤の肝臓がんでも
60%以上の方に
一度は癌が小さくなります
20%の方に
一度は癌がゼロになる
結果でした


ですが、
大切なポイントはいかに早く治療できるかです

門脈本幹浸潤の肝臓がんでは
とりあえず、抗癌剤を飲ませてみて
・・・
そして、効かなくなったら・・・次は・・・


という余裕がない状態なのです

ですので、
門脈本幹浸潤の癌と診断されたら、
まずは、岩本内科に受診を・・と
言いたいところです


たくさんの癌をみていますが、
癌は本当に厄介です・・・
戦うのは本当にエネルギーを使います


でも、
負けたくないし、
負けられないのです

さて、本日も
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、
私の父、初代ガンちゃん先生の
命日です

父も岩本内科の頑張りを天国から見てくれている事と思います

父が急逝し
2代目ガンちゃん先生になって6年が経ちます

山口院長先生を始めとして、
岩本内科のスタッフ、
大学の同僚、
癌治療に関わる方々

みなさんの支えがあって、
“今”があります

もっともっと
多くの患者さまに貢献できるように
自分を磨き、
岩本内科を発展させていきたい
・・そう思うのです

さて、
本日ご紹介は、

肝動脈塞栓術が効かなくなった多発肝臓がんの患者さま

ステージ2多発、ステージ3多発
の状態です

スライド3

これらは、原則的には
ネクサバールやレンビマなどの
内服の抗がん剤が投与されます


それが、標準推奨治療です

この方は、
中国地方の病院で
肝動脈塞栓術を繰り返されてきた
肝臓がんを患っている方です

レンビマなども考慮されましたが、
年齢がまだ若く、
癌をゼロにできる可能性を

という事で、岩本内科に来院されました

レンビマなどの薬剤の癌をゼロのする力は
2-5%程度です
全体的には命を延ばす効果は確実にありますし、
癌を小さくさせる力も30-50%と非常に高いのですが、
癌をゼロにする力はこの程度なのです


患者さまとよくよく相談し、
岩本内科でカテーテル留置を行い、
肝動注化学療法 New FP療法を行うことにしました

New FP療法の癌をゼロにする力は25%程度
大規模比較試験が行われていないので、
確固たるデータとは言えません


レンビマなどの薬剤は肝機能が良くないと
投与できません

ですので、できる限り早い段階でレンビマを投与した方が良い
という考え方もあります

一方で、癌をゼロにするタイミングも
出来る限り早い方が良いのです
多発する癌をゼロにするには、New FP療法が良いと思われます

ここが難しい点です


New FP療法も上手に行えば肝機能を低下することなく
継続できますので、この方の場合には先にNew FP療法を行うこととしました

逆に、レンビマやネクサバールを先に投与した方がよい症例もあります

治療後ですが、

スライド4
白くなっているのが癌に貯留した薬剤です

全ての癌に
リピオドールと呼ばれる白い薬剤が貯留したのを確認できました


継続治療を行い癌ゼロを目指します!
今週も治療・・・多そうです

さて、ガンばりますか

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
何かお力になれる事があれば、幸いです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     



ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

多くの進行癌は
点滴や内服の抗がん剤治療です

点滴の抗がん剤は
静脈に投与され、心臓に入り、
肺を通過して、心臓に戻り
全身に分布します

内服の抗がん剤は
腸から吸収されて、
門脈を通って、肝臓に
そして、心臓に入り、
肺を通って、心臓に戻り
全身に分布します

癌というのは
そもそも動脈から
血液、栄養をもらって
大きくなりますので、

点滴や内服の抗がん剤が投与されても
癌の動脈には、
全身をぐるぐる回った後でしか到達しないのです

もちろん、それでも一定以上の効果がありますので、
標準治療なのですが・・・

岩本内科で行う
カテーテルを使った抗がん剤の動注療法というのは、
動脈に直接、細い管を挿入して、
癌の動脈に一番近いところまで到達して
抗がん剤を直接投与したり、
癌の動脈を詰めて兵糧攻めにします

前述した、点滴や内服の抗がん剤が
全身をぐるぐるめぐってやっと癌の動脈に到達しているのを、
カテーテルという技術を使って、省いているのです

ですので、
全身の抗がん剤治療が効かなくなった
大腸がん、乳がん、子宮がん、胃がん、食道がんなどの
肝臓に転移した状態などでも
動注療法だと効果がでる症例を多く経験します

