fc2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、こんにちは!
2代目ガンちゃん先生です

今日は、
論文の紹介です

Clinical and Molecular Hepatologyという雑誌に
私の臨床研究が掲載されました

スライド1

Clinical significance of the discrepancy between radiological findings and biochemical responses in atezolizumab plus bevacizumab for hepatocellular carcinomaという
タイトルです

肝細胞癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法において画像による変化と、腫瘍マーカーの変化に乖離が見られるケースがあるという訳になります

アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法とは、
商品名で言うと、テセントリク+アバスチンです

いま、肝細胞癌における全身薬物治療の
最初の選択肢になっている治療方法
です

私も多く使っていますが、
治療して、CTなどの画像で効果を判定するときに、

効いているのに、腫瘍マーカーが下がってないケースがあって、
なんでかな?と思っておりました


下の画像ですが、
左が治療前、
真ん中が6週間後の最初の画像判定です
上の列も下の列も、どちらも
癌の白さ(造影効果)が消失しており、効いていると考えられます


スライド2


ですが、採血で分かる腫瘍マーカーでは、
上の列は、非常に下がっていましたが、
下の列は、全然下がっていませんでした


どちらも効いているはずなのに、腫瘍マーカーが下がるケースと
下がらないケースがあるのです


結果的に、右の画像になりますが、
上の列は、どんどん癌は小さくなり、9カ月以上、効果が持続しました
一方で、下の列では、癌はすぐに大きくなり、
5ヶ月程度で、テセントリク+アバスチンをやめないといけなくなりました


このように、テセントリク+アバスチン治療で画像では効いてそうで、
腫瘍マーカーが減ってないケースは、50%程度存在する様です


何が言いたいかといいますと、
画像だけでなく、腫瘍マーカーも重要な判断基準にしながら、
治療経過を慎重にみていかないといけないということです

いま、肝臓がんにはたくさんの薬剤があります。
それら一つ一つの理解を深め、
最も効果的な使い方、管理の仕方を見つけないといけません


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

先週は、

横浜で開催された
日本の肝臓病の専門家が集まる
肝臓学会総会に参加して
二つの発表をしてきました

一つは、肝臓学会の特別企画との一つの
建石道場という、ちょっと変わった企画で発表しました

これは東京大学で消化器内科医をされている建石先生と言う先生がおられるのですが、
とても御高名な先生で肝臓がんのガイドラインを作ったり、日本の肝臓がん治療の方向性を決めたりされる先生です

その先生の道場?に入門して、入門生として、
論文の書き方、研究の仕方などを指南してもらうという企画でした・・・すんごい疲れました 笑

二つ目は、
肝がんの基礎研究のワークショップと呼ばれるセッションで、
これまたとっても濃い、日本の肝臓がん研究の中心的な先生方と一緒に
肝臓がんの研究発表を英語発表してきました

そして、そのまま神戸に入りまして、
今度は、カテーテルなどの専門家が集まる
IVR学会で
一つ発表してきました

IVR学会ではランチョンセミナーでの講演でした

IMG_0972 のコピー・・・3日目で、お疲れ顔ですが・・汗・・

発表するのは、
準備も大変ですし、
プレッシャーも大きくかかりますので、
なかなか大変です

学会に参加すると思うのですが、
他の大学の先生方ですが、
優秀な先生が多い、
気合が入っておられる先生が多いです

優秀な上に、気合も入っているので
そりゃもう大変です

そういう先生方の発表を見ると
謙虚に頑張らねばと思うのです

その戦いに疲れて、今日はぐったりしつつ、
朝からちょっと研究室に実験をしに行って、
今、ブログを書いています

思うのは・・
優秀さと、患者さまの治療が出来る能力というのは
共通して必要な要素もあるのですが、
共通しないところもあるので、
やっぱり、自分の道をしっかりと歩んでいく事が大切だと思います

