fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

先週は、
Webの講演会で、
肝細胞癌に対する
アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法(テセントリク+アバスチン)の講演
をさせていただきました

全国に向けての講演で、
驚く事に、
1200人の視聴
があったと聞きました

私の講演のために、
時間を割いてくださったと考えると、
恐縮ですが・・本当にありがたいです

テセントリク+アバスチンですが、
良い薬で、肝臓がんの治療ガイドラインを変えるほどの力を持っている薬
です

一方で、いくつか注意すべき副作用もでることが分かってきています
その一つに、蛋白尿があります

テセントリク+アバスチンの内、アバスチンが引き起こす副作用です
投与患者さまの内、3割くらいに出現します
その内、ひどい蛋白尿は5-10%といったところです

蛋白尿の何が悪いかと言うと、
そのまま蛋白尿が出続けていると、腎機能が悪化するケースがあるのと、
尿の中に、身体の大事な成分である蛋白が漏れ出ている事になりますので、
体内の蛋白不足が起こります


蛋白が不足すると、身体の浮腫みが出たり
全身状態が悪化します

それで、治療が継続できなくなってしまいます

テセントリク+アバスチンを無理して続けていくと
蛋白尿の状態が治療をやめても戻らなくなってしまう事もあるので、
代わりの他の治療も行う事ができなくなってしまいます


蛋白尿を改善する薬なども無いので、今はテセントリク+アバスチンで蛋白尿が出現したら、一定のところで、アバスチンを休薬(やめる)事が推奨されています

私は、減量(減らす)事もありだと思っているので、それらを駆使して管理しています


この患者さまも、
テセントリク+アバスチンを前医で行ってこられた患者さまです
九州他県
から岩本内科に来られました

肝臓がん門脈本幹浸潤があり、非常に進行した状態です
肝機能はChild-Pugh BからC
の状態
肝機能も悪いです
普通にいけば、余命1-2ヶ月の状況と思います

スライド2

この方の問題点が、蛋白尿です

テセントリク+アバスチンの影響で、蛋白尿が出現し、
身体の蛋白が不足する状態 ネフローゼの状態までなってしまっていました
アルブミンも1.8しかなく、体中むくんだ状態でこられました
前医ではもちろん、他の治療は出来ないという事になってしまいました


癌も門脈浸潤があり、治療しなければすぐに命を落としかねない状況ですので、

カテーテルを留置し、肝動注化学療法を導入しました

スライド5

この様な厳しい状況の方には、肝動注化学療法のやり方も工夫します

たとえば、
最も制御しておきたい病変をまず治療し、少し放っておいても良い場所は
無視します

私が行うNew FP療法も普通にやると、この様な患者様には強すぎる可能性があるので、
量を調整し、一部はLow dose FPという他のやり方を組み合わせる事もあります


この患者さまもあの手この手の工夫をしながらですが、
現在、半年治療経過しています

スライド9

肝機能も少しずつ良くなってきていますし、
身体のむくみも、パンパンだったのが、
かなり改善しました


蛋白尿で治療ができなくなると、
他の薬剤が使いにくくなります
肝動注化学療法であれば、工夫しながらであれば
治療が可能です

おそらくですが、全国でも
今の薬物療法で起こった蛋白尿で困っている患者さまがかなりの数おられるのではないかと思います
岩本内科に来さえしてくだされば、治療ができるのですが・・・

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

先週は、
日本の肝癌治療のエキスパートが集う
日本肝癌研究会
に参加してきました

私は、
パネルディスカッションと
ワークショップ
で発表させて頂きました

パネルディスカッションでの発表の内容は、
いま、肝臓がん治療で使われる
テセントリク+アバスチンですが、
この治療の前に、岩本内科で行う動注療法を
先に投与しておくと、
テセントリク+アバスチンの奏効率が上がる可能性があることを
報告しました


ワークショップに関しては、
肝臓がんの栄養動脈の一つの
下横隔動脈というのがありますが、
その動脈にカテーテルを挿入するのは難しい事があって、
その動脈へのカテーテル挿入のテクニック
を紹介しました