また、
肝臓以外に転移した状態でも、
癌はどこに転移しても
動脈から栄養を受けますので、

その栄養動脈さえみつかりさえすれば、
直接抗がん剤を動注する事ができます

たとえば、
脊椎に転移した肝臓がん

スライド3
上の画像が肋間動脈の血管造影です。
下の左右の画像が脊椎転移のCT画像です。脊椎はCT画像の下真ん中の白い場所です。そこに転移があります。


肋骨の動脈からこの癌は栄養されていましたので、
その動脈までカテーテルを挿入し
直接、抗がん剤を投与します

スライド2
上の画像が肋間動脈の血管造影です。
下の左右の画像が脊椎転移のCT画像です。脊椎はCT画像の下真ん中の白い場所です。そこに転移があります。



もちろん、
点滴や内服で抗がん剤治療を行う方が
簡単です

癌の動脈を探して、
カテーテルを挿入し、抗がん剤を投与する
なかなか骨の折れる作業ですが、
それだけの価値があるのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です


進行がんの治療は待ったなしです
今日も
変わらず、治療経過を報告します

肝動注化学療法は
カテーテルを使った
抗癌剤治療ですが、

カテーテルを
癌を栄養する動脈に留置するので、
いつでも
針を刺せば

直接、抗癌剤を癌に送り届けることができる仕組みです

この患者さまは

肝動脈塞栓術が効かなくなった患者さま

一般的には次は
抗癌剤の内服が標準的な治療です

ですが、この方
お元気な方ですが、
90歳近くの超ご高齢

よく相談し、
肝動注化学療法を選択しました

5か月前が治療開始

肝臓内には
最大腫瘍径は5cm程度
数は10個以上の肝臓がんがあり

ステージ3の状態
一部は肝臓の外に飛び出ていて
破裂のリスクがある状態

スライド3

破裂しそうな癌は
門脈動脈同時塞栓療法を行い、

全体にはカテーテル留置を行った後に
肝動注化学療法 New FP療法を
行いました

スライド4

計4回程度の治療で、

癌はすべて消失
いまは、1か月半に一度
外来に来ていただいて、
外来で動注療法を行っております

スライド5

標準的な内服の抗癌剤治療も
奏効率は10-40%程度ありますし、
癌を一時的に大きくさせない効果は50-70%程度ありますので
有効ではありますが、

癌をゼロにする効果は2%程度

肝動注化学療法 New FP療法では
いろいろな治療と組み合わせれば20-30%
癌がゼロになっているというデータがあります

ご高齢の方でも、
上手に治療を行えば、
副作用もほとんどなく、
よい経過が望めます

もちろん、すべての方で
よい経過をたどるわけではありませんが、

前の治療が効かなくなっても
よい経過となる方が多いのです

新型コロナウイルスで
自粛されてることと思います

進行がんでお困りの方は、
これを機に、お問い合わせ頂ければと幸いです。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

去年、神戸で
ガンちゃん先生として、
講演する機会がありまして、

その時に
治療の相談を受けた
患者さまがおられました

神戸には熱心に
カテーテル治療を行っている
クリニックがあって、
そこで治療を受けておられる方でした

岩本内科に来院されたときの癌の状態は、

癌は右葉、左葉どちらにも広がっていて、
癌は門脈の一番太いところ、門脈本幹浸潤がありました
それと、腹膜に播種という転移した状態もあって、
きわめて進行した状態です

スライド3

このままだと、数ヶ月で
肝不全に陥ることが予測される状態でした

腫瘍マーカーは数万

前医では、このような状態であるにも関わらず
数ヶ月に一度の治療で、
状態の詳しい説明もなく、

一つのカテーテル治療を漫然と繰り返しておられました
せめて、標準的な治療には
内服の抗癌剤があるとか、説明をすべきなのですが、、、

ま、そういう状態で
岩本内科に来院

癌の今の状況、
治療としてはどのような治療があるか、
岩本内科であればどう治療するかなど
細かく説明し、
理解してもらい、不安を少しでも取り除いて
治療にとりかかりました

カテーテルを留置し、
New FP療法を行いながら、

可能な箇所には
門脈動脈同時塞栓療法を行います

スライド4


肝臓内の癌がうまく制御できたところで、

腹膜播種に関しては、
切除してもらいました

スライド5

先日、肝臓内を評価しましたところ、
明らかな癌はありません

スライド6


きわめて進行した状態でありましたので、
また再発する可能性は非常に高いのですが、

余命数ヶ月であったと考えると、
癌が一旦ゼロになったとすると、
奇跡的なのです

といっても、奇跡というほど稀ではなく、
そういう方が岩本内科にはたくさんおられますけどね

去年、神戸で講演させてもらって本当によかったです
今は、コロナのせいでなかなか
そういう講演などができませんが、

各県でそういうことができたら、
もっと治療を
岩本内科の医療を広められるのにと
思います

さて、
本日もガンばりますか

コロナに負けるな、
自粛に負けるな!

心を明るく、元気に保ちましょう!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。