FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

アメリカ肝臓学会明けの
岩本内科での治療、業務は
たくさん溜まっていて大変でした

・・・・でもですね・・・
やっぱり、岩本内科はですね

みんなが一丸となって、
ガンばっているので、

どんなに忙しくても、
ガンばれちゃうんです


ということで、

本日ご紹介しますのは、

10cmを超える
進行肝臓がん Stage 4Aの方


なんか、最近、
典型的な肝臓がんではなくて、

ちょっと非典型的な肝臓がんに巡り合う
機会が多い気がします

典型的な肝臓がんとは、

門脈造影下CTで黒く
肝動脈造影下CTで
ほぼ均一に白くなるのものなのですが、

この方の肝臓がんは
肝動脈造影CTでも内部が黒く
もこもこしています

スライド3

この方は、
内服の抗がん剤を先に投与されていて、
副作用で継続できず、
効かなくなったこともあって、
岩本内科に来られた方ですので、

内服の抗がん剤の後、効かなくなってくると
こういう癌の育ち方をするのかもしれません

この方の肝動脈は

右肝動脈が腸の動脈から、
中、左肝動脈は腹腔動脈から
分岐しているタイプでした

スライド2

アンギオCTで
ガンは右肝動脈から栄養されていることが
分かりましたので、

カテーテルを留置し、
肝動注化学療法
New FP療法
を行うこととしました

岩本内科で行うカテーテル治療は
全て保険診療内で行われる治療です


カテーテルを留置し、
治療を行い、
全ての手技が終わるまで、

この方の場合は、
大体1時間程度で終わりました


スライド4


ご本人も、
思っていた以上に
楽ちんだったみたいで、

治療の後、
ほっとした顔を見せてくれました


このような進行した癌に対して
動注療法を行う場合には
入院して頂いて、
翌日にカテーテルを留置、
お薬投与を始めます


そして、1週間ほど経過をみて、
2回目の動注治療を行います


2回目の動注療法は
すでにカテーテルが入っている状態ですので、
20分程度で治療は終了します

2回の動注治療で終わる場合には、
2週間ちょっとの入院で一度退院となります

3回の動注治療の場合には
3週間ちょっとの入院で一度退院となります


継続治療がとても大切なので、
特に最初の3か月間は・・・

3-4週間ご自宅で休養して頂いたのちに、
再度ご入院頂いて、
2回程度、動注治療を行います


これを繰り返しながら、
治療効果を評価し、
治療期間を空けたり、
追加治療を行ったり、
薬剤変更を行ったりを
その都度考えていきます


とは言いましても、
これは基本的なスケジュールでして、
患者さまやご家族のご都合に合わせて・・

例えば、
孫の運動会があるからとか、
ちょっと旅行に行きたいとか、

そういうのをその都度、お聞きして、

タイミングを合わせて、
治療スケジュールを決めていきます

全ての時間を癌治療に向けるのではなくて、
その時間を充実して過ごしてほしいというのが、
2代目ガンちゃん先生の思いなのです

・・・・・
と、帰国して間もないですが、
大学の当直をしながら書いています (涙

今日は家に帰れます (汗

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

いま、
進行肝臓がんの
治療には
たくさんの
飲み薬や点滴のお薬が使えるようになってきています

いま、現在使えるのは
ネクサバール
スチバーガ―
レンビマ
サイラムザ

4種類

来年には、
あと2種類使えるようになりそうです

おそらく
いまブログを見られている方でも
これらのお薬を使われている方もおられる事でしょう


治療選択肢が増えたこと、
質の高い治療薬が増えていること
それは、とても良いことです


本日ご紹介する患者さまも

四国から来院された
進行肝臓がんの方、

スライド8


レンビマを内服されていましたが、
徐々に増大、
腫瘍マーカーも増加傾向にあり

岩本内科に来院されました

レンビマが効かなくなったあとに
どの薬を使うべきか・・
これはまだ明らかになっていません

岩本内科では、
肝機能が良ければ
まず、カテーテルを使った治療を行います

通常であれば、
肝動脈にカテーテルを留置し、
肝動注化学療法 New FP療法をという流れになるのですが、

この患者さまの場合は、
肝動脈が分岐する腹腔動脈が
動脈硬化で閉塞

スライド7

通常であればカテーテル治療ができないとみなされる状態でした

そこで、
特殊型大動脈留置型カテーテル
システムIを留置して、

肝動注化学療法 New FP療法

行います

どんな症例でも対応できるのが、
システムIの魅力です

治療後、うまく、
薬剤が癌の中に入ってくれています

スライド9


岩本内科で行う
New FP療法の魅力は

癌を小さくさせる力
奏効率が70%のデータがでていること、

その中でも癌をいったんゼロにさせる力が
20%くらいあります


これは
進行がんの治療の中では
驚異的な数値なのです

---------------------------------
さて、今日から
渡米します

ボストンで開催される
アメリカ肝臓学会
に参加です

2つの演題を発表します
でも、じつは・・・あまり行きたくありません

治療の日が減ってしまいますし、
治療中の患者さまが気になるからです

院長先生も副院長先生もおられるので、
安心ではあるのですが・・・・


行ってきます!
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

