FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌治療において、
標準治療となるためには、
臨床試験でよい成績を出す必要があります

よい成績とはどういうことかと言いますと、

生存期間をいかに延ばすか
癌が進展するまでの期間をいかに延ばすか
で評価します


例えば、
ネクサバールという薬剤では、
治療をしない人に比べて、
2ヶ月程生存を延ばしたという事で

進行肝臓がんの標準治療薬となりました

生存期間や癌が進展するまでの期間という尺度で
本当に全ての治療の評価が出来るのか?

そして、それが本当に
実際に治療を受ける患者さま達が
求める治療なのか・・?

ここには疑問があります


癌がどれだけ小さくなるか
癌をゼロにどれくらいの割合できるのか

この尺度も本当はとても大切なのです
例えば、

岩本内科で行う治療 New FP療法

臨床試験で良く使われる尺度である
生存期間も明らかにネクサバールなどに比べると
私のデータでは3倍くらい良いのですが・・・

それに加えて、
癌がどれくらい小さくなるかと言いますと
70%

癌をゼロにする力は
20%

患者さまにとって
癌が小さくなる事、そして
ゼロになる可能性がある事は
とっても意味があると私は思います


New FP療法の場合は、
癌がゼロの状態になった20%の方は
5年生存率が50%となります

未治療では半年から1年未満の状態で
70%の方が癌が小さくなり、
20%の方で癌がゼロになる


そういう希望のある治療方法の提案が
大切なのではないかと
私は思います


本日、ご紹介しますのは、

9か月前に
進行した肝臓がんが見つかった方
です

関西地方から来られました

来院時は
癌が門脈に入り込んだ状態
ステージ4a
です

1

New FP療法と門脈動脈同時塞栓療法の組み合わせで
3ヶ月程で
一度癌はゼロに


9ヶ月の経過で
小さな再発が出現しましたので

2

今回改めて、
門脈動脈同時塞栓療法を行いました


全ての癌に薬剤がしっかりと貯留した事を確認し
終了
です。

3

技術力の必要な質の高い治療を組み合わせ、
その中で、内服の薬剤も組み合わせて

集学的な治療を行っていく

それが
ガンちゃん先生流の治療戦略
です

本日も、治療がたくさん待っています
さて、ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介の患者さまは

四国からの方

進行した肝内胆管がんでご闘病中の患者さま

肝内胆管がんでは
切除が出来ない場合は、
2種類の全身抗癌剤治療が
標準的な治療になりますが、

この方は
どちらも効果が出ず、
前医では治療が出来ないと言われた様で、、

岩本内科まで来て下さいました


肝臓の中に5-10cm大の腫瘍
胸のリンパ節に転移して食道浸潤
副腎転移

さまざまな箇所に癌がある状態
です

カテーテルで
それぞれの癌の動脈を見つけ、
塞栓物質と抗癌剤の持続動注を
行っています

食道浸潤の影響で
食事がままならない状態
でしたが、

こちらで治療を開始して、
少し食べれるようになってきたという自覚があるようです


画像は
副腎転移の場所

1

横隔膜と副腎動脈から栄養されていたので、
カテーテルで挿入し、
ヘパスフィアを用いた肝動脈塞栓術と
抗癌剤の持続動注を行いました


スライド3

肝内胆管がんは
抗癌剤も効きにくく
厳しい癌種ではありますが、

あきらめずに治療する姿勢で、
患者さん本人、ご家族が
明るく小さな希望を持って
時間を過ごす事ができます

これってとても大切な事だと思うのです

その上、目に見える効果が出れば
なお素晴らしいのです


標準治療から外れたから、
治療ができないと突き放すのは医療では
ないのです・・・
と僕は思います・・・・


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

一昨日の講演
うまくいきました!


100名を超える方々が聞いて下さいました

岩本内科のスタッフも聞きに来てくれて
応援してくれました


肝臓がんの治療のいまとこれから
というタイトルで話をしたのですが、

肝臓がんの治療は
これから大きく変わります

今でもネクサバール、レンビマなど
飲み薬が使えますが、

もっと沢山の
飲み薬、点滴薬が使える様になりそうです


治療選択肢が増えるということは
患者さんにとって
とても良い事ではあります


ですが、治療選択肢が増える事によって、
安易な治療方法に
選択肢が流れてしまう事も起こります

なので、より良い治療は何か
適切な治療は何か
この選択が医師に問われる事になります


そんなお話をしました!

