FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

先日、お恥ずかしながら
動画の撮影がありまして・・

IMG_5211.jpg


ニュースキャスター風の
ガンちゃん先生です (笑


最近、私が論文で発表した
レンビマの使い方についての動画です

こういう動画撮影って・・難しい・・ですね (汗

レンビマは
2年前に承認された
進行肝臓がんに対する内服薬
です

非常によく使われる薬になっていて、
良い薬です


ですが、副作用の管理がとても重要な薬でもあります

漫然と投与してうまくいく薬ではありません

私の持つデータでは
レンビマを内服する80%の患者さまは
内服量の工夫が必要になります

特に、体のだるさ
レンビマの服薬中止理由で最も多いのですが

この体のだるさ・・厄介です

体がだるいというのうは
とっても主観的な症状でして、
ちょっと頑張れば内服を続けられそうな感じもするわけです

ですが、とっても体がだるくなるので、
どんどん、心も体も疲弊してしまいます


処方する医師も、体のだるさくらい我慢できるだろうと
漫然と、患者さまに我慢させて
内服させているのが多く見受けられます


私が報告したのは
レンビマの内服方法の工夫です

もともと毎日飲む薬ですが、
副作用がきつい場合には、

5日内服して2日休薬するのが
なかなか有効だという報告です


週末はお休みする方法としてWeekends-off法と名付けました

通常、レンビマは
副作用が出ると減少するのですが、
減量するとかなり効果が落ちてしまいます

とくに2錠から1錠に減量すると効果を期待するのは難しくなります
(もちろん、個人差があります)

そこで、2錠のままweekends-off法にするのです

私の解析では、
60%の方で、weekends-off法にすることで、
再度、レンビマを内服継続することができるようになりました

また、50%程度の方で
減量で効果が弱まった状態から、効果が再度確認できました


もちろん、それでも副作用がでる場合もありますが、
いずれにしても、
個人個人でできる限りの
投与方法の工夫が必要なのです


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

ゴールデンウィーク
どうお過ごしですか?

自粛しないといけませんので、
休みの過ごし方が本当に難しいですね

私は昨日は家族で近くを散歩したり、
誰もいない穴場の広場を見つけたので
子供と
そこで、サッカーをしたり

他人との接触を避けつつ、
家族との時間を大切に過ごしております

今日からは、岩本内科で当直ですので
患者さんの経過を見たり、指示を出したり、
診療情報を書いたり、データ解析をしたりと
忙しくしております

データ解析というのは、、
私が岩本内科で治療を始めて6年が経ちましたので、
これまでの治療させて頂いた患者さまの治療データをまとめております

特に、カテーテルを留置して行う
肝動注化学療法で治療した患者さん方の見直しをしているのですが、

去年の途中までのデータですので
5年間の集積データですが、

岩本内科で
カテーテルを留置し肝動注化学療法を行った
進行肝臓がんの患者さまは91名おられました

治療を行った患者さまの
70.3%の方が
岩本内科の治療で少なくとも1度は
癌は縮小(奏効率70%)が見られておりました

残念ながら全員の方が癌が縮小している訳ではないのですが、
奏効率70%はかなり高い治療結果と言えます

もう少し
細かく解析をしてみますと、

岩本内科医院の特性上、
前の病院で治療が困難、不能と言われてから
岩本内科に来られる事が多いので、

そういう方がどれくらいおられるか見てみますと、
91名中45名
約半数の方が前の病院で治療が困難、不能と言われた方々でした

こういう方々は余命宣告されているケースですので、
かなり厳しい状態の患者さま方ばかりを岩本内科では治療しているという事がわかります

この前医で治療が困難と言われた45名の方が
岩本内科で治療して、
どれくらいいったん癌が縮小したかを見てみますと、

45名の内、
68.8%の患者さまが
岩本内科に来院頂いて、
一度は癌が縮小したという結果が出ました

前医で治療が困難という状態であっても、
岩本内科に来院し加療できれば
7割近くの方に
治療の効果が期待できるという結果です

一度効果が出たとしても、
その効果がずっと持続して癌が縮小したままにはなりにくいので、
継続的な加療が必要となりますが、

もう治療ができないと前医で言われても、
そう簡単にあきらめるべきではないと言っても良いのではないかと
思います

もちろん、これは
一次的に癌が小さくなったかどうかだけを指標にしてみているので
他にもいろいろな面から
岩本内科での治療がちゃんと貢献できているのか
検証していく必要があると思っています

