FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

肝臓がん
いま、6種類の全身投与の薬
使えます

5年ほど前には
たった一つの薬が使えなかった事からすると、
非常に大きな変化です

6種類の薬は、
内服であったり、点滴であったりするわけですが、
これらの薬を、
効かなくなったら、次を選ぶ感じで
繋いでいく訳です


ネクサバール
レンビマ
スチバーガ―
サイラムザ
テセントリク+アバスチン
カボメティクス

どれも良い薬です
が、
選択肢が多いと、
とりあえず次の薬に・・といった
治療選択にもなりかねないので注意が必要です

言い換えると、消極的な治療選択です



肝臓にあるがんを抑えるには、
カテーテルを使った治療の方が優れている場合も多々あります


たとえば、
この方、四国からご来院

レンビマやテセントリク+アバスチン治療を
受けてこられました

今回、それらの薬が効かないという事で、
岩本内科にご来院されました

肝臓内は多発、
ステージ3の状態です

スライド2
スライド3

カテーテル留置を行い、
肝動注化学療法 New FP療法

開始しております

薬の分布、貯留具合、良好です

スライド4

全身の治療薬だけに流されてしまわない様に
注意が必要です


逆に、カテーテル治療だけに囚われてないように
柔軟に
適切な治療を
適切なタイミングで提供していく必要があります


とにかく、四国から
あきらめずに来ていただいて
まず、良かったです
岩本内科を見つけて下さって
本当にありがたいです

さて、、
今週も
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介は、

関東地方からご来院されている
肝臓がんの患者さま

もともと肝疾患治療では
日本でも有数の治療施設から
当院に来院されました

来院されたのが、
今から3年ほど前、

来院されたときには
すでに、ステージ4Aの状態

スライド3

癌が門脈に入り込んだ状態です

80歳をこえますが、
まだまだお元気なおばあちゃんです

岩本内科で
カテーテル治療を行い

具体的には
門脈動脈同時塞栓療法と
カテーテル留置を行った後に
New FP療法

ですが、

一旦、癌は消えたものの
再度再発し、

スライド6

現在は、定期的に治療を行いながら
癌の制御をしているところです

ステージ4Aの癌が見つかってから4年、
岩本内科に来てから3年


今は、2か月に一度、来院頂いて、
治療をして、1週間程度の入院で
帰って頂いております

上手に癌と付き合っていくという事も
とても大切な事です

色々な治療戦略があるのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
案の定、、へとへと
2代目ガンちゃん先生です

火曜日の岩本内科での
治療は、2件
動注化学療法用のカテーテルの留置
でした

前回の記事でも書きましたが
動注用のカテーテル留置の方法は

投げ込み法
胃十二指腸動脈先端固定法
コアキシャル法

などいくつかありまして、、

この中で一番、ハードなのが、
胃十二指腸動脈先端固定法
なのですが、

火曜日の2件は
2例ともこの胃十二指腸動脈先端固定法でしたので、
ヘトヘト
身体・・バキバキなのです
・・・涙


どうして
この読むと、舌を噛みそうな
十二指腸動脈先端固定法が
一番大変かと言うと、

色々な血管を金属のコイルと呼ばれるもので
封鎖しないといけないからです


肝臓に癌がある場合に、
肝動脈に抗がん剤を流せば良いのですが、

そう単純ではなくて、
肝動脈以外にも胃の動脈や
十二指腸の動脈や
膵臓の動脈など
いろんな臓器への動脈が
同じ動脈から分岐しています


胃や十二指腸、膵臓に
抗がん剤が多く流れると、
胃潰瘍など合併症が起きる危険が上がるため

これらの動脈には薬が流れない様に
金属のコイルで
その動脈を通せんぼする必要があります


そうする事で
安全に、そして、確実に
癌が存在する肝臓に抗がん剤を届ける事ができるようになるのです


下の画像で示すように、
黒いモニョモニョしたのが、金属のコイルです

GDA1

GDA2

コイルで動脈を封鎖する手技は
非常に神経を使います


コイルを入れないといけない動脈は
1本だけでなく3本、4本ありまして、
なかなかこれが神経すり減るのです


ですが、
2例とも
仕上がりは、我ながら・・完璧でした♪

ヘトヘト・身体バキバキの
甲斐はあったのです


ストレッチして、
身体を戻さねば・・・
良い治療を続けるためには、
自分の身体の維持も大切です


ヘトヘトでも、身体バキバキでも
体調管理しつつ、、
本日も、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日は、
岩本内科で
進行肝臓がんや
転移性肝がんに行う
カテーテルを使った抗がん剤治療
肝動注化学療法
について、