どちらの発表も反応も良く、
インパクトのある発表になったかなと思います

肝臓がん治療も大きく変わってきておりますが、
技術を要するカテーテル治療の重要性は変わりません


本日ご紹介は、
肝臓の右葉に位置する
15cm大の突出し、多発する肝臓がん
いつでも破裂する可能性
がある状態でした

スライド3

余命は数か月の状態と言えます・・

スライド2
この黒くもやもやしたのはすべて癌です・・・

破裂予防に門脈動脈同時塞栓療法を行い、
カテーテル留置し、肝動注化学療法 New FP療法
行いました

治療開始から5ヶ月で
癌の血液マーカーは万の数値が百台まで低下しました

スライド7

画像上もかなり縮小!!
ここから仕上げて
癌ゼロを狙います


薬物療法もとても大切にしていますが、
やっぱり、この様な局所進行の状態の肝臓がんには
New FP療法かな


癌ゼロを目指せるというのは、
患者さまにとって、大きな希望になりますもんね


良い治療を世界に広める
今日も、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

日曜日、更新の初回です
今日は、胆道癌の治療のお話です

胆道癌とは、胆管がん、肝内胆管がん、胆のうがんなどをまとめた
呼び方です

癌の中でもまだ抗がん剤の治療選択肢が少なく、
難治癌の一つです

最近、やっと分子標的治療薬と呼ばれる
新しい薬剤も使えるようになり始めており、
これから可能性が増えてくる癌種とも言えます

岩本内科では、
この胆道がんで全身の抗がん剤が効かなくなった場合にも
カテーテルを用いた動注化学療法を行います


胆管がんなども肝臓付近の動脈から栄養されておりますので、
これまで培った肝臓がんへの治療の経験を活かして、
カテーテル留置を行い肝動注化学療法を行います

この患者さまも胆道がんの方で
全身の抗がん剤治療の選択肢が無くなり、
岩本内科へ来院されました

肝臓内に5cm前後の転移が複数個ある状態です

早速、血管造影を行い、
癌と肝臓の動脈の評価を行います

スライド3

胆道がんなどの肝臓への転移は
この画像の様に、中心が黒く、周りが白くなる画像パターンが
特徴的です


スライド2

薬剤がしっかりと癌の存在する場所に
分布するようにカテーテルを留置できるかが
効果の肝です


スライド7

完璧な形で留置出来ました

転移した状態の場合、肝臓だけでなく
全身にも転移する可能性がありますので、
動注療法だけでなく、全身への抗癌剤投与も考慮しながら、
治療戦略を組み立てます


可能性を信じて、
全力で治療していきます

あきらめない姿勢に奇跡は起こると信じてます


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

まず、ブログに関してのお知らせです
最近、ブログの更新が滞っているので、
日曜日に毎週更新することにしました


笑ってしまうほど・・泣きたくなるほど?
やる事が多すぎて、
なかなか更新ができず、、申し訳ありません

とりあえず、毎週日曜日定時更新で再開させて頂きたいと思いま

さて、本日の記事ですが、
初心に帰って
岩本内科で何を行っているかご紹介

岩本内科では、
進行がんのカテーテル治療を中心に行っております

基本的には、肝臓にある癌に対して
カテーテル治療
を行っています

肝臓から発生する肝臓がんはもちろんの事、
大腸がんの肝転移
乳がんの肝転移
子宮系の癌の肝転移
胃がん、食道がん
あとは、すい臓がん、胆のうがん


など、転移性肝癌に対しても
動注化学療法
を行います

基本的には、全身の抗がん剤治療が
標準治療ですので、
その効果が望めなくなったときに
岩本内科に来ていただいて
動注化学療法を行わせて頂いています


抗癌剤の全身の投与と比べて、
癌の動脈近くから
抗癌剤を直接流しますので、

より高濃度に長時間作用させる事ができるのが、
動注化学療法の特徴です


実際に、全身の抗がん剤が効かなくなった場合でも
動注化学療法なら効くという場合が少なからず出てきます

また、全身の抗がん剤治療では
副作用で継続できないという場合においても、

動注化学療法なら、少ない用量で
効率的に投与するので、副作用なく継続できるという場合も、
少なからずあります


これらが、動注化学療法を行う際のメリットです

セカンドオピニオンなども含めて、
その他お問い合わせの場合には、

岩本内科のホームページにアクセス頂いて、
メールして頂くか、

直接お電話頂くか、

このブログのコメント欄に問い合わせ頂くか、
それらで対応させて頂いております


質の高い癌に対するカテーテル治療を通して、
癌を治す

やれることを一つでも見つけて、
あきらめずに治療を行う

その過程で、癌を理解し、
その状態を受け入れながら
前向きに時間をお過ごしいただきたい
そう思うのです

それが、岩本内科の医療です


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、
おはようございます

進行肝臓がんの治療が
本当に多様化してきています


これまでのカテーテル治療に加えて、
6種類の全身の薬物治療が使える今、

それぞれの患者さまに
どの治療を選択するのが
ベストなのか
改めて考えていかないといけません


一般的には
進行がんに対する基本的な治療戦略は、

様々な抗がん剤を駆使しながら、
いかに癌を小さくさせ、大きくさせないか
です


ですが、岩本内科では、
いかに癌を小さくさせ、癌をゼロに持っていけるかを大切にしています


進行肝臓がんに対して、
私が持っている武器で最も強力な武器が、

肝動注化学療法 New FP療法です

そして、癌のとどめを刺せるのは、
門脈動脈同時塞栓療法です


New FP療法は癌を小さくさせる力が70%
癌をゼロにする可能性が30%程度ある治療で、

今、進行肝臓がんの治療で世界で報告されている治療の中で
最も高い治療効果を示しています

ですが、残念ながら100%ではありません

New FP療法が苦手な癌の状態などもあるので、
それらをうまく他の治療でカバーしながら
もっと効果を上げられないか・・・いつも考えています


いま、肝臓がんに使える抗がん剤は
基本的には癌の血管を抑える薬剤です
あとは、免疫を活性化させる薬剤です

併用するのは、保険上難しいのですが、
うまく組み合わせる事で、
お互いの良いところを高め、
悪いところを補うことができる気がします


たとえば、
この患者さま、
肝臓がん、ステージ4Aの状態
肝静脈への浸潤
があります

スライド3

血管造影をみますと、
癌が黒くもやもや染まっています


スライド5

それに、癌の中で、肝静脈に流れやすいルートができてしまっています

このような静脈や門脈に流れやすいルートができていると、
薬が溜まりにくくなる可能性があります


この様な状態でも、あの手この手で工夫して、
写真の様に、薬をためていくのですが、

スライド10

この様な状態の癌には、
全身の抗がん剤をうまく動注化学療法の間で導入すると
良いのかもしれません


それぞれの患者さまにとって
ベストな治療戦略は何か?

探求は続きます


今日も治療です
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。