ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ     

おはようございます
2代目ガンちゃん先生です

本日のご紹介は

特殊なカテーテルを使った
肝臓がんの治療


以前、カテーテルの先端を
手元の操作で曲げる事が可能な
ステアリングカテーテルについて
記事を書いた事がありました

このステアリングカテーテルには
もう一つ特徴があって、

このカテーテルの中に、
もう一本細いカテーテルを挿入する事ができるのです


通常・・・
大動脈という太い血管から枝分かれする
腸や肝臓に流れる動脈
には

親カテーテルと呼ばれる太いカテーテルを使います

その親カテーテルの中に通す
マイクロカテーテルを子カテ―テル
と呼んでいます

今回は、
この子カテーテルの中に
更に細いカテーテルを挿入します・・・

子カテーテルの中に通すので
孫カテーテルです


親から子へ、
子から孫へ・・・


どういう時に使えるか・・・
例えば、

この方、関西地方から
岩本内科に治療を受けに下さっている
肝臓がんを患っている患者さま

肝臓内のがんは全て治療済みですが、
肝臓の外側のリンパ節に転移が出現してしまいました

rinpasetu

放射線治療、分子標的治療薬など行いましたが、
まだ転移が残存しているので

カテーテルで治療を開始しています

このリンパ節転移の動脈は
腸の動脈から分岐していて、
通常のカテーテルでは挿入する事ができません


SMA

そこで先端を動かす事ができる特殊なステアリングカテーテルを使って、
まず、その動脈まで挿入します

しかし、これ以上
このステアリングカテーテルでは奥に侵入する事ができないので


tiryougo

ここから、孫カテーテルを入れて
さらに奥にまで挿入することができました


このやり方を使えば、
これまで治療が行いにくかった場所も
治療ができるようになるかもしれません


今でも、ほとんどの場所に
通常のカテーテルで挿入することが可能ですが、

本当に難しい症例には
使える手段が新しく増えたのは心強いこ
とです

今日も気合いの必要な治療が待っています
さて、
ガンばりますか


ブログランキングに参加してます
 ガンちゃん先生が行なっている肝臓がんの治療を
 一人でも多くの人に知って頂くために、
 1日1回、下のマ-クをそれぞれクリックお願いします!

  にほんブログ村 病気ブログへ     人気ブログランキングへ