全ての癌は原則的に
動脈から栄養をもらって、
大きくなります

その動脈から
直接抗がん剤を流すのが
肝動注化学療法の
基本的な考えです


全身化学療法では、
静脈からの点滴や内服などで
抗がん剤を投与しますが、

点滴静脈から投与された抗がん剤は、
まず、心臓に入り、
肺を通過して、また心臓に戻り、
それから、全身に流れていきます

内服された抗がん剤は、
まず腸から、門脈と呼ばれる血管を通って、
肝臓に、そして、心臓に戻り
肺⇒心臓⇒全身に流れていきます

抗がん剤投与には、
初回通過効果(first pass effect)という言葉がありまして、
最初に薬剤が通過する臓器に薬剤が影響(代謝、分解)などされてしまうという現象ですが、

簡単に言うと、
全身の抗がん剤投与では、
癌に到達するときには薬剤の一部しか効果していないという事なのです


と言っても、全身の抗がん剤治療は
それでもちゃんと
効果が認められたので、標準的な治療として立証されているので
問題ない
のですが、、

それを、ちゃんと、癌の動脈に直接流せば、
少ない量でもしっかりとした薬効が出せるのではないかというのが、
動注化学療法の考え方
です

動注化学療法を適切に行うためには、
動脈にカテーテルを留置(安定的に設置)しまして、
太ももの皮下前面に、
ポートと呼ばれる接続部を埋め込みます


それで、そのポートに刺せば、
100入れた薬剤が、
100ちゃんと、無駄なく、
癌に行き届く仕組みを作る
のです

ですが、
このカテーテルを留置する手技も
なかなか難しく、
今では、大きな病院でも
行える先生が少なくなってきているのが現状です

カテーテルを留置する方法も
幾つかあって、

肝動脈投げ込み法、
胃十二指腸動脈固定法
コアキシャル法
 など、

これらのやり方を使えば、
基本的には、どんな血管でも
カテーテル留置を行う事ができます

(条件によってはできない事もあります)

先週も、
通常のやり方では留置が難しかったので、
コアキシャル法を使って留置しました


スライド2
スライド6

少なくとも、これまで私が留置できなかった症例は、
一例も無かったかな?・・
・・・いや、一例ありましたが、
その一例も、特殊型リザーバーの留置という別のやり方で
クリアしました


岩本内科では、
年間50から70件
カテーテル留置手術を行いますが、
おそらく日本でもトップクラスのはずです

これくらいの件数を行っていれば、
手技にも慣れますし、腕も磨けますので、
まったく抵抗なく(神経を使うのでとっても疲れますが・・・)
留置を行いますが


数が少なく、経験が浅いと
かなりハードルが高く感じてしまうかもしれません

点滴や内服の治療は、
投与自体は簡単に行えますので、
標準的な治療になりやすいのですが、

このように技術や経験が極めて必要な
手技や治療は、
なかなか標準化しにくいのです


これも動注治療の問題点の一つなのです

という事で、今日も
カテーテル留置が2件です

神経使ってへとへとになりますが、、
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます

息子の中学受験も終わり、
ホッとしている
2代目ガンちゃん先生です

本人がここなら頑張れると
思えるところには合格したので、
良かったです


私は、私立の進学校の中学ではなく、
公立の地元の普通の中学に行ったので
中学受験はしませんでした

高校からは私立の進学校に行ったのですが、
中学受験の勉強も、こんなに大変とは・・
小学生にこんなに勉強させるのかと驚きました


塾はこれでもかというくらい
詰め込み式の勉強スタイルで
これが本当に良いのかと
疑問を感じました
でも、小学生の適応力は凄いもので
それでもこなせるようになってしまうんですね・・


ま、何にせよ
パパと一緒にお医者さんとして仕事したいと
言っているので・・♪♪

その最初の一歩かなと
ですが、お医者さんとなると、、なかなか道は険しいですね

さて、本日ご紹介するのは、

関西から来られた肝臓がんの患者さま

20㎝超、数は無数に、
門脈浸潤を伴うステージ4A
です

スライド2

血管造影をしますと、
血管の解剖学的奇形もあり、
かなり難しい


スライド3

門脈動脈同時塞栓療法と
カテーテル留置を行いNew FP療法
肝動注化学療法を
行いますが、

こういう巨大な癌の場合には、
癌の体積が大きいため、いくらでも薬剤が入ってしまいますので、
工夫が必要です


スライド4

とにかく、癌の量をまず本気で減らしにいきます

こういう癌の治療をするときは、
絶対に負けん!と
心に決めて治療します


そうでないと、癌の迫力に気圧されてしまいます

生半可な気持ちでは戦えないのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。