FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
こんばんは
2代目ガンちゃん先生です

連休は
子供と虫捕りに・


kuri
虫捕りついでに、、栗を発見です (笑) 秋ですね

息子によると
9月、10月は
カマキリの季節
だそうで
連れて行かされました (笑)

と言っても、
結局おらず、残念がっていましたが
他の種類のバッタで充分、満足していました

付き合わされて
あちこち運転したので
お疲れです (笑)


さて、今日の記事ですが・・

門脈動脈同時塞栓療法ついて

門脈動脈同時塞栓療法とは、
私の父である
初代ガンちゃん先生が
提唱した
肝臓がんのカテーテル治療
です

肝動脈塞栓術という
癌の動脈から
抗癌剤と塞栓物質を投与する
治療方法がありますが、

その質を極限まで高めた治療方法
と言えます


この方、
3年半前に

1
2

8cmの肝臓がんが破裂した状態
で来院

緊急で
門脈動脈同時塞栓療法
を行いました


その後、数回の再発はありますが、

今回の検査では
3年半経ちますが

3

癌はゼロ


83歳のおじいちゃんですが、
まだまだお元気

毎月、趣味の
写真撮影に勤しんでおります♪


門脈動脈同時塞栓療法では

カテーテルを出来る限り
癌の動脈だけに挿入します

癌の動脈に挿入したところで、
アンギオCTを行います

そして、抗癌剤と油の造影剤を混ぜたものを
ゆっくりと投与します


投与すると末梢の門脈の枝が見えてきますので
そこまで薬剤がたまれば、

次に塞栓物質を流し、癌の血流を完全に止めます



一般的に行われている
肝動脈塞栓術では

アンギオCTをそれぞれの腫瘍動脈で
撮影したりしません

また、
抗癌剤と油の造影剤を混ぜたものを
どこまで流すかの基準はありません


門脈動脈同時塞栓療法では、
アンギオCTを使い、
末梢の門脈まで薬剤を流します

客観的な基準があるので、
いつもその時の100点の治療結果が
望めるのです


そういう違いがあるのです

さて、明日も
治療がたくさん・・

ガンばりますか

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