さて、
本日ご紹介しますのは

肝細胞癌では無くて、
肝内胆管がんと呼ばれる種類の癌
です

肝臓の中に発生する癌には
大きく分けて

肝細胞がんと
肝内胆管がんがあります

肝内胆管がんは
全体の5%程度
と言われ、比較的稀です

肝内胆管がんは
まだ適切な確立した治療は少ないので

治療が困難な癌の一つです

今の標準治療は
抗癌剤の全身投与です


ですが、その効果は20-30%程度
まだまだ満足のいくものとは言えません

この方も
肝内胆管がんの方です

抗癌剤の全身投与の後、
効果不十分、白血球の低下が見られ継続できず

岩本内科で肝動注化学療法を
行っております

もう1年ほど継続しておりますが、

効果はほぼ癌が完全壊死している状態です


12

黒く抜けている領域は
癌が壊死している状態を示します

全身化学療法では
癌をゼロの状態にするのはかなり難しい癌種です

動注化学療法ならではの治療結果なのかもしれません

今日は・・・
久しぶりの家族サービス

息子たちをどこかに連れて行ってあげようかなと・・・
休みがありません 泣・・(笑)


さて、
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は北九州で
講演会です!


30分の講演なのですが・・、
その様な発表は初めてに近いので
緊張しております

うまくできると良いのですが・・・・

本日、ご紹介は

新しいカテーテルのお話

私のカテーテルを使った治療の
師匠の師匠が開発した
システムIという手法があるのですが


最近、岩本内科にも導入して、
力を発揮してくれています


そのシステムIで使う時の
カテーテルを企業に作ってもらいました

その名も・・・
shozo”カテーテル


123

Shozoとは・・
初代ガンちゃん先生である
私の父の名で“昭三”から取っています(笑)


もともとこのカテーテルの先端の形状を
父が作り、岩本内科で使っていた経緯がありまして、

システムIで使うカテーテルも
同じ先端形状のカテーテルを作ってもらったのです


このshozoカテーテルが
とても良いのです♪♪


昨日も
システムIを使った
肝臓がんの治療が3件ありましたが、
どれもスムーズに治療が運びました

なかなか優れものです (笑)
父も喜んでくれていることでしょう


スライド3

この方は、
関西地方からご来院

肝臓がんが門脈に入り込んだ
ステージ4a
の状態でした

放射線治療と
岩本内科で
リザーバー留置からNew FP療法
可能な箇所は門脈動脈同時塞栓療法

そして、
今はシステムIを使った肝動注化学療法


門脈に入り込んだ癌は無くなり、
肝臓内に小さな病変を残すのみとなりました

スライド4

もう1年になります


この様なステージ4aの方の余命は
長くて半年です


良い治療をちゃんと広めないと
・・今日はその一歩になればいいなと思いつつ

あまり気合いを入れ過ぎるといけません


やっぱり・・・
さて、ガンばりますか
くらいがちょうどいいのです・・・

といことで・・・

本日もさて、
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日から
岩本内科での診療を始めています

昨日は・・・
大忙しでした


アメリカ学会に参加したしわ寄せで・・・(笑)
仕方ありません


僕だけが忙しいかと思いきや
外来を140名近く来られましたし

どうやら、どこもかしこも
忙しかった一日でした


本日、ご紹介しますのは

前医では
治療が困難になった
ステージ4bの肝臓がんの患者さま


関西地方から来て下さっています

2017年に年末に
癌が門脈に入り込んだ状態が分かり
前医で加療されてきましたが


だんだんと効果が出ず

今年の2月に当院を受診

来院された時は
癌は門脈に入り込み、
肝臓内には無数の癌がある状態


それを
カテーテルを使って
門脈動脈同時塞栓療法

肝動注 New FP療法で制御してきました

すでに当院での治療からでも9ヶ月
癌が門脈に入り込んだ状態が分かってからも
約1年


肺転移と胸部のリンパ節への
転移が最近、分かったので


レンビマという
内服の抗癌剤を1ヶ月前から開始

1ヶ月で手足の皮が炎症を起こす副作用が出てはいるのですが、

胸のリンパ節転移を見てみると、

kyoubu

大きさは変わりませんが、
内部が強く壊死している状態


レンビマは癌の血流を落とす力は
非常に強く
40%程度あるかもと言われています


肝臓内の病変は
新しい病変も出てきていたので、

カテーテルの治療で
今回治療しました

肝臓以外の病変は
カテーテル治療は確立していませんので、

やはりレンビマ、ネクサバールの様な
全身へ作用する薬剤が重要です

また、それをどう使うか・・
これが一番重要です


さて、今日は
土曜日の外来です

多いかな・・汗

ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