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

岩本内科では、できる限りのコロナ対策を行っており、
院内にコロナを入れないを心がけております

今日は
先日アクセプト(受理)をもらった
私の論文の紹介

スライド1


進行肝臓がんの
内服治療である

レンバチニブ(レンビマ)の論文です

通常、レンビマの飲み方は
毎日、休みなしですが、

体のだるさ/倦怠感で
内服が継続できないことが多いのです

通常、副作用が強く中断になると、
つぎは量を減らして再開するのですが、

量を減らしてしまうと
レンビマの血液中の濃度は
半分程度に低下してしまうので、
効果がかなり落ちてしまいます

スライド2


このようなときに、
減量はせずに、薬を飲むのを二日程度休んでみてはどうか
という論文です


こういう飲み方を
5日内服2日休薬(5投2休)と呼びますが、

論文では、
Weekends-off法と名付けてみました

土日休みの感覚です

ですが、ご注意です。
薬は主治医の内服指示に従って内服してください。
勝手に服用方法を変更したりするのはおやめください。

このWeekend-off法にすることで、

毎日内服することが副作用でできなかった方の
66.7%で、一定期間内服することができるようになりました

また、治療効果も

副作用で減量すると8割の患者さまの癌が
増大したのですが、
Weekends-off法にすることで、
その内の6割近くの方が
もう一度、効果の改善が見られました

スライド3


すべての方でうまくいく訳ではないのですが、
レンビマを長期に内服するためには、
工夫が必要だという内容です

少し基礎的な研究もいれて報告しました

中には
漫然とレンビマが投与されていて、
副作用を我慢させて
無理やり内服を続けている話も聞きますので

できる限りの工夫を・・といいたいです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんにちは
2代目ガンちゃん先生です

新型コロナウイルスの蔓延を抑えるには
他人との接触を80%減らす必要がありますが、
まだ足りてないとの報道です

会社への通勤を制限しない限りは
80%は減らせないでしょう

日本人の民度は高く、
自粛を求められたら
ある程度はしっかりと自粛してくれると思います

ですが、一方で
日本人の勤勉さが問題で、
どんな状況でも出勤を考えてしまう
愚直さが問題になります

これをどうにかしない限りは80%減は
達成できないでしょう

私も
診療で病院に行く以外は
完全自粛をしています

学会・研究会などは中止されておりますし、
いろいろな面談などはweb会議にしております

いま、できることを
コツコツと

ということで、論文も書きました

そして、
Cancersという国際雑誌に
先日、アクセプト(受理)されました!

スライド1


肝臓がんに対する
レンバチニブ(レンビマ)を
いかに長く投与させるかの工夫についての報告です

詳細はまた今度

コロナに負けない!
進行がんの治療は待ったなしです

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

大阪講演無事に終わりました

IMG_4417.jpg

講演と言っても
そんなに大人数にというわけではないのですが、

直接、
まだ岩本内科の医療、考え方を話す機会があることは
本当に素晴らしいことなので
本当にありがたいですね

ブログを見て下さっている方で
講演してほしい方がおられたら、
岩本内科にご連絡ください
どこにでも飛んで行きますので (笑

ブログを初代ガンちゃん先生が始めたころから読んでくださってる方が来られたり、
初代ガンちゃん先生に一度診察してもらった方が来てくださったり、

ブログ、、各地で読まれてるんだなぁと
実感しました

少しでも、支えになれてたら
本当に幸せなことです

ということで、
講演しに行けて
私の方が元気を力をもらいました

これからも、、
さて、ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

肝臓がん、転移性肝がんでお困りの方は、いつでも、どんな状態でも一度、岩本内科医院にお問い合わせください。