ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介しますのは
ステージ4bの進行肝細胞がんを
患っている患者様


昨年の5-6月ごろに
癌が分かり、
前医で治療を受け
その後岩本内科で治療させて頂いています

見つかった時から骨の転移があって、
肝臓内も門脈に入り込んでいる状態でしたので
極めて進行した状態です

骨には放射線治療とネクサバール内服を行いながら
肝臓内の癌は
肝動注化学療法(New-FP療法)と
門脈動脈同時塞栓療法
を行いました

肝臓内の癌は当院の治療が
非常に良く効いて
肝臓内には癌が無い状態まできたので


外科手術も考慮したのですが、
急に腫瘍マーカーが上がってきて、
お腹の膜、腹膜に転移が出現したので、
外科切除は行えませんでした

ですので、今回、
改めてカテーテルを使って治療を試みました

肝臓がんで
生検やラジオ波療法、手術などしていないのに
腹膜に転移が起こるケースは比較的稀なのですが・・

腹膜への転移病変を
アンギオCTを使って撮影してみると

右胃大網動脈の枝

GDA

上腸間膜動脈の枝

SMA


下腸間膜動脈の枝
から

IMA


癌が栄養されている事が分かりました

それぞれマイクロカテーテルを挿入し
持続動注療法を行いました

効果は何度か繰り返しやりながら評価していくしかありませんが、
腹膜への転移でも
治療が出来るのであれば
非常に幅が広がります


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日は
ちょっと残念でした

岩本内科で治療していた
Stage 4bの肝臓がん患者様

肝臓内の癌は
岩本内科の肝動注化学療法と門脈動脈同時塞栓療法で
治療し、今は明らかな癌は無い状態にできていて


骨転移だけが転移病変としてあったので、
それらに放射線治療を行っていました

肝臓内の癌が再発してくると厄介なので
転移はありますが、
外科の先生に頼み込んで肝臓の病変を切除してもらうように
していて、
今度切除というところまで決まっていたのですが


手術直前のCTで
他の場所に転移が見つかってしまい、
手術が出来なくなってしまいました


とっても残念です

今しかないタイミングと思っていたので
とても悔しいのです


ですが、
そう悔しがってもいられません

次の治療戦略に切り替えます
絶対にあきらめない!


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日ご紹介いたしますのは
関東地方からの患者さま

岩本内科で治療を始めて
3年近くになる肝臓がん の患者さまです

来院当初はステージ4a
山口院長先生
気合いの門脈動脈同時塞栓療法
うまくいっていたのですが、

昨年10月頃から
また、門脈内へ浸潤した状態で再発してきました

治療前DSA
治療前Angio CT

今回は、
カテーテルを留置し
肝動注化学療法 New-FP療法
治療を開始

治療後CT

半年の治療で
門脈内へ浸潤した肝臓がんは
きれいになりました


 肝臓がんは
再発を繰り返します
その都度、最適な治療戦略で治療を続ける必要があります


今週も沢山の
というか、最近治療予定が
溢れかえっていて
ちょっと考えなければなりません


大切なスタッフもよくついて来てくれています
感謝です


さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

まずは、
もうちょっと主夫ですので、

meat source

ガンちゃん先生特製ミートソースパスタのご紹介 (笑)
子供たちがモリモリ食べてくれると
作りがいがあります

進行肝臓がんに対する治療の一つ
肝動注化学療法では
肝臓の動脈である肝動脈に
カテーテルを留置します

肝臓だけに抗癌剤を集中的に流すための
カテーテルです

通常であれば
肝動脈は1本ですので、
留置するカテーテルは1本で良いのですが・・


血管のタイプによっては
1本では足りない場合があるのです


その時は
右足、左足どちらにも
留置カテーテルを入れる
ダブルリザーバーというやり方を用います


double reservoir


それぞれの肝動脈に
それぞれのカテーテルを留置するのです

肝動注化学療法も
色々なやり方がありますが、
知識と経験がとっても必要です


まず、絶対に治療するという信念があって
その上に、知識と経験
最後に命を背負う勇気が必要なのです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

桜も満開
春ですが

まだまだ冷えますね

もうポカポカ陽気でいいのですが・・・

本日ご紹介するのは

非B非C肝癌と呼ばれる
肝臓がん です

非B非Cとは・・・

肝臓がん(肝細胞がん)は
多くの場合、
B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスから
肝炎が起き
肝硬変、肝臓がんを発症していきます

ですが、
このB型、C型から肝臓がんを
発症する場合があり、

それを非B非C肝癌と呼んだりします

非B非C肝癌の原因としては、

アルコール
脂肪肝(脂肪性肝炎)
高齢

などが挙げられます

この非B非C肝癌が
年々増えてきています


なぜ、増えてきているかというと
高齢化が一つ、
そして、肥満、脂肪肝が増えてきている事が原因として
挙げられます

さて、
非B非C肝癌がなぜ問題かというと・・・

それが今回ご紹介する患者様ですが、

発症時、発見時に
既に進行癌である事が多いのです


この方も
お腹の痛みを感じ
中国地方 にお住まいですので、
近くの病院を受診

すると、
肝臓の右側に15cmの肝臓がんを認めました
痛みの原因はというと、
その肝臓の癌が一部破れた為でした

治療前CHA
治療前CHA CT


そして、既に肺転移を認める状態でした

B型肝炎、C型肝炎などの場合は、
多くの患者は定期的に病院を受診し
医師も肝臓がんの発症を一番恐れるので、
癌が出現しても
早い段階で見つけられます


ですが、
非B非C肝癌の場合は、
健診程度でしか、検査をしていない場合も多いですので、
症状が出た時には
既に進行癌というパターンが増えてくるのです


岩本内科でこういう方が来られます
というのは、
こういう非B非C肝癌の場合、
発症した時に既に進行癌で
そのまま“もう治療が出来ない”と前医で宣告される事が
多いからです


さて、この方も
前医で見つかり、
一度治前医で療をしようとしたのですが、
うまくいかず
当院へご紹介頂きました

まずは、
破裂していた場所を同定、
横隔膜の動脈から肝臓癌を栄養する場所が
破裂していましたので、
同部位を門脈動脈同時塞栓療法です

治療前IPA
治療後IPA


そして、
肝動脈にカテーテルを投げ込み
肝動注化学療法 New-FP療法です

動脈門脈シャントと呼ばれる
動脈血が門脈へどんどん流れてしまう状態を
併発してしまっているので、

放射線治療も併用を検討したいと思います


さて、こうなってくると
誰しもが肝臓がんの発症のリスクを抱えてしまいます

会社の健診でも少々足りません
ですので、年に一度か最低2年に一度の
人間ドッグの様な全身検査が必要なのです

自分が脂肪肝、脂肪性肝炎でないのか
そうであったら、定期的に受診する必要がありますね


・・・・・・・・
今週も
色々と大変そうなんです・・汗
でも、
負けません


さて、
ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、

 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