FC2ブログ
ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

みなさん
おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

癌免疫治療のあれこれ

前回の記事でも書きましたが、
肝臓がんを始め、
これから様々な癌で

癌免疫治療が行われるようになります


オプシーボ、キートルーダと言ったPD-1抗体や
テセントリクと言ったPD-L1抗体
です

(注 肝臓がんにはまだ使用承認が下りておりません)

そもそも
癌免疫とは何かということですが、

癌細胞は
生体にとって
必要の無いい細胞
ですので、

通常では
生体の免疫細胞によって
除去されています


それが、様々なきっかけで
増殖したものが、いわゆる
癌として私たちの目に見える形になるのです


癌細胞は生き残るために、
これらの免疫細胞から隠れながら
増殖する必要があります


この隠れ蓑となるのが、
PD-L1という分子なのです

癌細胞がPD-L1を発現すると
免疫細胞は癌細胞を癌細胞として認識する事が
できなくなります


その結果、癌細胞は免疫細胞からの
攻撃を回避でき、増殖していくのです


とても迷惑な話ですが、
癌細胞の非常に怖い性質の一つです

今、注目されている薬剤たちは、
この隠れ蓑の機能を取り除く薬剤
です

隠れ蓑が無くなった癌細胞は、
丸裸ですので、
免疫細胞たちに除去されてしまいます


そもそも、
癌の組織を見てみますと、

もともと
癌を攻撃する免疫細胞が多い癌と
少ない癌がある事が分かっています


これを免疫学の領域では
Hot と Coldと呼んでいます


ojo

Hotの状況は、
癌を攻撃する免疫細胞が多数
癌の中に存在していることを示します

Coldの状況は
癌を攻撃する免疫細胞が少ないことを示します


オプシーボなどの薬は
Hotの状況の方が効果が出やすい事

様々な研究で分かってきています

ですが、
癌がどのようにして、
Hotな状況や
Coldな状況を作っているのか
・・それはまだまだ明らかになっていません


逆に言いますと、
もともとColdな状況の癌を
何かのきっかけでHotにする事ができると、

オプシーボなどの癌免疫治療が
効きやすくなります


こういう治療方法も今後、
検討されてくる事でしょう
組み合わせ治療ですね

肝臓がんでの承認はまだの様で、
早く使える様になってほしいものです

治療選択肢はいくらあっても構いません
それらは全て、
患者さまの希望に繋がりますから

ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行っている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