肝臓がんの最近のテーマで重要なのは、
テセントリク+アバスチンの話題です

進行した肝臓がんの新しい治療薬として承認された
薬剤です

3週間に1度の点滴で、
癌を小さくする力が
30-35%程度、
しっかりと余命を延長する結果を示した画期的な治療方法です

私たちもこれまで141名の方に
テセントリク+アバスチン治療を行ったのですが、

この治療を使って
8名の方が、一旦ガンゼロの状態になりました

10%も満たない数ですが、
8名の方を詳しく見てみると、
肝臓だけにとどまらない他の臓器への転移がある方や、
肝臓の中でも広がってる状態の方など、


今までだと癌をゼロにできなかった方々も
ゼロになっているのを見ると、
新しい薬の登場は素晴らしいと思わせられます


私たちが行う、肝動注化学療法 New FP療法
そして、門脈動脈同時塞栓療法の組み合わせ
によって、

ガンゼロ率は30%ですが、
基本的には肝臓内に癌がとどまっている進行した状態の方々に
ガンゼロが狙えます


ですので、他の臓器の転移がある状態などには
うまくテセントリク+アバスチンやレンビマや他の薬剤をつかって
うまく制御していく事も
とても重要なのです

治療する側として大切なのは、
その治療のことを深く知る事と、
一つの治療に執着し過ぎないことです

と言っても、一つ一つの治療の質を上げる事には
こだわらないといけません

陥りがちなのが、
ある治療の専門家になってしまうと、その治療に執着しすぎるあまり、
他の治療に対して排他的になってしまう傾向があります

一番は、患者さまがいかに長生きできるか
患者さまがいかに活き活きと今の時間を過ごせるか
この二つしかこだわるポイントはありません


私はそう思います

さて、久しぶりの家族サービスの時間です

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさま、
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、お知らせ
まだ先の事ですが・・・

今年の9月に
全国規模の研究会の主催を
担当する事になりました


研究会の名前は
リザーバー&ポート研究会です

私が行っている
進行がんに対するカテーテル治療
動注化学療法や

抗がん剤や全身の栄養点滴に使う
中心静脈用カテーテルポートに関する研究会
です

この研究会は、結構歴史ある研究会でして、
35年以上続いている研究会です

日本の癌に対するカテーテル治療の発展を支えてきた研究会です

その様な研究会の会長を務めることになったので、
今からプレッシャーが・・・・


私のような年齢で、全国規模の研究会を主催することはめったにない事なので、
これも、何かの意味があるのでは?と思って、
ガンばります


カテーテルを用いた癌治療の素晴らしさがちゃんと伝わる研究会にしたいと思っています

研究会のポスターも作成しました

スライド1


けっこう良いデザインではないでしょうか?
静けさの中に力強さを秘めている感じ・・・かなと

この写真は、私が尊敬するドクターの一人の先生が
写真撮影が趣味で、その先生から頂いた写真
です

久留米の近くの滝なんですけど、どこぞの有名な名所ではないかと思えるくらい
良い写真です

ホームページも作ってます
46回リザ研

ご興味ある方は見られてください

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

今日は、論文掲載のお知らせです

スライド1

癌カテーテル治療の進化は止まりません

私のカテーテル治療の師匠の一人
久留米中央病院で今も治療をされている板野先生が開発された
カテーテル治療の方法

“システムI”

というのがありまして、

このシステムIに関する論文が
Japanese journal of radiologyに掲載されました


通常の動注化学療法と言うのは、
肝臓の動脈に
カテーテルを設置して
行うものですが、

言い方を変えると、
肝臓の動脈以外には、
抗がん剤を流すことは難しいのです

ですが、このシステムIという方法では、
肝動脈以外でも、
癌を栄養する動脈で、安全に薬剤を流せる動脈であれば、
どこからでも流せます


板野先生は、癌に対する動注療法の分野で
レジェンド的なドクターで、
その先生が、動注化学療法を行い続けた末に
行き着いて開発されたのがシステムIです

岩本内科でも数年前から導入して、症例を重ねたので、
それらをまとめて報告したのが今回の論文です

この方法が広まれば、
もっと多くのがん患者さまにカテーテル治療が届けられるのは
間違いありません


板野先生は、私の父である初代ガンちゃん先生とも生前、
深い交流があって、

初代ガンちゃん先生の事を理解できた
数少ない一人でした


ですので、そんな先生が開発した手法を
論文と言う形にし、世に出す事ができて良かったです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん、おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

昨日の夜から
奈良県に入りまして、

本日から開催されます
リザーバー&ポート研究会という会に
参加しています

通常であればWebでの参加ですが、
とても重要な会なので、
現地に参加する事になりました


このリザーバー&ポート研究会というのは、
1980年代に発足した会ですが、
私が行うカテーテル治療の一つ
肝動注化学療法を日本に持ち込み、
この治療を育ててきた伝統ある会です

ですが、全身の抗がん剤が主流となりつつある今だからこそ、
これらのカテーテル治療の大切さを伝えていかねばなりません


奈良県の奈良ホテルに宿泊させていただいていますが、
とても歴史のある趣深いホテルですね

昨日は夜遅く到着して、
緊急事態宣言でホテルの食事もできませんでしたので、
晩御飯抜きでしたが・・(笑

今朝は、
自然に囲まれ、虫と鳥の鳴き声を聞きながら
静かな時間を愉しんでいます

こういう時間は、
心が落ち着き、考えがまとまります

大切な時間ですね
改めて思いました

さて、良い治療を広めるために
本日もガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんのカテーテル治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。