大学の当直でした・・眠い・・

ブログの更新も
気付かぬうちに
数日過ぎていて、
忙しすぎるのかな

もっと毎日を大切に過ごさねばと
反省です


本日、ご紹介は、

お隣、山口県からご来院された
進行肝細胞がんの患者さま

これまで、
手術、肝動脈塞栓術などを
前医で受けてこられましたが、
再発を繰り返し、

今回、岩本内科に来てくださいました

早速、血管造影を行い、

スライド2

アンギオCTを撮影します

アンギオCTは
肝臓内の癌の状態を把握するには
もっともすぐれた画像検査の一つです


スライド3

この患者さまの
アンギオCTでは、
今回の肝臓内の癌は
中心が黒く、周りが白い状態で写ってきました
典型的な肝臓がんでは、
中心まで白くなるのが普通なので、
やや特殊なタイプの肝臓がんと想定されます

大きさは、最大径が8cm弱
数は4-5個
門脈腫瘍栓が疑われます

アンギオCTで評価が終われば、

肝臓内だけに確実に
薬剤が分布するような形で
カテーテルを留置します


必要であれば、コイリングと呼ばれる処置も
行い、最も安定的な形で
カテーテルを留置するのです

この手技が技術的には
比較的難しく、肝動注化学療法が
限られた施設でしか行われない理由の一つです


確かにこの患者さまも、
安定的にカテーテルを留置するのは
難しい症例ではありました・・・

スライド4

うまく留置出来たら、
抗がん剤と油の造影剤であるリピオドールを混ぜて、
投与します

これが、
New FP療法です


治療後の薬剤分布をCTで見ますと、
癌がある場所に
きれいに白い薬剤が分布していることが確認できます

そういえば、意外とよく聞かれるのが、
これらの処置は
全て保険診療内で行われる手技です

自費診療とかではありません


この患者さまもですが、
だいぶ身構えて
私の治療を受けられるのですが、

いざ治療を受けられると
思った以上に楽で、びっくりして頂けます


ということで、
今回もうまくいきました♪

継続的に治療して、効果を出します!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます

パソコンも復活、
データも復活したので
ホッと一安心の
2代目ガンちゃん先生です ♪♪

本日ご紹介は、

ステージ3の
急激に悪くなった
多発肝臓がんの方です


この方は、
切除、ラジオ波治療後、

急に癌が再発し、多発

前医では、
次は内服の抗がん剤しかない

けど、それも
効果が期待できないと
言った話を受けて、


岩本内科を検索してくださり、
来院頂きました

早速、アンギオCTを行い、
肝臓の評価を行います

最大腫瘍径 4cm
数が10個以上のステージ3の状態


スライド3

門脈への微小浸潤が疑われます

数か月で急に大きくなっており、
早急な治療が求められます

内服の抗がん剤もよい薬剤も出てきておりますが、
このように急に増大し、
肝臓内に広がるケースには、
まず癌を制御する力が高い治療を持ってきたほうが良いと
私は思っています


血管造影を行いますと、
肝臓内にはたくさんの腫瘍が黒く染まります

スライド2

肝臓以外の動脈、
右胃動脈、
副左胃動脈を
金属コイルでコイリング


スライド4

安全に肝臓だけに薬が流れるように
血流を改変します

そして、カテーテルを留置、
肝動注化学療法 New FP療法を開始です


治療後ですが、
リピオドールと呼ばれる抗がん剤と混和した油の造影剤が
しっかりと貯留しています

スライド5


効果が期待できる画像です

腫瘍が落ち着いたところで、
内服の抗がん剤も治療の選択肢になります

比較的早い段階で
岩本内科に問い合わせてくださったので
良かったです


いろいろな治療手段が提供できますので・・・

今日は、
夜から韓国入りです

明日、発表!

岩本内科の治療も紹介してきます♪♪

さて、ガンばりますか!

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

週末は・・・

土曜日の外来を
五十嵐先生
にお願いして

息子の運動会に!

ありがたいです

今年は、
なんと
2人の息子ともども
リレー選手に選ばれましたので♪

絶対、見たい運動会だったのです

子供たちの
一生懸命、走る姿や
ダンスなど

なんか涙出ますね (笑)


さて、
私も一生懸命治療した方を
紹介しましょう
 (笑)

この方は
関西から来られた
進行肝臓がんの方


抗癌剤の飲み薬が処方されていましたが、
だんだんと腫瘍は大きくなり、
ほかに手立てはないと言われ


当院に来院
肝臓がんは
肝臓の右側中心に
全体に広がっていて

スライド3

右門脈に入り込んだ状態

ステージ4A


一般の病院では他に手はないかもしれませんが、

岩本内科では、
カテーテルを留置し、
肝動注化学療法
New FP療法
を行えます

ヒトには
様々な血管の破格と呼ばれる
バリエーションがありまして、

この方は

肝臓のA2動脈が左胃動脈から分岐しているタイプでした

スライド2

この様な血管のバリエーションに合わせて、
その時に一番良い
カテーテル留置をその場で選んでいきます


完璧な形で
カテーテル留置ができ、
治療を開始しました

スライド4

もう少し早い段階で
来ていただけますと、
もっと良いのですが・・・

と思いつつも

来ていただけただけで、
本当にありがたい


今週も
さて、
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